記事翻訳

米国のエネルギー優位性は快挙(オピニオン)

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2018.10.20>マイク・パリッツ氏による論説

エネルギーに優位なアメリカを築くというトランプ大統領の約束は、フル回転を続けている。

権威ある国際エネルギー機関(IEA)は3月、米国が2023年までにサウジアラビアとロシアを超えて世界最大の原油生産国となると予測した。しかしIEAの予測には大きな欠陥があった。米国の成長率を5年低く評価したのだ。

米国エネルギー情報局(EIA)によると、米国はサウジアラビアとロシアを追い越して、世界最大の原油生産国となった。EIAの仮推定値によると、米国は今年サウジアラビアの生産を上回ってから、6月と8月に1999年の初め以来で初めて原油生産でロシアを超えた。現在米国は、1973年以来初めて世界最大の原油生産国となっており、1日に約1100万バレルを生産している。

これはトランプ大統領と共和党議会の主導の下で達成された、米国のエネルギーにとっての並外れた、以前では考えられなかった成果だ。我々がみな、エネルギーの自給は大量の補助金をかけた別の形のエネルギーでしか達成できないという話を聞かされたのは、それほど前のことではなかった。2012年の選挙遊説でオバマ大統領は、「ガソリン価格を引き下げるために、ただ道を掘り進むことはできない」と公言した。オバマ大統領はエネルギー自給可能な米国を築くには、米国人のエネルギー源として石油から徹底的な転換が必要とされると考えたが間違っていた。

今我々はついに疑う余地のないことを認識した。つまり敵対的な外国政府に本当に頼らないエネルギー自給を達成したければ、国が依存しているエネルギーをここで生産しなければならない、ということだ。そうすることで、我々はエネルギー自給への道をまさに掘り進むことができる。

(以下略。英語記事の全文はこちら

マイク・パリッツ氏は、非営利の納税者支援団体であるAmericans for Tax Reformの政府関係マネージャー。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプはもちろん経済の話をしているが、違うと言っているのは誰?

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.11.5>バイロン・ヨーク氏による論説 中間選挙キャンペーンの土壇場であることが話題となった。経済は好調なのに、トランプ大統領は自身の大規模集会ではその話 …

トランプのマスコミ批判が米国人の共感を呼ぶ理由

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.1>ジャレット・ステップマン(Jarrett Stepman)氏による論説 アメリカ人は自分たちのメディアのファンではない。 最近行われた調査で分かったの …

バー新長官の初仕事?オバマが何を知り、いつ知ったかを解明せよ(オピニオン)

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.10>ジューディシャル・ウォッチ、クリス・ファレル氏による寄稿 2016年9月2日金曜日、1:50PM、連邦捜査局弁護士のリサ・ページは、「秘密結社」の共謀 …

NYタイムズはオバマがトランプをスパイしたことを認め、また擁護したのか?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.5.4>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 彼らはやった。ついにやってしまった!ニューヨーク・タイムズは、ドナルド・トランプの2016年選挙活動に対するスキャ …

トランプの投資家ビザ取得プログラム変更は地方にとっての勝利:グラスリー上院議員

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.29>チャック・グラスリー上院議員による寄稿 トランプ大統領が発令した新たなルールは、主流メディアの注目をほとんど集めなかったが、米国の地方や経済的に不利な …

アーカイブ

@JpWelovetrump