記事翻訳

米国のエネルギー優位性は快挙(オピニオン)

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2018.10.20>マイク・パリッツ氏による論説

エネルギーに優位なアメリカを築くというトランプ大統領の約束は、フル回転を続けている。

権威ある国際エネルギー機関(IEA)は3月、米国が2023年までにサウジアラビアとロシアを超えて世界最大の原油生産国となると予測した。しかしIEAの予測には大きな欠陥があった。米国の成長率を5年低く評価したのだ。

米国エネルギー情報局(EIA)によると、米国はサウジアラビアとロシアを追い越して、世界最大の原油生産国となった。EIAの仮推定値によると、米国は今年サウジアラビアの生産を上回ってから、6月と8月に1999年の初め以来で初めて原油生産でロシアを超えた。現在米国は、1973年以来初めて世界最大の原油生産国となっており、1日に約1100万バレルを生産している。

これはトランプ大統領と共和党議会の主導の下で達成された、米国のエネルギーにとっての並外れた、以前では考えられなかった成果だ。我々がみな、エネルギーの自給は大量の補助金をかけた別の形のエネルギーでしか達成できないという話を聞かされたのは、それほど前のことではなかった。2012年の選挙遊説でオバマ大統領は、「ガソリン価格を引き下げるために、ただ道を掘り進むことはできない」と公言した。オバマ大統領はエネルギー自給可能な米国を築くには、米国人のエネルギー源として石油から徹底的な転換が必要とされると考えたが間違っていた。

今我々はついに疑う余地のないことを認識した。つまり敵対的な外国政府に本当に頼らないエネルギー自給を達成したければ、国が依存しているエネルギーをここで生産しなければならない、ということだ。そうすることで、我々はエネルギー自給への道をまさに掘り進むことができる。

(以下略。英語記事の全文はこちら

マイク・パリッツ氏は、非営利の納税者支援団体であるAmericans for Tax Reformの政府関係マネージャー。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

FBI は白状するか?(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.7.5>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 共和党議員と連邦捜査局との間で塹壕 …

トランプ大統領が現代の最も偉大な公民権大統領となる理由:ダレル・スコット(オピニオン)

<引用元:cleveland.com 2018.6.13>ダレル・スコット牧師による論説 (オハイオ州クリーブランドハイツ)この20年でドナルド・トランプとキム・カーダシアン・ウェストほど、マスコミに …

トランプのおかげで中国経済が急速に減速―次に起こることは

<引用元:FOXニュース 2019.1.26> CKE レストラン CEO、アンディ・パズダー(Andy Puzder)氏による論説 トランプ大統領は中国経済の脆弱性を暴露している。明らかに不正で重商 …

クリスチャンを黙らせようという左翼の脅し(オピニオン)

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.23>カトリーナ・トリンコ氏による論説 クリスチャンは黙っていろ。 それが、我々の現在の文化がこの数週間で表した紛れもないメッセージだ。 カレン・ペンスは、 …

トランプ陣営に潜入?FBI情報提供者の謎

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.5.10> WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 About That FBI …

アーカイブ

@JpWelovetrump