記事翻訳

NYTコラムを書いたトランプ政権高官暴露か?「潜入調査」ジャーナリストが示唆

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.9.14

(ミズーリ州セントルイス)保守派「潜入」ジャーナリストのジェームズ・オキーフ氏は、フィリス・シュラフリー・イーグルスの第47回年次イーグル協議会の聴衆に対して、自身の新作「ディープ・ステート」ドキュメンタリーに、あの悪名高いコラムを執筆した「トランプ政権高官」の正体が収められている可能性があることをほのめかした。高官はコラムの中で、自身と政権内の他の人々が大統領とその計画を阻止するための活動をしていることを堂々と明らかにしていた。

オキーフ氏は自身の最新の取り組みである、ディープ・ステートの正体(Deep State Unmasked)を紹介しながらこう話した。
「来週発表しようとしていることの一部だけをお知らせします。我々の調査のテーマは―来週出す予定ですが―ディープ・ステート・・・ディープステートの正体を暴露することです」

オキーフ氏はさらに続けた。
「このディープ・ステートは匿名の、誰がやっているか分からない抵抗運動だという人もいます。巨大な政府の官僚組織だという人もいれば、法の枠を超えた国家内の国家だという人もいます」

「陰謀論だと呼ぶ人もいます。しかしその陰謀論が最近ニューヨーク・タイムズの論説で広告を出しました」と、オキーフ氏はあの匿名コラムのことを指して話した。そのコラムに対しては右派だけでなく左派からも批判を受けており、例えばザ・インターセプトの創設者であるグレン・グリーンウォルド氏は、コラム著者は「選挙で選ばれていない陰謀団のメンバーであることを鼻にかけている」と書いた

オキーフ氏はディープ・ステートを特徴づける言葉として、同じく「選挙で選ばれていない陰謀団」という言葉を用いた。「最も根本的なレベルで、アメリカ人は自分の意見を選挙で反映させるが、これらの人々はそれを回避しています」と同氏は聴衆に語り、「その多くが自分がどうやってもクビにならないことを自慢しています」と続けた。

オキーフ氏は自身の新作ドキュメンタリーで著者の正体が暴露されるかもしれないことをほのめかしてこう話した。
「誰があのコラムを書いたのでしょうか?・・・みなさん全員がそれを知りたいはずですね。ここで少しだけ展開を暗示するのはそういうことです」

(略)

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ陣営に対するFBIの2人目のスパイか?:ロジャー・ストーンが主張

今年5月、FBIの「スパイ」が2016年の大統領選挙中にドナルド・トランプ選挙陣営に接触していたという事実が明るみに出て、米国では大きな話題となった(参考記事:「トランプ陣営に潜入?FBI情報提供者の …

新事実:コミーはFBIの捜査が終わる前にヒラリーの不起訴を決めていた

<引用元:タウンホール 2017.8.31> 上院司法委員会が8月31日木曜日に公開した新たな記録によると、FBIのジェームズ・コミー元長官は、重要証人の聴取を行うずっと前に、民主党大統領候補のヒラリ …

FBIには『癌』が巣食っている:マッケイブ副長官と係争中の元FBI捜査官が語る

<引用元:CIRCAニュース 2017.8.30> 元FBI管理官ロビン・グリッツは、テロリストとテロ組織を追跡し、敵国に人質として囚われた米国人の捜索に明け暮れる過酷な日々を忘れない。グリッツの16 …

FBIはマッケイブ副長官に対するFOIAに回答していない=元FBI捜査官ジェフ・ダニク

<引用元:Cicaニュース 2017.9.27> FBIのジェフ・ダニク元管理官は、あるときは対テロ部門の管理官として、またあるときは海外特別顧問として28年以上を当局で過ごした。そして今、ヒラリー・ …

セッションズ長官がNSCメンバーに噓発見器による調査を検討

<引用元:ザ・ヒル 2017.9.10> ジェフ・セッションズ司法長官は、リーク犯を排除するための取り組みとして、国家安全保障会議(NSC)の全メンバーに対して噓発見器によるテストを受けさせることを検 …

アーカイブ

@JpWelovetrump