記事翻訳

米大手企業、ホワイトハウスで新たな職業訓練を約束

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.19

トランプ政権による、労働力開発の推進と職業訓練の拡大のための新たなイニシアティブの一環として、7月19日に少数の米国大手企業が今後5年間で多数の米国労働者に訓練を行うことを約束した。

FedEx(フェデックス)のCEOであるフレッド・スミス氏は、国際的な配送サービスを行う同社が「今後5年をかけて512,000人の職業訓練または再教育を行う」計画であると、ホワイトハウスで行われたイベントでトランプ大統領に述べた。スミス氏はアップル、ウォールマート、IBM、ボーイングといった他の米国企業と共に、従業員に対する職業訓練の機会を増やすことを約束した。

アップルはその日のイベントには代表者を参加させなかったが、今後5年間で1万人以上のコミュニティ・カレッジの学生を訓練する計画であるとの声明を発表した。

トランプ氏が米国労働者のための全国協議会(National Council for the American Worker)を設立する大統領令に署名する中、このような約束が実現した。同協議会は最も差し迫った労働問題に取り組む政権幹部、州と地域の指導者、そして業界幹部による諮問機関である。

大統領はイベントでこう話した。「米国は世界でも最高の労働者に恵まれているが、私たちは米国人全員が自分たちの可能性を完全に実感するチャンスを得られるようにするために、歴史的な方策を講じようとしている」

トランプ氏は様々な企業の「市民のリーダーシップ」を称賛し、他の大企業もこの何年かのうちに同政権の取り組みに参加するよう呼び掛けた。

昨年の夏にトランプ氏は米国内の学生や技能の低い労働者がもっと多く実習ができるようにするために、同様の取り組みを行っていたが、この日の大統領令はそれに続くものだ。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

トランプ就任後最初の1カ月で30万の雇用創出

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.8> 過去約3年間で最高レベルとなる30万にも及ぶ雇用が2月に創出された。 正確には29万8千という驚異的な数字は、アメリカの労働市場を調査している給与計算 …

3パーセントの経済成長をトランプに感謝する(論説)

<引用元:ザ・ヒル 2017.8.30> (ヘリテージ財団 スティーブン・ムーア氏による論説) 大幅な景気後退後のアメリカで、3パーセントの経済成長を達成できるとホワイトハウスが予測したことに対して、 …

トランプの聖域都市大統領令を差し止めた判事はオバマに20万ドルを献金していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.26> 「聖域都市」に連邦政府の補助金を支給しないことを求める、トランプ大統領の大統領令を差し止めたカリフォルニアの判事は、バラク・オバマ元大統領に数 …

トランプ、大統領令を差し止める「不合理な判決」を追求

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.4.26> トランプ大統領は水曜日に、「聖域都市」に対する何十億ドルという助成金を制限できるとする大統領令を停止する連邦判事の判決に対して激しく非難し、最高裁 …

アーカイブ

@JpWelovetrump