記事翻訳

リークしたコロンビア大学のコミーの友人が証言後に姿を消す

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.6.8>

ブルックリン在住の、あるコロンビア大学教授が木曜日に姿を消したのは、ジェームズ・コミーが上院の証言で、その男がFBI前長官とトランプ大統領の会話を書き留めたメモをマスコミにリークしたと暴露した後のことだった。

ダニエル・リッチマン / Rick Dembow

ダニエル・リッチマンは、コミーがメモを密かに渡した「親友」であるロースクールの教授であることを、複数の記者に対する電子メールで認たが、その後ブルックリン・ハイツのしゃれた自宅から素早く立ち去り、それ以上の質問に答えることを拒否した。

コミーは、トランプがコミーにマイク・フリン前国家安全保障担当補佐官に対するFBIの捜査をやめるよう求めたことを書いたメモのパイプ役であったことを上院情報委員会に伝えたところだった。

リッチマンは元連邦検事で、2013年にコロンビアでコミーと一緒に働いていた。彼の務める一流大学のWebサイトは、突然全国の注目の的になったその謎めいた中年男性についてもっと調べようと、全国の人々が夢中になったためにクラッシュしてしまった。

しかし、リッチマンは昼までには彼のヘンリー・ストリートの自宅から消え去り、家族、友人、そして隣人も手掛かりをつかもうとする呼びかけや電話に応じようとしない。

ついにドアマンは警備員に記者が建物に入るのを止めさせた。

リッチマンの妻、アレクサンドラ・ボウイは、ブルックリン・ハイツ・アソシエーションという地域の影響力のある市民団体の元会長だ。その役員のピーター・ブレイは、近所で最も有名な住民であるレナ・ダナムの地位を突然奪ってしまったその男性について話すことを断った。

 

-記事翻訳
-, ,

関連記事

FBIと民主党はパニック、FISA乱用メモ公開に対する激しい抵抗

FISA乱用メモに関して、民主党のアダム・シフ下院議員は、ホワイトハウスに提出されたメモは秘密裏に修正されていると述べ、委員会で承認されたものではないと強調した。だがその修正とは、文法上の誤りと、FB …

トランプへのディフェンシブ・ブリーフィングを怠った偏向と意図が、リンチ元司法長官証言で明らかに

<引用元:サラ・カーター 2019.3.13> ドナルド・トランプ大統領の選挙陣営は、2016年の大統領選挙中にロシア人が陣営に浸透しようとしているという懸念が高まっていたにもかかわらず、FBIからデ …

フリン、そして政治的な物語の解剖

<引用元:ナショナル・レビュー 2020.5.9>アンドリュー・C・マッカーシー氏による寄稿 オバマ政権高官とFBIは、「ロシア共謀」の物語をでっち上げるために共謀した オバマの司法省が役目を怠ってい …

Resistance (At All Costs):キンバリー・ストラッセルのホームラン(書評)

<引用元:The American Spectator 2019.11.7>ジェフリー・ロード氏による書評 「トランプ陣営に対するFBIの前代未聞の防諜捜査から、大統領の連邦移民法に対する州の抵抗、メ …

情報機関の元ボスたちに警告を発するバー司法長官

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.22>元FBI特別捜査官ケビン・R・ブロック氏による寄稿 事態は今急速に動いているように見える。米国の歴史上で注目に値する数週間だった。米国大統領選挙陣営をターゲット …

アーカイブ

@JpWelovetrump