記事翻訳

トランプ支持者主演のホームコメディが高視聴率:トランプからもお祝いの電話

投稿日:2018年4月2日

<引用元:FOXニュース・インサイダー 2018/3/28

ロザンヌ・バーさんは、1990年代に放送されていた連続ホームコメディが復活した初日の3月28日夜に高い視聴率を記録した後、トランプ大統領からお祝いの電話を受けた。

バーさんは29日の「Good Morning America」(ABC)で、トランプ氏がテレビの視聴率に注目する傾向があることについて冗談を交えつつ、「私のことを喜んでくれています」と述べた。

「彼とは長年の付き合いですが、ずっと私に素敵なことをたくさんしてくれました。それで、仕事とテレビと視聴率について楽しく会話しただけです」

番組ではロザンヌ・コナーという、臆面もなくトランプを支持する人物を演じ、ローリー・メトカーフが演じる反トランプ派の姉のジャッキーと対立する。シーズンの最初のエピソードで、2人は2016年の選挙以来話をしていないことになっていた。

トランプ氏の政策に対する熱心な支持者であるバーさんは、政治的な相違から「引き裂かれた」家族と、「(労働者層の家庭が)どのようにして、なぜトランプ氏を選んだのか」についての話をしたいのだと、ニューヨーク・タイムズに語った。

彼女は次のように述べた。「こういう人たちやそれに似た人たちを正確に描写しています。子供たちを戦争に送る人たちが何を考え、どう感じているかということについて、です。長い間戦争をしてきましたが、みんなそのことを忘れているようです。けれども労働者層の人たちは、自分たちの子供がそこに行っているのですから、忘れることはありません」

「The Next Revolution」の司会者、スティーブ・ヒルトン氏は、「ロザンヌ」復活が大成功を収めたのは、「米国の労働者層が文化的エリートに対して非常に強い憤り(massive F you)を抱いている」と解釈できると述べた。

ABCで28日夜に初めて放送された2つのエピソードは、1,820万人の視聴者を集め、2014年9月以来最高の視聴率を得たホームコメディのエピソードとなった。

-記事翻訳
-,

関連記事

休みなく反トランプの暴言を吐く反アメリカの「キャプテン・アメリカ」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.30> クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ役)からジョス・ウェドン監督に至るまで、マーベル・コミックの人気シリーズは最も似つかわしくないやり方で …

ジョニー・デップがトランプ暗殺のジョーク

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.22> ジョニー・デップは木曜日に、イギリスのグラストンベリー・フェスティバル2017に出演し、トランプ大統領の暗殺についてジョークを言った。

ライス元国務長官がカニエ批判者を一蹴:「黒人とはどうあるべきだと言われる筋合いない」

<引用元:デイリー・コーラー2018.5.2> 元国務長官のコンドリーザ・ライス氏は、FOXビジネス・ネットワークの番組で5月2日の朝、有名なラッパーのカニエ・ウェスト氏を声高に擁護した。

歌手のカーヤ・ジョーンズがトランプ支持を表明、ジョイ・ヴィラのおかげで「力」が出た

<引用元:ブライトバート2017.2.17> (抄訳) 歌手でDJのカーヤ・ジョーンズは今週、今まで非難されることを恐れて「一度も着ることができなかった」ドナルド・トランプのTシャツをソーシャルメディ …

ティム・アレン

「30年代のドイツのようだ」ティム・アレンがハリウッドではトランプの話をするのに気を遣うと語る

<引用元:ワシントンタイムズ 2017.3.17> コメディー俳優のティム・アレンは木曜日の夜「ジミー・キンメル・ライブ!」の中で、ハリウッドで自分の保守的な見方について黙っていなければならないことに …

アーカイブ

@JpWelovetrump