記事翻訳

トランプの支持率がオバマの同時期の支持率を上回る

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.2

最新の世論調査によると、トランプ大統領の米国有権者の中での支持率は、4月2日に50パーセントとなり、オバマ前大統領の1期目就任後の同時期のスコアを上回る結果となった。

保守よりのラスムセン・レポートによる4月2日の調査結果によると、全回答者の3分の1が共和党リーダとしての実績に対して「強く支持する」と答えている。

49パーセントがトランプ氏の実績に不満であり、そのうち38パーセントは「強く支持しない」と答えた。

トランプ氏が同じ調査で最後に50パーセントの支持率を得たのは、2月27日だった。2017年1月20日の就任後は50パーセント代後半であったが、その後30パーセント台、40パーセント台に下がっていた。昨年3月には51パーセントを記録し、それからこれまでに50パーセントに届いたのは数回であった。

2010年4月2日、オバマ氏の支持率は46パーセントで不支持率は53パーセントであった。

オバマ氏の支持率は、就任後最初の12カ月で比較するとトランプ氏よりも高かった。

電話に基づく調査は1,500名の米国人有権者と思われる人の間で実施され、誤差2.5パーセントとされている。

-記事翻訳
-,

関連記事

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8> 米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、 …

米国勢調査での市民権の質問をヒスパニック有権者も過半数が支持

<引用元:ワイントン・タイムズ 2019.7.9> ラテン系コミュニティーの参加を損なう恐れがあるという民主党議員の主張をよそに、2020年国勢調査で市民権について質問することを米国有権者の3分の2が …

出口調査:過半数の有権者がモラー捜査は政治的な動機によるものだと回答

<引用元:デイリー・コーラー 2018.11.6> CNNが集計した出口調査データによれば、6日の投票に訪れた有権者の過半数が、モラーの捜査が政治的な動機によるものであると思うと答えたという。 モラー …

ドナルド・トランプの支持率が50パーセントに上昇(ラスムセン調査)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.4.17> ドナルド・トランプの支持率が上昇しているようだ。 ラスムセン・レポートの最新の調査結果によると、有権者の50パーセントが大統領のこれまでの実績を評価 …

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏) そうだ、中国がやった。 コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大 …

アーカイブ

@JpWelovetrump