記事翻訳

FBIがFISA乱用とヒラリーメール捜査に関する資料提出のための職員倍増へ

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.3.27

FBIのクリストファー・レイ長官は27日、下院司法委員会のボブ・グッドラット委員長による記録請求に対応するFBI職員の数を倍増させると発表した。同委員会は司法省で偏向があったとされる問題を調査中。またヒラリー・クリントン氏の個人メール問題捜査の対応をめぐっても捜査を行っており、それらに関する記録を要求していた。

「現在まで、グッドラット委員長の要求に対応し得る記録の検証に、27名のFBI職員を投入してきた。この要求に対応する文書は実際、数千となる可能性がある」とレイ長官は声明の中で述べ、職員を54名に倍増させることを公表した。

同長官はまた次のように述べている。「職員はこのプロジェクトを迅速に完了するために午前8時から夜中まで2交代制で勤務する」

レイ氏は、「現在の作業ペースが遅すぎるということには同意する」と述べた上で、「FBIの長官として、局が確実に透明性を保ち、議会からの正当な要求に応じることができるよう全力で取り組む」と述べた。

グッドラット氏(共和党、バージニア)は先週、クリントン氏の私設メールサーバーに対する2016年の当局の捜査に関連する文書提出の召喚状を、司法省に提出した

グッドラット氏と下院監視委員会のトレイ・ガウディ委員長(共和、サウスカロライナ)が文書を要求したのは、4カ月前のことだった。

グッドラット氏は27日の手紙の中で次のように述べている。「当局がこれらの文書の提出を遅らせている以上、文書提出を強制する同封の召喚状を発行するほかない」

また召喚状では、外国情報監視法(FISA)に関連する乱用の可能性についての文書も求めている。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

FBI捜査員ストラックとFISA裁判所判事の友人関係が判明

ロシア疑惑捜査で注目を集めたFBI捜査官ピーター・ストラック氏と、不倫相手の同職員リサ・ページ氏の間で交わされたメールの一部が新たに公開され、マイケル・フリン氏の裁判を担当した判事とストラック氏が親し …

米下院情報委員会がFISAメモ公開、次の捜査対象は国務省

米下院情報委員会は、議論の的になっていたニューネス委員長による、いわゆるFISAメモを公開した。民主党はトランプ大統領をロシア疑惑の捜査から守るためのものだとして、公開に反対していた。同委員会は今回を …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

アベディンのメールから機密情報、クリントンの非公開のやりとりも

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.8.2> 国務省が安全でない通信を使用して機密情報をやりとりしていたことが判明した。これは監視団体のジューディシャル・ウォッチによる最新の報告で明らか …

ロジャーズ大将が暴いたもう一つのFISA不正

2016年、当時の米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャーズ長官(海軍大将)は、外国人監視法(FISA)によって傍受したデータの照会に不正があることを発見した。 コンプライアンスチームによる調査 …