一般記事

トランプ、カーター・ページ FISA 申請の機密解除へ

投稿日:

トランプ政権ホワイトハウスは17日、トランプ陣営元スタッフのカーター・ページ氏に対する FISA (外国人監視法)申請書で非公開となっていた部分を始めとする資料を、機密解除するよう大統領が関係機関に指示したことを発表した。米国大統領には機密解除権限がある。

ページ氏に対するFISA申請はその背後に政治的な意図があったことが疑われており、根拠となったいわゆるスティール文書がライバル候補者であったヒラリー・クリントン氏の陣営と民主党全国委員会がスポンサーとなって作成されたことや、その信憑性が立証されていないことなどが裁判所に伏せられていた。

以下はホワイトハウス発表の翻訳。

多数の議会委員会からの要求を受け、また透明性のために、大統領は国家情報長官局と司法省(FBIを含む)に対し以下の資料を早急に機密解除するよう命令した。

(1)カーター・W・ぺージの問題におけるFISA裁判所への2017年6月の申請書の10-12ページと17-34ページ

(2)ロシア捜査に関連して準備されたブルース・G・オーに対するFBIの全ての聴取報告書

(3)カーター・ページのFISA申請と関連して準備されたFBIの全ての聴取報告書

さらにドナルド・J・トランプ大統領は司法省(FBI含む)に、ジェームズ・コミー、アンドリュー・マッケイブ、ピーター・ストラック、リサ・ページ、ブルース・オーの、ロシア捜査に関連するメッセージの全てを、未編集で公開するよう命じた。

カーター・ページ氏

-一般記事
-,

関連記事

トランプツイートが示唆する機密解除の威力

先週ドナルド・トランプ大統領は、カーター・ページ氏に対するFISA申請およびロシア疑惑調査の重要人物のメール内容を完全に公開するよう命令したが、その数日後ツイッターで機密解除命令を一時保留にすると発表 …

ロジャーズ大将が暴いたもう一つのFISA不正

2016年、当時の米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャーズ長官(海軍大将)は、外国人監視法(FISA)によって傍受したデータの照会に不正があることを発見した。 コンプライアンスチームによる調査 …

トランプ、民主党について「壊滅的な」文書を機密解除すると威嚇

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.11.28> 28日、ニューヨーク・ポストとの広範に渡る単独インタビューの中で、トランプ大統領は、下院民主党が自身の政権への捜査―トランプ氏の言葉では「大統領 …

FBIと民主党はパニック、FISA乱用メモ公開に対する激しい抵抗

FISA乱用メモに関して、民主党のアダム・シフ下院議員は、ホワイトハウスに提出されたメモは秘密裏に修正されていると述べ、委員会で承認されたものではないと強調した。だがその修正とは、文法上の誤りと、FB …

ロシア捜査に疑問を投げかけるFBI弁護士の2つの役割

<引用元:ザ・ヒル 2019.1.24>ジョン・ソロモン氏による寄稿 元FBI弁護士のジェームズ・ベーカーは、ヒラリー・クリントンが関わったロシア疑惑証拠のパイプ役であると同時に、2016年大統領選挙 …

@JpWelovetrump