記事翻訳

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

投稿日:

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7

失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大統領の功績だと少しずつ考えるようになりつつある。それでも有権者は、トランプ氏を弾劾すれば区の経済に損失となるという考えに同意してはいるわけだ。

ラスムセン・レポートの最新の電話・オンライン調査によると景気拡大は、40パーセントの有権者はオバマ氏が就任中に実施した政策の結果だと考えている一方で、50パーセントはオバマ氏よりもトランプ氏のおかげだと考えていることが分かった。(質問の文章を見るにはこちらをクリック

米国人有権者と思われる1,000名に対する調査は、ラスムセン・レポートにより2018年7月29日から30日に実施された。

(参考記事:「オバマ経済?いやトランプ経済だ」ウォールストリート・ジャーナル 2018.6.7)

-記事翻訳
-,

関連記事

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

米調査:59%が 反トランプ派 の暴力を危惧、31%が内戦予測

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.27> 大統領補佐官に対する組織的な嫌がらせにまで発展した米国内の分断は、約6割が反トランプ派の暴力を懸念し、約3割が内戦に発展することを危惧する状況 …

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

トランプ経済は全速力を継続中

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.3> 8月3日の雇用統計は経済の急成長を強く示すものであり、好景気、活発な労働市場、そして高まる信頼感に支えられてきたものだ。 マーケットウォッチ:米雇用7月に …

アーカイブ

@JpWelovetrump