記事翻訳

UBS:「景況感が急騰」、79%が税制法案を歓迎、68%が「すでに受益」

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.1.30

世界的な金融グループであるUBSによると、最近承認されたトランプ政権の税制改革一括法案によって企業の楽観指数が急上昇している。

UBSは投資家に対して「景況感は劇的に高まっている」と通知している。

UBSは、米国経済の急成長、新たな減税、期待されるインフラ投資、そして規制の大幅緩和が組み合わさることで、2対1の差で企業は雇用と投資を増加させると述べている。

通知の中では「減税後、楽観指数が急上昇している」と述べている。また、トランプ大統領が今夜の一般教書演説で、10億ドルのインフラ提案を議会に提示することに向けて声援を送る形で「企業経営者は成長の次の行程のためのインフラに目を向けている」と記した。

UBSはスイスに本拠を置く世界有数のグループであるが、年間の売り上げの平均が350万ドルの企業の景況感を追跡調査しており、2017年の第4四半期から2018年の初めにかけて景況感が大きく変化したと述べた。

数字は以下の通り。

  • 景気の見通しは明るいとした回答が65パーセントから83パーセントに増加
  • 市場の見通しは明るいとした回答が62パーセントから81パーセントに増加
  • 企業の見通しは明るいとした回答が77パーセントから87パーセントに増加
  • 65パーセントがインフラ投資の増加でビジネスに良い影響があると回答
  • 雇用を増加する計画であるのが36パーセント、削減するというのが14パーセント
  • 72パーセントが税制改革法案によって経済が活性化すると回答
  • 72パーセントが政権の規制改革を支持
  • 68パーセントの企業がすでに行政活動によって恩恵を受けていると回答

Investor Watch Infrastructure_Pulse_Final by Washington Examiner on Scribd

-記事翻訳
-

関連記事

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

オーランドの青年がホワイトハウスのイベントで職業訓練制度を称賛

<引用元:オーランド・センチネル 2019.7.25> ジョニー・ブラミットは、オーランドの十代の若者で、祖母に育てられ、少年司法の世話になったこともあったが、25日の午後にホワイトハウスでマイクを取 …

景気拡大が続く中、アメリカ人はトランプ大統領の功績を認める

<引用元:ホワイトハウス 2019.3.5> トランプ大統領の経済政策に対する国民の好意的な意見は、右肩上がりの経済が引き続きアメリカの労働者を引き上げる中、最高に達した。

トランプ景気で勝ち続けるアジア系米国人

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.11>スーリャ・グナセカラ氏による寄稿 5月はアジア系米国人と太平洋諸島の住民の伝統月間であり、我が国を豊かにし、その歴史を形成してきたアジア系米国人 …

アーカイブ

@JpWelovetrump