一般記事

追い詰められたFBI、トランプ・ロシア共謀の報告文書の根拠を未だに立証できないと認める

投稿日:

トランプ大統領のロシア疑惑捜査の発端の1つとなった文書について、FBIはその文書が主張する共謀について立証できないままであることを認めている。ワシントン・タイムズは、上下院の捜査に詳しい情報筋の話として25日に伝えた。

文書とはイギリスの元スパイであるクリストファー・スティール氏が作成したもので、ヒラリー・クリントン氏の選挙陣営と民主党全国委員会(DNC)の資金提供によって作成されたものであることが、これまでの報道で明らかになっている。

今回の報道では、最初に文書が報告された2016年7月から17カ月たった現在のFBIの論点を次のようにまとめている。

FBIは、トランプ陣営への捜査を開始する要因の1つともなったロシア文書を否定することを拒んでいるが、文書の主要な訴えである選挙の共謀については立証できないままであることを認めている。

議会の調査委員会はFBIへの調べを進めており、アンドリュー・マッケイブFBI副長官は8時間に及ぶ非公開の聴取を受けた。マッケイブ氏は来年早々に辞任することを発表している。

マッケイブ氏は文書自体を批判することは拒んだが、ほとんどが立証されていないと述べたとされている。

ワシントン・タイムズに情報提供した人物の推測だが、FBIはその文書を元に盗聴の許可を得ていたとされるため、マッケイブ氏がそれを非難するのは都合が悪かったのだろうという話だ。

マッケイブ氏の妻は2015年にバージニア州の上院選挙に出馬した際、クリントン氏に近い政治資金団体から70万ドル以上の献金を受け取っていた。

下院情報委員会は現在、以下の点を調査中であるとされている。

  • 文書の資金を提供したのが誰であり、依頼元であるヒュージョンGPSによってその情報がどのようにして拡散されその後FBIによって使用されたのか
  • 外国人に対する監視に巻き込まれた市民個人の身元をオバマ政権が「開示」した件
  • 司法省とFBI内部での最近の不祥事

同委員会はまた、司法省のブルース・オー(Bruce Ohr)氏が大統領選挙中にスティール氏と接触しており、オー氏の妻が当時ヒュージョンGPSで働いていたという事実を明らかにしている。ヒュージョンGPSとは、クリントン陣営とDNCから資金を受けてトランプ陣営とロシアのつながりを調査していた会社であり、この会社がスティール氏の雇い主だった。オー氏は降格されている。

また最近では、FBIの法律顧問であるジェイムズ・ベイカー氏が配置換えになっており、報道によればベイカー氏は選挙中にスティール氏をインタビューしたマザージョーンズの記者と接触しており、文書にも信頼を寄せていた。

ワシントン・タイムズでは、議会の捜査に詳しい人物の話を以下のように引用している。

「これはFBIと司法省にとって今大きな問題となっている」「妨害がもう通じないと気づいているが、上層部の利益相反、スティール文書の取り扱い、そしてフュージョンGPSとのつながりに関する、押し寄せるほどの情報が溢れ出すのを何とかするための新しい戦略がまだ決まっていない。」

一方トランプ大統領は、26日に次のようにツイートしている。([]内は翻訳者の補足)

ええ!@foxandfrlends[で]「文書は捏造だ。クリントン陣営、DNCが文書の資金を提供した。FBIは(これだけのことがあったのに)文書が主張するロシア・トランプ共謀を確かめることができない。FBIは汚れてしまった」[と言っている]。そして彼らは、この性悪ヒラリーのゴミの山をトランプ陣営追求の土台として使った!

 

-一般記事
-, , ,

関連記事

クロスファイアー・ハリケーンを「回す」=NYタイムズのFBIトランプ捜査報道

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.5.17>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 NYタイムズは、1つ以上の手掛かりを埋めた 衰えゆくベビーブーマー世代なら、FBIがトランプ・ロシア捜査 …

FBIには『癌』が巣食っている:マッケイブ副長官と係争中の元FBI捜査官が語る

<引用元:CIRCAニュース 2017.8.30> 元FBI管理官ロビン・グリッツは、テロリストとテロ組織を追跡し、敵国に人質として囚われた米国人の捜索に明け暮れる過酷な日々を忘れない。グリッツの16 …

ロシア捜査再検証の中、責任をなすりつけ合うオバマ政権スパイ組織リーダーたち

<引用元:FOXニュース 2019.5.16> ロシア捜査の発端に対する正式な捜査の立ち上げ――司法省の選り抜きの検察官の1人が主導――によって、トランプ陣営に対する監視活動に関して説明すべき点がある …

クリントンのロシア・ウラン疑惑の証拠を握る人物が明らかに

ロイターは、ヒラリー・クリントン氏のロシアとのウラン取引をめぐる疑惑の証人がウィリアム・D・キャンベルという元ロビー活動家であることを独占情報として報道した。キャンベル氏はウラン疑惑に関する動かぬ証拠 …

反トランプ資料の背後の会社はロシアのための仕事もしていたー上院証言

<引用元:FOXニュース 2017.7.27> (抄訳) 悪名高い反トランプ資料(ドシエ)を作成した会社は、モスクワのエリートを立腹させていたアメリカの制裁と戦うために「ロシア政府のため」の仕事もして …

アーカイブ

@JpWelovetrump