記事翻訳

モラー捜査で起きなかった5つのこと

投稿日:2019年3月24日

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.22>バイロン・ヨーク氏によるオピニオン

ロバート・モラーはトランプ=ロシア捜査の報告書をウィリアム・バー司法長官に提出した。近いうちに、おそらくは数時間以内に、バー長官は報告書の「主要な結論」を議会に送るだろう。まずは上下院の司法委員会の各委員長と幹部メンバーに渡される。その後何が起こるか不透明だが、確実に他の議員も文書を見ることになるだろうし、報告書の内容は間違いなくリークされるだろう。

モラーの捜査は終わり、モラーは新たな起訴を推薦しないということのようだ。

この時点で報告書に何が書かれているかを語ることはできない。だがこの早い段階でも、モラーの捜査中に起こらなかったことを示すことは可能だ。

1.モラーは、昨年マスコミの間で法的危機に陥ると強く憶測されていた、ドナルド・トランプ・ジュニア、ジャレッド・クシュナーその他の人物を起訴しなかった。

2.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、2016年の選挙を不正に操作するためにロシアと共謀したことで、トランプ陣営や周辺の人物を罪に問わなかった。

3.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領を召喚しなかった、

4.昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領はモラーを解任しなかった。

5.大統領は、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、モラーの捜査に干渉しなかった。バー長官は議会への書簡の中で、司法省高官がモラーの捜査に干渉したことがあった場合、議員に知らせるという要求に言及した。バー長官は「そのような出来事はなかった」と書いていた。

モラーはもう終わった。ニュースが出てから間もなく、フォックスニュースのホワイトハウス特派員であるジョン・ロバーツは、「(ホワイトハウスの)現在の感触は、これがやっと終わったというものだ」と述べた。イエスでもありノーでもある。モラーが報告書を提出し、これ以上の起訴を推薦しないと決めたことは、広範なトランプ=ロシア捜査が終わったことを意味するものではない。この可能性を見込んで下院民主党は、それが決して終わらないようにするために、ここ数週間で新たなトランプ=ロシア捜査の手はずを整えていた。そうした捜査がまだ続いていくのはほぼ間違いないことだ。少なくとも2020年の選挙までは。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ卑語発言、同席の閣僚も否定

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2018.1.16> 米国国土安全保障省のキルステン・ニールセン長官は16日、連邦議会で証言し、ドナルド・トランプ大統領は「荒っぽい言葉」を使用していたが、アフリ …

次の機密解除でロシア共謀の筋書きが逆転し、トランプを不利にする取り組みを示す可能性

<引用元:JusttheNews.com 2020.9.28> 元NSC高官:ロシアがトランプを助けようとしていたという主張覆す証拠ある トランプ政権はロシア問題で、これまでで最大の機密解除の1つとな …

フリン前大統領補佐官が罪を認めたことの意味とは

マイケル・フリン前大統領補佐官が偽証の罪を認めた。米ABCニュースをはじめとする主要マスコミは、「ロシア疑惑」の捜査が進展するかのような論調で報道しているが、果たしてそうだろうか。

衝撃の動画:CNNがロンドンテロ後、反ISのイスラム教徒を演出してフェイクニュースを作成

<引用元:Gateway Pundit 2017.6.4> ロンドンで起きたテロ攻撃の翌日に公開された動画には、イスラム教徒が「ISISは敗北する」と書かれたプラカードを持っている場面を、CNNスタッ …

「フェイクニュースだ」ドナルド・トランプはロシアがらみの報道にうんざりしている

<引用元:ブライトバート 2017.3.20> トランプ大統領は、選挙期間中に自身の陣営がロシアと不適切なつながりを持っていた疑いについての継続中の捜査に対してマスコミが焦点を当て続けていることに、失 …

アーカイブ

@JpWelovetrump