記事翻訳

モラー捜査で起きなかった5つのこと

投稿日:2019年3月24日

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.22>バイロン・ヨーク氏によるオピニオン

ロバート・モラーはトランプ=ロシア捜査の報告書をウィリアム・バー司法長官に提出した。近いうちに、おそらくは数時間以内に、バー長官は報告書の「主要な結論」を議会に送るだろう。まずは上下院の司法委員会の各委員長と幹部メンバーに渡される。その後何が起こるか不透明だが、確実に他の議員も文書を見ることになるだろうし、報告書の内容は間違いなくリークされるだろう。

モラーの捜査は終わり、モラーは新たな起訴を推薦しないということのようだ。

この時点で報告書に何が書かれているかを語ることはできない。だがこの早い段階でも、モラーの捜査中に起こらなかったことを示すことは可能だ。

1.モラーは、昨年マスコミの間で法的危機に陥ると強く憶測されていた、ドナルド・トランプ・ジュニア、ジャレッド・クシュナーその他の人物を起訴しなかった。

2.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、2016年の選挙を不正に操作するためにロシアと共謀したことで、トランプ陣営や周辺の人物を罪に問わなかった。

3.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領を召喚しなかった、

4.昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領はモラーを解任しなかった。

5.大統領は、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、モラーの捜査に干渉しなかった。バー長官は議会への書簡の中で、司法省高官がモラーの捜査に干渉したことがあった場合、議員に知らせるという要求に言及した。バー長官は「そのような出来事はなかった」と書いていた。

モラーはもう終わった。ニュースが出てから間もなく、フォックスニュースのホワイトハウス特派員であるジョン・ロバーツは、「(ホワイトハウスの)現在の感触は、これがやっと終わったというものだ」と述べた。イエスでもありノーでもある。モラーが報告書を提出し、これ以上の起訴を推薦しないと決めたことは、広範なトランプ=ロシア捜査が終わったことを意味するものではない。この可能性を見込んで下院民主党は、それが決して終わらないようにするために、ここ数週間で新たなトランプ=ロシア捜査の手はずを整えていた。そうした捜査がまだ続いていくのはほぼ間違いないことだ。少なくとも2020年の選挙までは。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

トランプ・ジュニアとの会談の8日後、ロシアの弁護士ベセルニツカヤがオバマの駐露大使と一緒に写っている写真をご覧ください

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.11> ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤの情報が更に流出 ベセルニツカヤは月曜日に、NBCニュースでニューヨーク・タイムズで報道されたクレム …

CNNにスティール文書の情報をリークしたのはクラッパー元国家情報長官だった

<引用元:サラ・カーター 2018.3.12> 政府消息筋によると、ジェームズ・クラッパー元国家情報長官は昨年、ドナルド・トランプ次期大統領とバラク・オバマ大統領が受けた機密報告についての情報をCNN …

アトランティック編集長、トランプ暴露記事の主張が間違いの可能性を認める

<引用元:フェデラリスト 2020.9.7> 6日、アトランティックのジェフリー・ゴールドバーグ編集長は、2018年にフランスの第一次世界大戦で戦死した兵士の墓地へのトランプ大統領の訪問が変更されたの …

トランプ、モラー特別検察官を解任することはないと発言

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.8.10> ドナルド・トランプ大統領は、10日木曜日の記者会見でロバート・モラー特別検察官をその職務から解任するつもりはないと述べた。

アーカイブ

@JpWelovetrump