記事翻訳

モラー捜査で起きなかった5つのこと

投稿日:2019年3月24日

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.22>バイロン・ヨーク氏によるオピニオン

ロバート・モラーはトランプ=ロシア捜査の報告書をウィリアム・バー司法長官に提出した。近いうちに、おそらくは数時間以内に、バー長官は報告書の「主要な結論」を議会に送るだろう。まずは上下院の司法委員会の各委員長と幹部メンバーに渡される。その後何が起こるか不透明だが、確実に他の議員も文書を見ることになるだろうし、報告書の内容は間違いなくリークされるだろう。

モラーの捜査は終わり、モラーは新たな起訴を推薦しないということのようだ。

この時点で報告書に何が書かれているかを語ることはできない。だがこの早い段階でも、モラーの捜査中に起こらなかったことを示すことは可能だ。

1.モラーは、昨年マスコミの間で法的危機に陥ると強く憶測されていた、ドナルド・トランプ・ジュニア、ジャレッド・クシュナーその他の人物を起訴しなかった。

2.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、2016年の選挙を不正に操作するためにロシアと共謀したことで、トランプ陣営や周辺の人物を罪に問わなかった。

3.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領を召喚しなかった、

4.昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領はモラーを解任しなかった。

5.大統領は、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、モラーの捜査に干渉しなかった。バー長官は議会への書簡の中で、司法省高官がモラーの捜査に干渉したことがあった場合、議員に知らせるという要求に言及した。バー長官は「そのような出来事はなかった」と書いていた。

モラーはもう終わった。ニュースが出てから間もなく、フォックスニュースのホワイトハウス特派員であるジョン・ロバーツは、「(ホワイトハウスの)現在の感触は、これがやっと終わったというものだ」と述べた。イエスでもありノーでもある。モラーが報告書を提出し、これ以上の起訴を推薦しないと決めたことは、広範なトランプ=ロシア捜査が終わったことを意味するものではない。この可能性を見込んで下院民主党は、それが決して終わらないようにするために、ここ数週間で新たなトランプ=ロシア捜査の手はずを整えていた。そうした捜査がまだ続いていくのはほぼ間違いないことだ。少なくとも2020年の選挙までは。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ジェフ・セッションズの新首席補佐官=モラーのロシア疑惑捜査は「魔女狩り」となる可能性がある

<引用元:HuffPost 2017.9.22> (ワシントン)ジェフ・セッションズ司法長官は元連邦検察官を新しい首席補佐官に任命したが、その人物は、トランプ政権に対する特別検察官による捜査は「魔女狩 …

フェイク・ニュース:AP通信が架空のプルーイットの会談をでっち上げたことを隠蔽、CNNレベルのスキャンダルの渦中に

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.6.30> (抄訳) AP通信が再び更なるフェイク・ニュースを推進している。残念なことに、かつての偉大なニュース配信サービスは過ちを隠蔽しようとしている。 …

CIAスパイが明かしたトランプのロシア疑惑についての見解

<引用元:NPR 2017.8.8> ダニエル・ホフマンはCIA支局長を3度務め、モスクワでは合計5年を過ごした。ホフマンは最近辞職したが、進行中のロシア疑惑について口を開いた。

オレグ・デリパスカ論説:絶えず変化する「ロシアの話」は民衆を惑わす操作

ロシア新興財閥創業者、デリパスカ氏によると、ファインスタイン上院議員の元スタッフであったフュージョンGPS社員は、同社のことを「シリコンバレーの億万長者とジョージソロス」の支援を受けた、「政府を陰で支 …

スティーブ・バノン=NHKは日本のCNNに違いない

米国合衆国首席戦略官・大統領上級顧問を務め、現在はブライトバート・ニュースの会長であるスティーブ・バノン氏は、11月15日、NHKの単独インタビュー(リンク先の記事は数カ月以内に削除される可能性が高い …

アーカイブ

@JpWelovetrump