記事翻訳

モラー捜査で起きなかった5つのこと

投稿日:2019年3月24日

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.22>バイロン・ヨーク氏によるオピニオン

ロバート・モラーはトランプ=ロシア捜査の報告書をウィリアム・バー司法長官に提出した。近いうちに、おそらくは数時間以内に、バー長官は報告書の「主要な結論」を議会に送るだろう。まずは上下院の司法委員会の各委員長と幹部メンバーに渡される。その後何が起こるか不透明だが、確実に他の議員も文書を見ることになるだろうし、報告書の内容は間違いなくリークされるだろう。

モラーの捜査は終わり、モラーは新たな起訴を推薦しないということのようだ。

この時点で報告書に何が書かれているかを語ることはできない。だがこの早い段階でも、モラーの捜査中に起こらなかったことを示すことは可能だ。

1.モラーは、昨年マスコミの間で法的危機に陥ると強く憶測されていた、ドナルド・トランプ・ジュニア、ジャレッド・クシュナーその他の人物を起訴しなかった。

2.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、2016年の選挙を不正に操作するためにロシアと共謀したことで、トランプ陣営や周辺の人物を罪に問わなかった。

3.モラーは、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領を召喚しなかった、

4.昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、大統領はモラーを解任しなかった。

5.大統領は、昨年マスコミの強い憶測の対象となったように、モラーの捜査に干渉しなかった。バー長官は議会への書簡の中で、司法省高官がモラーの捜査に干渉したことがあった場合、議員に知らせるという要求に言及した。バー長官は「そのような出来事はなかった」と書いていた。

モラーはもう終わった。ニュースが出てから間もなく、フォックスニュースのホワイトハウス特派員であるジョン・ロバーツは、「(ホワイトハウスの)現在の感触は、これがやっと終わったというものだ」と述べた。イエスでもありノーでもある。モラーが報告書を提出し、これ以上の起訴を推薦しないと決めたことは、広範なトランプ=ロシア捜査が終わったことを意味するものではない。この可能性を見込んで下院民主党は、それが決して終わらないようにするために、ここ数週間で新たなトランプ=ロシア捜査の手はずを整えていた。そうした捜査がまだ続いていくのはほぼ間違いないことだ。少なくとも2020年の選挙までは。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

知られざるロシアとブラック・ライブズ・マターの秘密

<引用元:デイリー・コーラー 2017.9.28> ロシアは2016年に、米国に対するサイバー工作の一環として米国におけるアイデンティティ政治を促進し煽ることを意図してフェイスブックの広告を利用したこ …

ジェームズ・コミーの証言でトランプが正しくCNNが間違っていることが判明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.6.7> ジェームズ・コミーが木曜日の朝証言するために事前に準備した証言の文書により、トランプ大統領が捜査対象でないことを3度伝えられたとするトランプの主 …

フェイクニュースを広めたNYタイムズをマスコミが擁護

<引用元:フェデラリスト 2018.5.27> 本物のホワイトハウス高官による本物の会見があったのだろうが、ニューヨーク・タイムズはホワイトハウス高官が語ったことを正確に要約したかという点では信用でき …

弾劾の秘密主義をやめよ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.6>バイロン・ヨーク氏による論説 ウクライナ問題をめぐりトランプ大統領を弾劾しようという下院民主党の取り組みの中で、これまで2回の公聴会があった。い …

トランプのプーチンとの会談は正しい=ランド・ポール

<引用元:ポリティコ 2018.7.16>米上院議員ランド・ポール著 米国の敵は少なくすべき。緊張緩和のどこが悪いのか? ドナルド・トランプ大統領は、ヨーロッパのNATO加盟国との会議を終えて数日後の …

アーカイブ

@JpWelovetrump