記事翻訳

トランプの税制改革でGDP5%、賃金7%上昇の可能性(ボストン大学調査)

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.22>

ボストン大学の経済学者が新たにまとめた報告書によると、ドナルド・トランプ大統領の税制改革の枠組みによりGDPと賃金がそれぞれ5パーセントと7パーセント上昇する可能性があるということだ。

「対象とする年によるが、共和党の新しい税制改革案はGDPを3パーセントから5パーセント引き上げ、実質賃金を4パーセントから7パーセント引き上げる」と経済学者は説明している。「この結果、平均的な米国人世帯の実質賃金が年間およそ3,500ドル増加することになる」

経済学者は、このような伸びが起こり得るのはこの法案が法人税の限界実効税率を34.6パーセントから18.6パーセントに削減することを目指していることが理由だと考えており、その結果、株主資本が12パーセントから20パーセント増加すると考えている。

この案に批判的な人々は減税によってコストが増えると言っているが、ボストン大学の経済学者は経済が拡大することが予測されるため基本的に税収中立となると言っている。法人税の抜け穴をふさぐことで税収中立が保たれ、課税標準を広げる結果として税収が増えると指摘している。

また報告書では、すべての米国人がこの税制改革の枠組みから恩恵を受けると述べている。

「税制改革によって現在の退職者の生涯福祉がわずかに増え、労働者と将来の世代に対しては中程度の増加となる」と報告書には書かれている。「すべての世代がその政策から恩恵を受ける。高齢者は投資に対する高い利益率でわずかに恩恵を被り、若い世代は賃金の上昇による恩恵を受ける」

ボストン大学の調査結果は今週初めに大統領経済諮問委員会が提出した結論と似通っており、そこでは法人税率が35パーセントから20パーセントに引き下げられれば平均的な世帯で年間4,000ドルの収入が増加するとしていた。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

減税2.0では中間層に思いがけない利益も:クドロー

<引用元:FOXビジネス 2020.1.17> トランプ、2期目ではさらに急速な経済成長を目指す トランプ政権は中間層の減税という目標を達成する方法を検討し始めている。 給与税の低減はホワイトハウスの …

スティーブン・ムーアを恐れているのは誰か?またそのワケ

<引用元:ナショナルレビュー 2019.3.24>ジョン・ファンド氏 エスタブリッシュメント思考に対する挑戦が相次ぐ中傷を引き起こした 中世では、鍛冶屋から醸造者まで、あらゆる種類の商売に誰が就くこと …

オバマ経済?いやトランプ経済だ

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.6.7>スティーブン・ムーア、アーサー・ラッファー共著「It’s Trump’s Economy Now」 リベラル派は、トランプ大統領の経済対策に …

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

ケビン・ブレイディ下院議員:トランプ減税に関して民主党はいつも通り間違っていた

<引用元:FOXニュース 2019.4.15>ケビン・ブレイディ下院議員による寄稿 タックスデーである4月15日、ドナルド・トランプ大統領が2017年のクリスマス前に減税・雇用法案に署名した時の予想を …

アーカイブ

@JpWelovetrump