記事翻訳

トランプの税制改革でGDP5%、賃金7%上昇の可能性(ボストン大学調査)

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.22>

ボストン大学の経済学者が新たにまとめた報告書によると、ドナルド・トランプ大統領の税制改革の枠組みによりGDPと賃金がそれぞれ5パーセントと7パーセント上昇する可能性があるということだ。

「対象とする年によるが、共和党の新しい税制改革案はGDPを3パーセントから5パーセント引き上げ、実質賃金を4パーセントから7パーセント引き上げる」と経済学者は説明している。「この結果、平均的な米国人世帯の実質賃金が年間およそ3,500ドル増加することになる」

経済学者は、このような伸びが起こり得るのはこの法案が法人税の限界実効税率を34.6パーセントから18.6パーセントに削減することを目指していることが理由だと考えており、その結果、株主資本が12パーセントから20パーセント増加すると考えている。

この案に批判的な人々は減税によってコストが増えると言っているが、ボストン大学の経済学者は経済が拡大することが予測されるため基本的に税収中立となると言っている。法人税の抜け穴をふさぐことで税収中立が保たれ、課税標準を広げる結果として税収が増えると指摘している。

また報告書では、すべての米国人がこの税制改革の枠組みから恩恵を受けると述べている。

「税制改革によって現在の退職者の生涯福祉がわずかに増え、労働者と将来の世代に対しては中程度の増加となる」と報告書には書かれている。「すべての世代がその政策から恩恵を受ける。高齢者は投資に対する高い利益率でわずかに恩恵を被り、若い世代は賃金の上昇による恩恵を受ける」

ボストン大学の調査結果は今週初めに大統領経済諮問委員会が提出した結論と似通っており、そこでは法人税率が35パーセントから20パーセントに引き下げられれば平均的な世帯で年間4,000ドルの収入が増加するとしていた。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

ナヴァロ=トランプ大統領は鉄鋼アルミ産業を守るという公約を守っている

<引用元:USAトゥデイ 2018.3.12>ピーター・ナヴァロ氏による論説 同盟国と貿易パートナーが向かうべき合理的な方向性は、激化ではない。米国の2つの不可欠な産業を守る主権的権利を認めるというこ …

2018年、トランプ減税で中小企業の景況感は過去最高に

<引用元:CNBC 2018.2.20>(抜粋) 2月20日に発表された最新のCNBC・SurveyMonkey中小企業調査によると、新たに成立した税制改革法案に対する中小企業経営者の楽観視数が上がり …

米国労働者に対するトランプの「誓約」についての真実とは

<引用元:ヤフー・ファイナンス 2019.8.8> 2018年7月にトランプ大統領は米国労働者のための「大統領による全国協議会」を開設し、「米国の労働者に対する誓約」を立ち上げた。プログラムは20以上 …

国内へ回帰する米国の資金

<引用元:FOXビジネス 2018.6.26> トランプ大統領の貿易に関する辛辣で報復的な言葉とは裏腹に、米国のCEOは大統領の税制改革計画の活用において何も無駄にしてはいない。米経済分析局(BEA) …

レーガン以来最大の減税、「おそらくレーガン以上だ」とトランプが語る

<引用元:Grabien 2017.3.18> トランプ大統領はレーガン政権で行われたものより更に大規模な減税を行うことを断言している。

アーカイブ

@JpWelovetrump