記事翻訳

知られざるロシアとブラック・ライブズ・マターの秘密

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.9.28>

ロシアは2016年に、米国に対するサイバー工作の一環として米国におけるアイデンティティ政治を促進し煽ることを意図してフェイスブックの広告を利用したことが、新たな報道で分かった。

ロシアが米国内で行った影響工作に関するこれまでの報道は、圧倒的に米国の右翼勢力を扇動しようとする試みに焦点を絞っていた。しかし、最新の報道で分かったことは、ロシアは米国の左翼勢力の中で幅を利かせているアイデンティティに焦点を当てた政策も推進しようとしていたということだ。

ロシアのアカウントは、ブラック・ライブズ・マター(BLM)運動のメッセージを使ってボルチモアとファーガソン(どちらも人種差別反対運動の拠点)をターゲットとしていたとCNNは伝えた。ワシントン・ポストは、ロシアの広告がBLMに加えて他の「アフリカ系アメリカ人人権団体」を宣伝していたと報道した

同様にロシアの工作は、反アメリカのメッセージを使って米国のイスラム教徒もターゲットにしていた、とデイリー・ビーストが伝えている

ロシアの資金を受けたアカウントは、イスラム教団体を装って反アメリカの陰謀論を宣伝していた。例えば、ウサマ・ビン・ラディンは「CIA工作員」だったーリビアの独裁者カダディは「ロスチャイルド家の所有する中央銀行」を持っていなかったのですばらしいーなど、反ユダヤ主義的な陰謀論に言及していた。

フェイスブックの最高セキュリティ責任者、アレックス・スタモス氏は今月初めに声明を発表し、ロシアの活動に対するフェイスブックの調査の結果、「2015年6月から2017年5月までの間に約10万ドルの広告費が約3,000の広告に関連して使用されており、規約に違反する約470の偽のアカウントとページにつながりがあったことが判明した」と述べた。

3,000のロシアによる広告の「圧倒的多数」は、「特に大統領選挙、投票、特定の候補者といったことを引き合いに出したものでなかった」とスタモス氏は述べた。

また、次のようにも述べている。「それらの広告とアカウントは、思想的な領域の中で対立を招くような社会的政治的なメッセージを拡大させることに焦点を当てていたようであり、LGBTの問題から人種問題、移民、銃の権利に至る話題にまで触れていた」

(フォント協調は当サイトによる)

 

-記事翻訳
-,

関連記事

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事 …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

「本物のロシア疑惑」ウラニウム・ワンFBI情報提供者が議会証言

ザ・ヒルがウラニウム・ワン疑惑について衝撃の報道を行ったのは数カ月前、2017年10月のことだった。オバマ政権が封じ込めていたFBI協力者が判明し、議会はその証言を求めた。その人物がついに2月7日、3 …

ディープ・ステートがトランプ大統領を中傷するためにワシントン・ポストに機密情報をリーク

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.15> ある現職アメリカ政府高官と元高官は、トランプ大統領が先週ロシアの外相とアメリカ大使に「機密情報」を伝えたことを憂慮していると言われており、その …

右派の怒りの矛先はモラー氏へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.25>(抜粋) ロバート・モラー氏に対する怒りが、右派と保守系メディアの間で白熱している。2016年の大統領選挙に対するロシアによる干渉の捜査から、モラー特別顧問は …

アーカイブ

@JpWelovetrump