記事翻訳

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9>

コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

昨年7月、共和党はコミー長官がヒラリー・クリントンを起訴しなかったことに憤慨し、民主党は彼がそのために論証したことで憤慨した。10月に民主党はコミーがクリントンに対する捜査を再開したことを明らかにしたことに激怒し、今年3月に共和党はトランプ大統領が盗聴されたという主張に対して彼が異を唱えたことで憤慨したのだった。

しかし、なぜ今コミーを解任するのだろうか?答えは簡単だ。その前日バラク・オバマ大統領時代の国家情報長官であったジェームズ・クラッパーは、NBCニュースのチャック・トッドに「ミート・ザ・プレス」の中で3月5日に語ったのと同じ内容、つまりトランプ陣営とロシア政府の間に癒着があったという証拠を確認していないという事を、宣誓した上で繰り返したのだ。それによってトランプ政権は、単にそれまで得ることのなかったコミーの解任を熟考する時間を与えられたのだ。

事実、比較的最近までトランプ政権の司法長官と司法副長官は決まっておらず、彼らの勧告が彼の決断に重みを加えたに違いないであろうが、それ以前に実行することも可能ではあったのだ。

要するに、もしトランプがロシアに関して重大な疑惑がまだ存在する中でコミーを解任していたら、捜査に干渉しているとか何か隠そうとしているのだとしてトランプを非難する口実を与えることになっていただろう。現在実際に何もなかったことが明確になっている。クラッパーとサリー・イエイツ前司法長官代行が証言した月曜日の公聴会は、「動かぬ証拠」を明らかにするためのものであったが、テッド・クルーズ上院議員(共和党、テキサス州)の急速に広まった動画以外に何ももたらさなかった。

上院少数党院内総務のチャック・シューマー(民主党、ニューヨーク州)と彼の仲間のメディアがコミー解任を新たなウォーターゲートだと誇張し、ロシアの陰謀論を再燃させようとすればするほど、自分たちが笑いものになってトランプを助けることになるのだ。

-記事翻訳
-,

関連記事

モラー報告書でオバマの非が浮き彫りに

<引用元:CNN 2019.4.19>スコット・ジェニングス(Scott Jennings)氏による寄稿 (CNN寄稿者のスコット・ジェニングスは、ジョージ・W・ブッシュ大統領の元特別補佐官であり、ミ …

FBIがFISA乱用とヒラリーメール捜査に関する資料提出のための職員倍増へ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.3.27> FBIのクリストファー・レイ長官は27日、下院司法委員会のボブ・グッドラット委員長による記録請求に対応するFBI職員の数を倍増させると発表した …

驚愕:クリントン陣営とDNCはトランプ文書に資金を提供していた

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.24> ヒラリー・クリントンの大統領選挙陣営と民主党全国委員会(DNC)は、あるプロジェクトの一環として政敵の調査を専門とするフュージョンGPSを雇ってド …

スティールに関するFBIの説明が破綻:虚偽情報とメディア接触はFISA以前に警告されていた

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.9>ジョン・ソロモン氏による寄稿 FBIがその情報提供者のクリストファー・スティールについて連邦裁判所に宣誓した話は、観光客向けの店で買った5ドルの土産物のTシャツよ …

トランプ陣営に対するFBIの2人目のスパイか?:ロジャー・ストーンが主張

今年5月、FBIの「スパイ」が2016年の大統領選挙中にドナルド・トランプ選挙陣営に接触していたという事実が明るみに出て、米国では大きな話題となった(参考記事:「トランプ陣営に潜入?FBI情報提供者の …

アーカイブ

@JpWelovetrump