記事翻訳

ニュート・ギングリッチ:モラーの法律事務所の99.81パーセントが選挙でヒラリー・クリントンに献金

投稿日:2017年7月22日

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.21>

ニュート・ギングリッチ元下院議長によると、ロバート・モラーは信頼できない人物ということになる。ギングリッチは金曜日のFOXニュースの放送で、モラー特別検察官の法律事務所の99.81パーセントが大統領選挙でヒラリー・クリントンに献金していたと述べた。

ニュート・ギングリッチ:「モラーの捜査には非常に多くの利益相反があり、ほとんどばかばかしいほどだ。彼の法律事務による昨年の献金は、99.81パーセントがヒラリー・クリントンに対するものだった。その通り。ドナルド・トランプに献金されたのは0.19パーセントだった。彼が雇っていた人たちは全員反トランプの弁護士であり、その中には弁護から情報を隠蔽したという非常に悪い記録を持つ人物もおり、最高裁で9対0で非難されたケースもあった。大統領とそのチームを追及するのが意図的な取り組みでないのであれば、なぜそのようなチームを編成するのか理解に苦しむ」

ニュート・ギングリッチがモラーを非難したのはこれが初めてのことではない。ギングリッチは、「トランプとロシア」のつながりに対する彼の捜査は「非常に危険だ」と6月に述べていた。

ビジネス・インサイダーは次のように報道していた。

ギングリッチはワシントン・ポストが水曜日の夜に、2016年の選挙に対するロシアの干渉と、トランプ陣営がロシア当局と共謀していたかどうかについての捜査が、トランプが先月ジェームズ・コミーFBI長官を解任したことで捜査妨害を行ったかどうかについての捜査にまで拡大したと報道した後、ツイッターに投稿した。

モラーはトランプ関係者が金融犯罪を犯したかどうかについての証拠も追及している。

「モラーが『反トランプの特別検察官』であることはもう明らかだろう」とギングリッチはツイートした。

元下院議長は、モラーが「捜査妨害、金融問題、そしてトランプの生活とその関係者の生活のあらゆる要素に対して捜査網を張っている」と投稿した

彼は「非常に危険だ」と投稿し、ワシントン・ポストの記事を受けて、モラーは「トランプの大統領の地位を破壊し、あるいは少なくとも打撃を与えることを目的としたディープ・ステートの槍の穂先」であるのは明らかだと述べた。

「モラーの職務を厚かましくも再定義したことが、ディープ・ステートの傲慢さとそれがどんなものでも排除できるという確信を物語っている」と彼は続けた

 

 

-記事翻訳
-, ,

関連記事

CIAスパイが明かしたトランプのロシア疑惑についての見解

<引用元:NPR 2017.8.8> ダニエル・ホフマンはCIA支局長を3度務め、モスクワでは合計5年を過ごした。ホフマンは最近辞職したが、進行中のロシア疑惑について口を開いた。

ダーショウィッツ=トランプは正しい、特別カウンセルは任命すべきでなかった

<引用元:ザ・ヒル 2018.3.21>(アラン・ダーショウィッツ法学教授による論説) ダーショウィッツ氏は、ハーバード・ロースクールの名誉教授であり、フェリックス・フランクファーター記念講座担当教授 …

ロシア起訴:なぜ今?(解説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.7.16>元司法長官マイケル・ミュケイジー氏による解説 ハッキングの核心は大統領となるクリントンを傷つけることであり、トランプ大統領を当選させること …

クリントンのロシアウラン疑惑再浮上、FBI情報提供者の証言要求へ

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.10.23> 2010年に交わされたある取り決めによって、クレムリンの支援する企業が、米国の供給するウランの莫大な量を掌握する道が開かれた。そこに今新たに厳し …

驚愕:クリントン陣営とDNCはトランプ文書に資金を提供していた

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.24> ヒラリー・クリントンの大統領選挙陣営と民主党全国委員会(DNC)は、あるプロジェクトの一環として政敵の調査を専門とするフュージョンGPSを雇ってド …