記事翻訳

ジェフ・セッションズの新首席補佐官=モラーのロシア疑惑捜査は「魔女狩り」となる可能性がある

投稿日:

<引用元:HuffPost 2017.9.22>

(ワシントン)ジェフ・セッションズ司法長官は元連邦検察官を新しい首席補佐官に任命したが、その人物は、トランプ政権に対する特別検察官による捜査は「魔女狩り」になる可能性があるという記事を書いていた。

ウィテカー氏 Twitterより

マシュー・ウィテカーは、ジョージ・W・ブッシュ政権でアイオワ州南部地区の検察官を務めた。ウィテカーがセッションズ長官の首席補佐官に任命されたことは、司法省の報道官が22日に伝えた。

CNNの法律コメンテーターであるウィテカーは先月、ロバート・モラー特別検察官がトランプ大統領の家族の資産調査を行うのは「違反行為」だと大統領が述べたことについて、大統領は「完全に正しい」という記事を書いていた

ウィテカーは次のように書いた。「モラーは、ロシアによる2016年の選挙干渉の捜査においてレッドラインに近づいており、それを踏み越えようとしているのは危険なことだ。」

「モラーが任命された立場の適用範囲を広げることなく資産関連の捜査を続けるのであれば、特別検察官の捜査は『魔女狩り』でしかないという深刻な懸念を引き起こすことになる」

ウィテカーは、今回セッションズの首席補佐官としてロッド・ローゼンスタイン副司法長官と緊密に仕事をすることになるが、その副司法長官は「確実に捜査がその司法権の範囲内にあり、本来指示された権限の範囲内にあるようにすべく取り組む」べきだと書いた。

「ローゼンスタインはこの捜査のための司法長官代理であるので、特別検察官として任命した命令の範囲内にその捜査範囲を限定するようにモラーに命令するべきだ」とウィテカーは記した。

ウィテカーは、ごく最近FACTという民主党の倫理問題をターゲットにした保守派団体の役員を務めていた。5月には、ヒラリー・クリントン元国務長官を非難すべき「確固とした論拠」があると考えており、起訴されなかったことを「強く感謝」すべきだと述べた。

大学の元フットボール選手だったウィテカーは、2014年にアイオワで上院選挙に立候補したが共和党の予備選挙でジョニ・エルンスト議員に敗北した。エルンストはウィテカーの就任を称える声明を出し、ウィテカーは強いリーダー、愛国者であり、「法の支配と米国の法の執行をたゆまず支持する人物」であると述べた。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

知っていましたか?トランプの大統領選勝利後にロシアがやったこと

2月16日、いわゆる「ロシア疑惑」を捜査するロバート・モラー特別顧問は、大統領選挙に干渉したとしてロシアの13人の個人と3つの企業の起訴を発表した。しかし依然としてトランプ陣営との共謀の証拠は発見され …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

CIAスパイが明かしたトランプのロシア疑惑についての見解

<引用元:NPR 2017.8.8> ダニエル・ホフマンはCIA支局長を3度務め、モスクワでは合計5年を過ごした。ホフマンは最近辞職したが、進行中のロシア疑惑について口を開いた。

FBIは3年前から マリア・ブティナ がロシアのスパイだと認識

トランプ大統領とプーチン大統領のヘルシンキでの会談から数時間後、米国でロシア人のマリア・ブティナ容疑者がスパイ容疑で逮捕されたことが伝えられたが、あるジャーナリストが奇妙な事実を証言した。FBIは20 …

ディープ・ステートがトランプ大統領を中傷するためにワシントン・ポストに機密情報をリーク

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.15> ある現職アメリカ政府高官と元高官は、トランプ大統領が先週ロシアの外相とアメリカ大使に「機密情報」を伝えたことを憂慮していると言われており、その …

アーカイブ

@JpWelovetrump