記事翻訳

独自:トランプ政権下ならウクライナ・ロシア戦争は起きなかった、とハンガリー外相

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.10.26

(ワシントンDC)ハンガリーのシーヤールトー・ペーテル外務大臣は、26日の本紙との独占インタビューで、現在のウクライナとロシアの間の戦争は一つにはジョー・バイデン大統領にも責任があると述べた。外相は2020年大統領選挙が異なる展開になっていたら戦争はなかっただろうと主張した。

シーヤールトー外相は国際原子力機関(IAEA)の国際閣僚会議でのスピーチ後に本紙と対談し、ウクライナでの戦争を含め米国と欧州に影響のある様々な問題について話した。シーヤールトーはインタビューで終始、ドナルド・トランプ前大統領とドイツのアンゲラ・メルケル前首相がまだ政権の座にあれば、戦争は始まらなかったとの考えを明確に示した。

「欧州の経済は疲弊しています。欧州は苦しんでいます。ですから欧州にとっての唯一の解決策は平和なのです。ですが当然ながら平和はこのような行動では訪れません。米政権が示してきたことです。なぜか?それは平和を生み出すためには、意思疎通する必要があるからです。意思疎通する必要があります」とシーヤールトーはインタビューで述べた。「そして、私は自分がなぜまだロシアと話をしているのかということについて、いつもとても強い圧力と批判を受けています。しかし、ほぼ100パーセント彼らのエネルギーに依存しているのに、話さないわけにはいかないということです。そしてロシアは欧州における現実であり、この戦争の結果にかかわらず欧州における現実であり続けるでしょう」

彼はこう続けた。

「ですから我々が確信しているのは、2020年に大統領選挙が異なる展開になっていたら、この戦争は勃発していなかっただろうということです。私は起こらなかったと確信できますが、世界的に見て、我々には現在リーダーが不在であるために、間違いなくこれが実際にそうなったのだと思います。トランプ大統領は本物のリーダーでした。メルケル首相は本物のリーダーでした。ですから私に分かることは、もしメルケル首相が、そしてトランプ大統領が権力の座に留まっていたら、この戦争は間違いなく勃発していなかっただろうということです。そういうわけで我々が望むのは、この件について米露の話し合いが行われることです。というのも、誤解しないでください。誤解しないで欲しいのですが。これが平和を生み出す野に必要だからです。ロシアとアメリカの話し合いです」

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

反トランプ資料の背後の会社はロシアのための仕事もしていたー上院証言

<引用元:FOXニュース 2017.7.27> (抄訳) 悪名高い反トランプ資料(ドシエ)を作成した会社は、モスクワのエリートを立腹させていたアメリカの制裁と戦うために「ロシア政府のため」の仕事もして …

ボルトン:米国はアフリカでの中国・ロシアの影響力を阻止しなければならない

<引用元:デイリー・シグナル 2018.12.13> 米国は、貿易、テロとの戦い、そして経済援助の提供に関するアフリカ政策を見直し、中国とロシアの増大する影響力に歯止めをかけなければならない、とホワイ …

ロシア侵攻:バイデンは2019年にトランプ政権なら「ウクライナで何が起こるか考えてみよ」と発言

<引用元:FOXニュース 2022.2.25> ロシアのウクライナ侵攻が続く中、バイデンの発言が再浮上 バイデン大統領が以前、トランプ前大統領の政権下であれば「ウクライナで起こる」恐れのあることについ …

ロシア共謀疑惑が薄れる中、ウクライナによるクリントン支援の企てが浮上

<引用元:ザ・ヒル 2019.3.20>ジョン・ソロモン氏による寄稿 約3年と何百万ドルもの税金を費やした結果、トランプ=ロシア共謀捜査に決着が付こうとしている。その場から浮上しているのは、2016年 …

ウクライナ・パズルの足りないピース:国務省からルディ・ジュリアーニへの提案

<引用元:ヒル 2019.9.20>ジョン・ソロモン氏による論説 数十年前私が若いジャーナリストだった時、ワシントン取材の研修中、指導者の1人が賢明な助言をくれた。米国のインテリジェンスと外交に関して …

アーカイブ

@JpWelovetrump