記事翻訳

CIAスパイが明かしたトランプのロシア疑惑についての見解

投稿日:

<引用元:NPR 2017.8.8>

ダニエル・ホフマンはCIA支局長を3度務め、モスクワでは合計5年を過ごした。ホフマンは最近辞職したが、進行中のロシア疑惑について口を開いた。

 

ロシアと選挙について

ホフマンはこれまでロシアのスパイを現場で見てきた豊富な経験から、昨年の大統領選挙に関する最大のスキャンダルの一つについて、驚くべき結論を出した。そのスキャンダルとは、2016年6月のトランプタワーでの会談のことだ。会談に参加したのは、ドナルド・トランプ・ジュニア、ジャレッド・クシュナー、ポール・マナフォート選対本部長(当時)、そしてクレムリンにつながりのあるロシア人だった。

ホフマンは語った。「私からすると、その会談は共謀のための秘密のチャンネルを築くための取り組みというより、発見されるようにした情報操作だと思われます」

NPRとのインタビューでも、ニューヨーク・タイムズの論説同様に、ホフマンは、会談が明るみに出るように意図されていたものだと主張している。つまり、プーチンは意図的にトランプタワーからクレムリンにつながるような痕跡を残したということだ。

そしてその目的は単純なものだ。つまり、アメリカの政治プロセスを貶めて、2016年の大統領選挙の信頼性を損なうということだ。

これに同意しないインテリジェンスのベテランもいる。しかし、それがCIA元支局長ダニエル・ホフマンの見方だ。

ホフマンが分かっていないことは次のことだ。「概して、実際に誰かがロシア人と共謀したという証拠を見たことがありませんし、ロシアの情報機関が選挙陣営と共謀してライバル陣営を傷つけたという証拠も見ていません」とホフマンは話した。

それとは反対に、ホフマンにとって、トランプタワーの会談が重要な意味を持つのは、それによってロシアの動機と戦術が分かるということだという考えが強い。

 

スティールの資料

元イギリス情報局員クリストファー・スティールがまとめた、トランプとロシアのつながりについての信憑性が確認できない主張についてはどうだろうか?ホフマンは情報機関がそこでも関与していた可能性があると示唆している。

「その内容を説明できる可能性の一つとして、ロシアの情報機関は資料が作成されていることを知っていたのではないかという点があります」とホフマンは述べた。「そして情報機関は本当の情報だけでなく、嘘の情報も流したということです。それが秘密の影響工作でのお決まりの手口です」

 

ホフマンはロシアがトランプについての情報を漏らしたのかどうかわからないと主張している。大統領自身は、その資料は「フェイクニュース」だと一蹴した。

一方、2月にCIAを辞職したホフマンは、ロシアのスパイが工作している兆候は見当たらないと言っている。ホフマンによればアメリカの高官は全員がターゲットだ。

「私が知っているはずです。その中にいたのですから」

-記事翻訳
-,

関連記事

右派の怒りの矛先はモラー氏へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.25>(抜粋) ロバート・モラー氏に対する怒りが、右派と保守系メディアの間で白熱している。2016年の大統領選挙に対するロシアによる干渉の捜査から、モラー特別顧問は …

トランプ、ウクライナと台湾の危機をめぐる第3次世界大戦の偶発的勃発を警告

<引用元:FOXニュース 2022.9.28> トランプ前大統領は9月27日、ニューヨークの億万長者ジョン・キャツィマティディスの77 WABCラジオの番組出演中、ウクライナでの戦争は第3次世界大戦と …

クリントン側近がドナルド・ジュニアと同じことをやっていたことを誰もが忘れている

<引用元:デイリー・コーラー 2017.7.10> トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニアがロシアの弁護士と会談した際に、ヒラリー・クリントンについての不利な情報を持っていることを示された …

異例の「政府に対する詐取の共謀」罪の適用でモラーにはめられていくターゲットたち

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.3.12> ロバート・モラー特別顧問と検察チームは、ロシアのサイバー・ネットワークを陥れるために異例の「政府に対する詐取の共謀」の罪を適用した。共謀が犯罪行為 …

ロシア共謀でっち上げについて米国人が知るはずのなかった6つの事実

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.27>トニー・シェーファー氏による寄稿 民主党の「ロシア共謀」反対運動は国家安全が問題ではなかった―そして今米国民はついに真相を知りつつある。 オバマ政権高 …

アーカイブ

@JpWelovetrump