記事翻訳

黒人キリスト教指導者はトランプを擁護:シャーロッツビルでの暴動後

投稿日:

<引用元:ポリティカル・インサイダー 2017.8.16>

黒人のキリスト教指導者と知識人は、アーバンリニューアル教育センター(Center of Urban Renewal and Education:CURE)の記者会見で、トランプ大統領がアメリカの人種間の分裂を引き起こしていると非難されていることについて大統領を擁護した。

会見はもともとトランプ政権の都市部での政策活動についてのものだったが、急遽シャーロッツビルでの暴力的な抗議活動について掘り下げることになった。

マスコミは早速、人種間闘争とトランプにつながりがあるように報道し、トランプのことを白人至上主義を支持する人種差別主義者としてレッテル貼りしているが、この黒人指導者たちは異なる見方をしている。

クリスチャン・ポストより:

先週のバージニア州シャーロッツビルでの暴力事件に対するトランプ大統領の最初の対応が批判を浴びている中、8月14日に保守派の黒人牧師と知識人リーダーは大統領を擁護した。

シャーロッツビルのマイク・シグナー知事を始めとして、シャーロッツビルの事件とトランプが2016年の大統領選挙で選ばれたことに「直接のつながり」があると主張する人がいる中、保守派アフリカ系アメリカ人の聖職者、学者、そして政治活動家は、14日にナショナルプレスクラブで開かれた記者会見でそのような主張を非難した。

「理解すべきことが一つあります」デレク・マッコイ師は述べた。「大統領が扇動しているというのは全く間違っているということです」

活動家のコローガン・ヴォーンは「我々の最高司令官を悪者にしないでください。火のないところに煙を立てているという点ではマスコミのほうがもっと悪者ではないですか」と話した。

CUREのスター・パーカー会長もこの動画でトランプと事件後の声明についてコメントしている。


2016年の選挙の1カ月前に行われた調査では、アメリカ人のほとんどがオバマ前大統領の下で人種間の関係は悪化したと考えているという結果だった。54パーセントが人種間の分断は悪くなったと答えたが、良くなったと答えたのはわずか16パーセントだった。

それに対して、オバマ前大統領の第一期が始まって間もない2009年の5月の時点では、アメリカ人の32パーセントが人種間の関係が良くなったと考えており、悪化したと答えたのはわずか6パーセントだった。

いずれの側でも様々なヘイトグループが立ち上がっていることについて話すとき、会話の中でオバマの名前も出すべきかもしれない。

トランプとオバマ、アメリカの人種問題の悪化に対する責任はどちらがより重いだろうか?

-記事翻訳
-,

関連記事

黒人が民主党を去る理由(解説)

<引用元:エポック・タイムズ 2018.7.6> By セリア・ファーバー 不法移民に焦点を置くことで黒人が追いやられる結果に 黒人で同性愛者であり、元民主党の退役軍人で著作家のロブ・スミスは、米軍の …

蘇ったかつての憎しみ―全体主義のルーツを隠しメディアの支持を受ける「アンティファ」(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.21> シャーロッツビルの混乱の中で、二つの亡霊が前世紀の暗黒の時代から蘇った。「右派の団結」大会では、ナチのシンボルがテレビ画面いっぱいに出ていた一方で …

白人至上主義者のリーダー、ジェイソン・ケスラーは元オバマ支持者で「ウォール街占拠」にも参加

<引用元:Gateway Pundit 2017.8.14> 白人至上主義者で「右派の団結」リーダー、ジェイソン・ケスラーはかつてオバマ大統領の支持者で「ウォール街を占拠せよ」にも関わっていたといわれ …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18> 否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因 …

アーカイブ

@JpWelovetrump