記事翻訳

トランプ、モラー特別検察官を解任することはないと発言

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.8.10>

ドナルド・トランプ大統領は、10日木曜日の記者会見でロバート・モラー特別検察官をその職務から解任するつもりはないと述べた。

モラーは、2016年大統領選挙に対するロシアの干渉の捜査を任されていたが、トランプがモラーを解任するのではないかという話がマスコミの間で顕著に話題になっていた

ある記者が尋ねた。「大統領、特別検察官の解任を促すことを考えたり、検討されたことはあったでしょうか?また、モラー氏が行ったことで大統領がそのような方針を取る要因となったことはありますか?」

トランプはそのようなことは考えたこともなかったと答えた。

「そのようなことは考えたこともありません。みなさんの記事を読むと私がモラー氏を解任すると書いているようですが、私は誰も解任したりしません」と大統領は述べた。

「私は職務を進めて欲しいと思っており、また上下両院にその捜査結果を公表して欲しいとも思います。会議を抜けることから判断すると・・・リークですが、しかしいつも会議を抜けているのですが、共謀(の証拠)は見つかっていません。共謀はなかったのです。なぜなら私はロシア人と話をしていないからです」とトランプは述べた。

トランプは、2016年の選挙に勝ったのはロシアの干渉によるものではなく、自分の選挙活動が優れていたからだと主張した。

「私が勝利したのは、ずっと優れた候補者だったからです。私が勝ったのは、ウィスコンシンに行き、ミシガンに行ったからです。ペンシルベニアでも勝利しました。頭の良い戦い方をしました。ですから勝利したのです。ロシアのおかげで勝ったのではありません。ロシアと私の勝利は何の関係もありませんでした」とトランプは述べた。

トランプは、モラーの捜査本部とメッセージを交わしており、モラーの働きに対して「感謝」を表明していた。同時にトランプは、ロシア疑惑は「魔女狩り」だと何度も非難を表している

-記事翻訳
-,

関連記事

反トランプ資料の背後の会社はロシアのための仕事もしていたー上院証言

<引用元:FOXニュース 2017.7.27> (抄訳) 悪名高い反トランプ資料(ドシエ)を作成した会社は、モスクワのエリートを立腹させていたアメリカの制裁と戦うために「ロシア政府のため」の仕事もして …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事 …

米上院、第2の特別カウンセルを求める声高まる

特別カウンセル※、ロバート・モラー氏の「ロシア疑惑」捜査は、ついにトランプ・オーガニゼーションにまで及ぶことになった。一方、米上院からはFBIと司法省の捜査における職権乱用疑惑について第2の特別カウン …

ロバート・ミュラーがロシア疑惑の捜査にまたクリントンの献金者を採用

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.20> ロバート・ミュラー(またはモラー)特別検察官は、拡大中のトランプとロシアに関する彼の捜査チームにもう一人の民主党支持者を加えた。

アーカイブ

@JpWelovetrump