記事翻訳

トランプ、モラー特別検察官を解任することはないと発言

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.8.10>

ドナルド・トランプ大統領は、10日木曜日の記者会見でロバート・モラー特別検察官をその職務から解任するつもりはないと述べた。

モラーは、2016年大統領選挙に対するロシアの干渉の捜査を任されていたが、トランプがモラーを解任するのではないかという話がマスコミの間で顕著に話題になっていた

ある記者が尋ねた。「大統領、特別検察官の解任を促すことを考えたり、検討されたことはあったでしょうか?また、モラー氏が行ったことで大統領がそのような方針を取る要因となったことはありますか?」

トランプはそのようなことは考えたこともなかったと答えた。

「そのようなことは考えたこともありません。みなさんの記事を読むと私がモラー氏を解任すると書いているようですが、私は誰も解任したりしません」と大統領は述べた。

「私は職務を進めて欲しいと思っており、また上下両院にその捜査結果を公表して欲しいとも思います。会議を抜けることから判断すると・・・リークですが、しかしいつも会議を抜けているのですが、共謀(の証拠)は見つかっていません。共謀はなかったのです。なぜなら私はロシア人と話をしていないからです」とトランプは述べた。

トランプは、2016年の選挙に勝ったのはロシアの干渉によるものではなく、自分の選挙活動が優れていたからだと主張した。

「私が勝利したのは、ずっと優れた候補者だったからです。私が勝ったのは、ウィスコンシンに行き、ミシガンに行ったからです。ペンシルベニアでも勝利しました。頭の良い戦い方をしました。ですから勝利したのです。ロシアのおかげで勝ったのではありません。ロシアと私の勝利は何の関係もありませんでした」とトランプは述べた。

トランプは、モラーの捜査本部とメッセージを交わしており、モラーの働きに対して「感謝」を表明していた。同時にトランプは、ロシア疑惑は「魔女狩り」だと何度も非難を表している

-記事翻訳
-,

関連記事

フュージョンGPS幹部は、トランプ・ジュニアがロシア人と会談する前後にそのロシア人と会っていた

<引用元:FOXニュース 2017.11.7> フュージョンGPSは、信憑性の確認できないトランプに関する資料を仕組んだ会社だ。昨年トランプの息子があるロシア人弁護士と問題の会談を行ったが、その前後に …

司法省の基準を無視したモラー捜査の狙いとは?

ロシア疑惑捜査を率いるロバート・モラー氏の捜査網が、トランプ大統領へと迫る中、ナショナル・レビューのアンドリュー・C・マッカーシー氏が、3月17日付の「Mueller’s Investigation …

ロシアは総選挙での民主党の不正計画についてもハッキングしていた

 <引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.23> ニューヨーク・タイムズは土曜日の記事で、FBIのジェームズ・コミー長官は昨年、当時の司法長官ロレッタ・リンチが民主党の大統領候補のヒラリー・ …

反トランプメールで外されたFBI捜査官はフリン氏の聴取も担当

ロシア疑惑に関連して、ワシントンポストとニューヨーク・タイムズは12月3日、モラー特別顧問がある有力捜査官を、トランプ大統領に批判的なメールを交わしていたことを理由に捜査チームから外していたと報道した …

オバマ政権の「左翼」政策が情報時代の国家の安全を損なった=ガーツ

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.17> ワシントン・フリー・ビーコンのシニアエディター、ビル・ガーツは月曜日、オバマ政権によって始められた「左翼」政策によってアメリカが有効に「情 …

アーカイブ

@JpWelovetrump