記事翻訳

ジュリアーニ弁護士、モラーをFBIの証拠隠滅で捜査すべきと主張

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2018.12.27>By オピニオン寄稿者 ジョン・ソロモン

ルディ・ジュリアーニは、ロバート・モラー特別カウンセルに対する明白なメッセージを持っている。つまり、2019年はロシア事件の捜査責任者が捜査を受けるべき時だというものだ。

26日から27日に掛けて行った、ヒルTVのバック・セクストンと私との広範にわたるインタビューで、トランプ大統領の弁護士は、モラーの捜査チームをあからさまに非難した。FBIを解雇されたピーター・ストラックからFBIの彼の愛人リサ・ページへのショートメッセージがロシア捜査の中で消去されるのを許すことで、彼らが証拠を隠滅したという理由だ。

ジュニア―にはこう話した。
「モラーはストラックからのショートメッセージの消去を許したことに対して、証拠隠滅の捜査を受けるべきだ。メッセージは、捜査開始時点での彼の心理状態と反トランプの先鋒FBI捜査官の策略を示す可能性のあるものだった」

司法省の監察官(IG)は今月、2016年にロシア捜査を開始するのに貢献した2名の上級FBI捜査官であるストラックとページの間の、政府で公式に保存されたショートメッセージに大きな欠落があることを発見したと報告した。両名は当時不倫関係にあると当時に、トランプに対する軽蔑の念を表明していた。

報告書によると、技術的な不具合の原因は、FBIがそれらのショートメッセージを保存できていなかったせいであったが、IGはモラーが特別検察官に任命される前のロシア捜査の初期から、19,000件以上を復旧することができたとされている。

ところが、FBIのストラックとページの政府支給の電話は技術者によって初期化されたため、両名が2017年の春から夏にモラーのチームで働いていた際のメッセージは復旧することができなかったとされている。

その消去が行われたのは、反トランプ的なショートメッセージのやり取りが暴露されたために、ストラックとページがモラーの下を離れた後のことだった。やり取りには、トランプが大統領になることを食い止めることについて話し合っていた1文が含まれていた。

ジュリアーニは、「それは捜査すべきだ。本当に、完全に捜査すべきだ。そのために特別カウンセルが必要だ」と話した。

消去が意図的なもので単なるミスではないと考えているかどうか念を押されると、ジュリアーニは、半世紀前、ニクソン大統領の忠実な秘書であったローズ・メアリー・ウッズが、恥ずべきことにウォーターゲートの録音テープを消去したことをそれとなく指摘した。

「実にローズ・メアリー・ウッズよりも悪い。彼女が消去したのは19分以下の会話だったが、FBIは19,000件以上のメッセージを消去したのだ」と彼は説明した。そしてモラーの下にいた当時のストラックとページのメッセージは永久に失われている。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

異例の「政府に対する詐取の共謀」罪の適用でモラーにはめられていくターゲットたち

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.3.12> ロバート・モラー特別顧問と検察チームは、ロシアのサイバー・ネットワークを陥れるために異例の「政府に対する詐取の共謀」の罪を適用した。共謀が犯罪行為 …

濡れ衣の起訴:マイケル・コーエンの司法取引

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.12.12>アン・コールター氏による論説 つまらない事実が大きな犯罪を証明するために利用されることはあるが、トランプの弁護士のマイケル・コーエンが有名ポル …

ダーショウィッツ=トランプは正しい、特別カウンセルは任命すべきでなかった

<引用元:ザ・ヒル 2018.3.21>(アラン・ダーショウィッツ法学教授による論説) ダーショウィッツ氏は、ハーバード・ロースクールの名誉教授であり、フェリックス・フランクファーター記念講座担当教授 …

トランプ弁護士への強制捜査後、ダーショウィッツ氏:「弁護士と依頼人の関係が危険に」

<引用元:FOXニュース・インサイダー 2018.4.9> アラン・ダーショウィッツ氏は、ドナルド・トランプ大統領の個人弁護士であるマイケル・コーヘン氏の事務所に連邦政府が強制捜査を行ったことについて …

マナフォート起訴:取るに足らない内容、トランプにとっては恩恵

<引用元:National  Review 2017/10/30> (By アンドリュー・C・マッカーシー) 「米国に対する謀略」という見出しに騙されてはいけない ポール・マナフォートの起訴は空騒ぎだ …

アーカイブ

@JpWelovetrump