記事翻訳

上院司法委員長、トランプがFBIの捜査対象になっていないことを認める

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.11>

上院司法委員会のチャック・グラスリー委員長(共和党、アイオワ州)は木曜日に、トランプ大統領がジェームズ・コミーFBI前長官に宛てた手紙の中で、自分がFBIの捜査対象となっていなかったとする主張が正しいことを認めた。

グラスリーは、彼と委員会幹部のダイアン・フェインスタイン(民主党、カリフォルニア州)が先週コミーと面談した際、様々な捜査の対象が誰であるかについて報告を受けたと委員会の幹部ミーティングの中で説明していた

「フェインスタイン上院議員と私は、大統領の話と矛盾した内容は何も聞いていませんでした」と彼は述べた。

グラスリーの発言に続いてフェインスタインは、「あなたが話してくれたことに心から感謝します。それは非常に正確であり、私達は報告を受けたのです」と述べた。

コミーが彼らに報告した少し後でグラスリーは、(当時の)FBI長官はもっと透明性を持つべきだとツイートしたと語った。

「私は、フェインスタイン上院議員と私にFBIが大統領に対して捜査をしているか否かについて彼が語ったことを、彼は世間に伝えるべきだと言ったのです」と彼は述べた。

「コミー氏はもうFBI長官ではありません。しかし、なおFBIは私の忠告に従うべきです。大統領を捜査しているのか否かを世間に正式に発表すべきです。これを明確にしていなかったから憶測がはびこってしまったのです」

先週の司法委員会の公聴会で、コミーは大統領が捜査対象となっているかどうか明言することを拒否し、そうすることで他の誰が捜査対象であるのか否か答えなければならないという危険な道に踏み込んでしまうと言っていた。

「彼があのような立場を取った理由は理解しています。しかし、少なくとも大統領と政府高官に関する場合は同意しません。アメリカ国民は、政府高官が目下の犯罪や情報活動の捜査対象となっているのかどうか当然知るべきです」とグラスリーは述べた。

トランプがコミーを突然解任した後、憶測は水曜日に過熱状態となった。コミーに対する解任を発表するトランプの手紙の中で、彼は「私が捜査対象でないことをそれぞれ異なる3回の機会に知らせてくれたことに心から感謝しています」と書いた。

グラスリーは、FBIが大統領を捜査対象としているという根拠のない憶測は「無責任で根拠がないだけでなく」、民主主義制度おけるアメリカ社会の信頼を損なうというロシアの策略にはまることになると述べた。

またグラスリーは、ロシアの選挙干渉に対するFBIの捜査において委員会が更に行動する前に、他の委員会のメンバーが「本当に何が起きているのか」についてFBIから報告を受けることを提案した。

「たぶんそれが今までのいくつかの根拠のない発言を和らげるのに役立つことでしょう」と彼は述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国によるクリントンのメールハッキングに反論したFBIは「非常に欺瞞的」=共和党議員が発言

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.8.30> 正体不明の中国企業が、ヒラリー・クリントン元国務長官の無許可の私設メールサーバーをハッキングしたという報道に対して、FBIが否定の声明を発表し …

トランプ陣営に対するFBIの2人目のスパイか?:ロジャー・ストーンが主張

今年5月、FBIの「スパイ」が2016年の大統領選挙中にドナルド・トランプ選挙陣営に接触していたという事実が明るみに出て、米国では大きな話題となった(参考記事:「トランプ陣営に潜入?FBI情報提供者の …

FBIがウィーナーのノートPCからクリントン関連の7,000の文書引き渡しへ

<引用元:FOXニュース 2017.7.20> FBIは、昨年のヒラリー・クリントンのメール問題に関連して監視団体が起こした訴訟の一環として、アンソニー・ウィーナー個人のノートパソコンにあった7,00 …

DNCとヒラリーが資金提供した文書を利用してトランプ陣営への盗聴許可取得か?

ジャーナリストのサラ・カーター氏は、FBIが、トランプ大統領のロシア疑惑の根拠の1つとされている信憑性の確認できない文書を利用して、トランプチームのメンバーを監視、盗聴するために裁判所から許可を受けて …

反トランプ資料の背後の会社はロシアのための仕事もしていたー上院証言

<引用元:FOXニュース 2017.7.27> (抄訳) 悪名高い反トランプ資料(ドシエ)を作成した会社は、モスクワのエリートを立腹させていたアメリカの制裁と戦うために「ロシア政府のため」の仕事もして …