記事翻訳

ホワイトハウス内部のリーク犯判明か(報道)

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.22>

ワン・アメリカ・ニュース・ネットワーク(One America News Network:OANN)のホワイトハウス特派員、トレイ・イングストは、ドナルド・トランプ大統領のホワイトハウスから大量に情報をリークしていた3名の人物が判明したと伝えている。

イングストによると3名の職員が判明しており、ホワイトハウス内部からの情報リークで彼らが果たした役割についいて政府倫理事務所で調べているということだ。主要報道機関へのリークはトランプ政権の初期に絶えず政権を悩ませてきており、政権の重要な成果を損なうような絶妙なタイミングでリークが起きていた。

イングストは、彼の情報提供者から得た話として、トランプ大統領は中東を含む今回の画期的外遊からワシントンに帰り次第、「複数の人物」を解任するだろうと主張している。それらの歴任を負うべき人物に対しては刑事訴追もテーブルの上にあることがほのめかされている。

機密情報を無許可で公開することは犯罪である。政府倫理事務所自体は検察機関ではないが、犯罪行為が行われたことが確定すれば、職員を法執行機関に差し向けるか他の懲戒処分を促すことになる可能性がある。

ブライトバート・ニュースはOANNの報道を今のところ単独では確認できていない。

(訳注:イングスト氏の関連するいくつかのツイートは上のツイートを除き本人が削除しており、彼は改めてはっきりした情報を投稿すると書いています。)

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ政権で少なくとも1日1回の国家安全保障に関わるリークが行われたという調査結果

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.6> トランプに対する前代未聞の圧倒的なリークはオバマ、ブッシュ政権を上回る トランプ政権は、少なくとも1日1回は報道に登場するという、前代未聞の …

CIAは諜報活動強化のため諜報員により大きな権限を付与

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.26> (抄訳) トランプ大統領の下で、CIAは諜報活動の向上を目指して現場の諜報員により大きな権限を与えると同時に過剰な官僚を削減していると、C …

「セス・リッチはヒーローだった」キム・ドットコム氏の声明文

<引用元:Kim.com 2017.5.23> #SethRich(セス・リッチ) はヒーローだった 私はセス・リッチがDNCリークに関わっていたことを知っている 私がこれを知っているのは、2014年 …

トランプがちらつかせた文書の写真が秘密のメキシコ協定の詳細を示唆

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.11> トランプ大統領は11日、1ページの文書をジャーナリストにちらつかせ、そこに非常に繊細な内容のため公表できないメキシコとの秘密協定が含まれている …

内部告発者について元CIA分析官=「どうしてこれがインテリジェンス問題になり得るというのか?」

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.9.26>フレッド・フレイツ氏による寄稿 私はあの告発に困惑しており、どうして情報局員が、大統領が外国首脳に話したことについて訴えることがあり得るだろうかと疑 …

アーカイブ

@JpWelovetrump