記事翻訳

米国製造業界が過去20年で最高レベルの楽観傾向を示す調査結果をトランプが称賛

投稿日:

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.31>

ドナルド・トランプ大統領は金曜日にアメリカの製造業企業をホワイトハウスに招き、全米製造業者協会の新しい調査結果を発表した。

その調査によると製造業の93パーセントが業界の将来について肯定的な見通しを持っていることが分かった。昨年の数字は56パーセントであった。調査には同協会メンバーの1万3千社の製造業者が対象である。

20年で最高の記録を出したというニュースに、トランプは彼の多くの政策によってアメリカ国内の雇用をさらに増やすための「楽観傾向の新たな上昇」が起きていると主張している。

全米製造業協会のジェイ・ティモンズは、楽観傾向はトランプの現在、規制緩和、そしてインフラ投資を中心としたものだと語った。またその調査によると、国が正しい軌道に乗っているという回答が就任前は26パーセントであったが、新しい調査では60パーセント以上にまで上昇したという事だ。

「私達はあなたの製造業における投資と雇用創出に対する貢献に感謝し、期待に応えるつもりだ」とティモンズは述べた。

何名かのアメリカ製造業のトップがそのイベントでトランプに加わり、自分たちがアメリカで創出してきた雇用について強調した。

「私達は雇用を失わせる規制を取り除き、アメリカの産業界にのしかかる重荷を取り除いています。それは今まで取り除かれることがまったくなかったと言えます」とトランプは語った。

彼は多くの製造業の雇用がメキシコや中国のようなところに移されてしまったと述べた。トランプはマール・ア・ラーゴの別荘での中国書記長との今度の会談について触れた。

「それは非常に重要で非常に特別なものになるでしょう。彼とその代表団に会うのをとても楽しみにしています。どうなるかいずれ分るでしょう」とトランプは語った。

-記事翻訳
-

関連記事

活況な労働市場が米国人を傍観者から脱出させていることを示す雇用報告

<引用元:ホワイトハウス 2020.1.10>大統領経済諮問委員会 労働統計局(BLS)による月1回の雇用状況報告書によると、労働力は依然として逼迫し、賃金は上昇しており、人々は職探しに乗り出しつつあ …

2020年も引き続き予測を破る雇用市場

<引用元:ホワイトハウス 2020.2.7>大統領経済諮問委員会 労働統計局(BLS)の毎月雇用状況の最新データから、歴史的に見て強い米国労働市場が2020年も継続して拡大していることが確認できる。 …

雇用報告は「輝かしい」ニュースに―するとなぜ民主党はトランプを弾劾したいのか?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.6>社説 「輝かしい」。「圧勝」。「大当たり」。左寄りの専門家も6日の驚くべき雇用レポートをそう表現した。 世界景気の減速にもかかわらず、米国経済はトラ …

トランプは化石燃料に関する規制緩和の命令に署名の予定

<引用元:ニューヨークポスト 2017.3.26> ワシントンートランプ大統領は火曜日に、化石燃料に関するオバマ時代の規制を緩和するために新しい大統領令を発行する。

米失業率が50年で最低の3.5%に

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.4> 米国内の失業率は先月、50年来で最低となり、トランプ大統領の中国に対する貿易戦争の中での景気後退の可能性に関する不安が和らいだ。 ところが、雇用拡 …

アーカイブ

@JpWelovetrump