記事翻訳

マイク・フリン前国家安全保障担当補佐官が刑事免責を条件に証言を申出

投稿日:2017年3月31日

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.30>

(抄訳)

報道によると、ドナルド・トランプ大統領の前国家安全保障担当補佐官で元中将のマイク・フリンは刑事免責と引き換えに大統領とロシアのつながりに関する捜査において証言を申し出たと言われている。

ウオールストリートジャーナルが木曜日に伝えた記事によると、フリンは、彼の証言がもたらすいかなる不正行為の発見に対しても免責されることを求めたという事だ。

その記事によると、フリンは自分の弁護士を通してFBIと両院の情報委員会に申し出を行ったとされている。同紙によると当局はまだ合意していないという事だ。

フリンが捜査当局に証言しようとしている内容の詳細は明らかにされていない。

フリンはロシア政府職員とのやり取りに対する複数の審理からの圧力に直面しており、そのやり取りには彼が2016年のトランプの選挙運動に加わる前に3つのロシアの企業から講演料が支払われていた事と、ロシア大使との会話が含まれている。

民主党が引き続きトランプとロシアとの関りに対する捜査を要求する中でフリンの証言の申し出が出ている。これまでにトランプやその選挙陣営とロシアとの直接的なつながりを証明するものは見つかっていない。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

民主党、メディア、情報機関関係者は揃ってトランプ陣営とロシアの癒着について「証拠なし」と結論

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.19> 飛び交う記事の見出しと非公開の議員の打ち合わせを見て、トランプ政権のホワイトハウスに問題が起きていると結論するのは難しい事ではない。 しかし、 …

クリントンのロシア・ウラン疑惑の証拠を握る人物が明らかに

ロイターは、ヒラリー・クリントン氏のロシアとのウラン取引をめぐる疑惑の証人がウィリアム・D・キャンベルという元ロビー活動家であることを独占情報として報道した。キャンベル氏はウラン疑惑に関する動かぬ証拠 …

ボルトン:米国はアフリカでの中国・ロシアの影響力を阻止しなければならない

<引用元:デイリー・シグナル 2018.12.13> 米国は、貿易、テロとの戦い、そして経済援助の提供に関するアフリカ政策を見直し、中国とロシアの増大する影響力に歯止めをかけなければならない、とホワイ …

ミュラー特別検察官はトランプがコミーに糾弾されたことと同じことをやっていた:書籍より

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.10> ジェームズ・コミーFBI前長官は上院の議会証言で、当時の国家安全保障担当補佐官、マイケル・フリンを捜査から放免させるよう「指示」を与えていたと訴えた …

知っていましたか?トランプの大統領選勝利後にロシアがやったこと

2月16日、いわゆる「ロシア疑惑」を捜査するロバート・モラー特別顧問は、大統領選挙に干渉したとしてロシアの13人の個人と3つの企業の起訴を発表した。しかし依然としてトランプ陣営との共謀の証拠は発見され …

アーカイブ

@JpWelovetrump