記事翻訳

トランプ、再選されたら特に子供の慢性疾患増加を調査する委員会を設立すると約束

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2023.6.6

ドナルド・トランプ前大統領は6日、もし2024年に再選されたら、特に子供の間で増加する慢性疾患などの健康問題を調査する委員会を設立すると約束した。

「自閉症、自己免疫疾患、肥満、不妊、重篤なアレルギー、そして呼吸器疾患が驚くほど増加しています。今こそ、どのような状況であるかを問うべき時です」とトランプは、自身の「Agenda47」シリーズの一環としてビデオメッセージで述べた

「毎年我々は、そもそも何がこうした慢性的問題の原因となっているかを調べるよりむしろ、その対処に何千億ドルも費やしています。我々の公衆衛生当局は、大手製薬会社と緊密過ぎることが余りにも多く・・・そして子供たちの健康に何が起きているかについて厳しい質問をしたくありません」とトランプは述べた。「もし大手製薬会社が米国の患者と納税者から騙し取り、人々より利益を優先させているとしたら、調査を受け説明責任を負わなければなりません」

増加する健康問題についてのトランプの主張は、複数の研究によって裏付けられている。

疾病対策センターによると、2000年には、150人に1人の子供が8歳までに自閉症スペクトラム障害と診断された。2020年までに、その数は36人に1人に増加した。

一方、ヘルスラインが調査した研究では、喘息患者が1999年以来43パーセント増加しており、約4200万人の米国人が呼吸器疾患と診断されていることがわかっている。またアレルギーも、米国の人口の30パーセントまで影響されており、増加していることが研究でわかった。

国立衛生研究所の2020年の論文では、自己免疫疾患が「米国で増加するかもしれない」ことがわかった。

CDCによると、2000年に30.5%だった米国の肥満率が、2020年には41.9%に増加したことがわかった。

不妊症の傾向は追跡がもっと難しいが、米国の出生率は、こちらもCDCのデータによれば2007年以来低下している。

「私はホワイトハウスに戻った時には、大手製薬会社から金銭を受けない、独立心を持った大統領特別委員会を設立します。そして数十年にわたる慢性疾患増加の原因の調査に当たらせます」ともトランプは述べた。「これは長年の懸案だった話―米国の家庭にとってふさわしい話です」

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが中間選挙では有権者が「米国の未来を救う」と予測、2024年の大統領選出馬を示唆

<引用元:FOXニュース 2022.7.26> 「米国民はジョー・バイデン、ナンシー・ペロシ、チャック・シューマー、そして極左の失敗した統治を地滑り的に拒絶して重大な結果をもたらす用意ができている」と …

黒人有権者、バイデン支持15ポイント不足でトランプを勝利に押し上げる

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.8.31>ワシントン・シークレット論説・ポール・ベダード氏 新たな調査結果によると、トランプ大統領に対する黒人有権者の支持は、陣営幹部が再選勝利に必要と考 …

ドナルド・トランプ:共和党議員はオバマケアを何とかするまで8月の休暇を取るべきではない

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.19> ドナルド・トランプ大統領は、オバマケアについての法案を通過させるまで共和党の上下両院議員は8月の休暇のためにワシントンDCを離れるべきではない …

医薬品生産が中国から米国内へ回帰、その一例

<引用元:タウンホール 2020.7.28> 28日夜、ホワイトハウスからの話の中で、元カメラ・フィルム会社のコダックが製薬会社に転向するとトランプ大統領は発表した。注意を要し極めて重要な医療サプライ …

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24> 元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。 ハーシェル・ウォーカーはトランプとの …

アーカイブ

@JpWelovetrump