記事翻訳

世論調査:アメリカ人は圧倒的にサンクチュアリ・シティ(聖域都市・移民保護地域)に反対

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2017.2.21>

(抄訳)
ザ・ヒル紙に独占情報として寄せられたハーバード・ハリスによる世論調査によれば、調査対象の80パーセントが地元当局は接触してきた不法移民を連邦職員に通報することで法を順守すべきだと言っていることが分かった。

現状では国内の何百という都市(その多くが民主党の首長を持つ)がそれを拒否している。

トランプは、ジョン・ケリー国土安全保障長官にそのようなサンクチュアリ・シティへの政府助成を打ち切る方法を見つけるよう指示する大統領令にサインした。ロイターの分析では、アメリカのトップ10のサンクチュアリ・シティが公共医療サービスから幼児教育にいたる事業に対して22億7千万ドルの連邦政府の助成金を受け取っていることが分かっている。

ケリーは不法入国者を拘留し国外追放するために広範な権威を持った新たな移民局職員を数千人雇用する予定であるが、連邦政府とサンクチュアリ・シティ間の対決となる可能性がある。

ハーバード・ハリスの世論調査では、移民法の全面見直しに対する強い支持があることが分かっており、77パーセントが包括的な移民改革を支持しており反対しているのは23に過ぎない。

トランプの選挙運動で折り紙つきであった、賛否の分かれる移民についての提案のいくつかが支持されているということが調査の中で分かった。

47パーセントが難民を受け入れることは国にとってマイナスの影響があると言っており、それに対してプラスの影響があると答えたのは33パーセントだけだった。
アメリカが10万人のシリア難民を受け入れる予定だと聞かされた回答者は、51パーセントがその数を減らすべきだと答え、34パーセントが適切な数だと答えた。そして15パーセントがもっと受け入れるべきだと答えた。

「アメリカ人は、包括的な移民改革とより厳しい検査と難民削減の両方を支持している。思いやりと強固な国境を合わせたものを求めているのだ。」「国民はISISが最も大きな脅威だと思っており、それが難民受け入れについての懸念に拍車をかけている」と、ハーバード・ハリスのペン氏は語った。

2,148名に対するオンライン調査は2月11から13日に行われた。政党は民主党39パーセント、共和党30パーセント、無所属27パーセント、その他が5パーセント。ハーバード・ハリス世論調査は、Harvard Center for American Political StudiesとThe Harris Pollの共同による。

-記事翻訳
-,

関連記事

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8> 米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、 …

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

@JpWelovetrump