記事翻訳

バイデンとトランプの機密文書捜査に対する司法省の「異なる対応」に対して高まる疑問

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2023.1.18

(ワシントン)下院司法委員会のジム・ジョーダン委員長は18日、司法省がバイデン大統領の弁護士に、FBIの監督なしにデラウェア州の大統領の自宅を調査する事を許したという報道を受けて同省を厳しく非難した。同省は昨年8月、トランプ前大統領のマーアラゴ住居の家宅捜索中、前大統領の弁護チームに同じ機会を提供しなかった。

FOXニュースとのインタビューで、ジョーダン議員(共和党、オハイオ)は、司法省は「法律の下で人によって異なる扱い」を与えていたという内部告発があり、「それは司法制度の運営されるべき方法ではなく、政治的な基準で運営されてはならない」と主張した。

ウォールストリート・ジャーナルは17日、司法省は、80歳の大統領のウィルミントンとリホーボス・ビーチの住居の捜索を実施―あるいは監視―するのに連邦捜査員を派遣するどころか、バイデンの弁護士に機密の書類を発見したら法執行機関が保管できるように知らせるよう依頼していたと報じた。

「トランプ前大統領の機密文書問題の扱いと、バイデンに対する扱いは全く異なる」と、ジョーダンは「The Story」の司会者マーサ・マッカラムに話した。

ジョーダンは続けた。「彼らにはチャンスがありました、司法省は、弁護士に同行するチャンスを与えられていたのです。彼らの返事はノーでした。ところが最終的に行った時、こうした文書を発見した時、ついにそれを実際に確保しに行った時に、ホワイトハウス弁護士が司法省職員と同行するというのです」

「それで彼らはやりましたが、私から見ればすべてが、やるべき事と逆です―あるいは少なくとも違っています。ですから我々は、今回の連邦議会中、司法委員会でこれについて調査するつもりです」とジョーダンは続けた。

一方、トランプの弁護士は昨年8月8日に、FBI捜査官が第45代大統領のパームビーチの自宅と事務所を捜索するのを支援することも、見ることすらも許されなかったが、そこには150以上の機密文書がしまい込まれていた。

元FBI捜査官でジョージ・マンソン大学法科学教授のスティーブン・バーマイスターは、2つの事件の対応の違いは「異常に思える」と本紙に話した―特に司法省がすでに、バイデンがワシントンのシンクタンク内の前の事務所に機密・極秘文書を以前保持していたことを知っていたためだ。

バーマイスターは述べた。「もし例外なく公平にやりたいと思うなら、ある事件でやろうとすることは別の事件でもやるべきです。私が事件に携わる場合、過去に起きた前例をすべて引っ張り出します―それが以前行ったことであるなら、なぜ今別のやり方をするのでしょうか?」

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

FBI家宅捜索に新展開:トランプには持ち帰った文書を機密解除する「内務規定」があった

<引用元:JustTheNews 2022.8.13> トランプ前大統領事務所が、マーアラゴの機密文書につながったこれまで申告されなかった手続きを説明 ドナルド・トランプ事務所は12日、FBIがマーア …

司法省・FBIについて「極めて都合の悪い」情報がまもなく暴露とショーン・ハニティ消息筋

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.4.1> フォックスニュース司会者のショーン・ハニティは1日、司法省とFBIの不正疑惑に関してまもなく公開される可能性のある情報が、「極めて都合の悪い」も …

トランプへの特別検察官任命は民主党の裏目に出る?その理由とは

<引用元:JustTheNews 2022.11.23> 従来型の報道機関の多くは、ドナルド・トランプの捜査のためにバイデン政権司法省がジャック・スミス特別検察官を任命したことは、前大統領にとって不吉 …

フリン、そして政治的な物語の解剖

<引用元:ナショナル・レビュー 2020.5.9>アンドリュー・C・マッカーシー氏による寄稿 オバマ政権高官とFBIは、「ロシア共謀」の物語をでっち上げるために共謀した オバマの司法省が役目を怠ってい …

アーカイブ

@JpWelovetrump