記事翻訳

ワシントン・ポスト、何年もの報道とは裏腹にロシアの荒らしは「2016年の投票にほとんど影響なし」と認める

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2023.1.9

ワシントン・ポストは、2016年大統領選挙においてロシアがソーシャルメディアに残した足跡という点で干渉したことは、ドナルド・トランプを大統領の座に着かせるのに、同紙がこれまで大々的に報じたほど重要ではなかったことを認めた。

同紙は、「ロシアのツイッターでの荒らしは、2016年大統領選投票者にほとんど影響なし」と題した「The Cybersecurity 202」ニュースレターの報告において、ニューヨーク大学ソーシャルメディア・政治センターの新研究結果を引用した。1つのソーシャル・メディア・プラットフォーム、この場合ではツイッターで偽情報と誤情報がどのような影響を与えたかを分析した研究だ。

研究の著者の1人であるジョシュ・タッカーは同紙に話した。「このことから得られた私個人の感想は、これがかなり過剰に宣伝され過ぎていたということです」

「今我々はデータを見直していますが、これがごく一部に集中したものだったかがわかりますし、実にこれらに触れた人々は間違いなく、本当にトランプに投票する可能性が高かったということです。それからこのデータから、こうしたツイートに触れたことと態度を変えたこととに何の関連性も見いだせないことが明らかです」とタッカーは同紙に述べた。

同紙は太字フォントを使用して強調した。「研究はロシアがドナルド・トランプ前大統領に投票した人々に全く影響を与えなかったとまでは極言していない」、「ロシアの荒らしアカウントだとツイッターが認定したアカウントに触れたうち70パーセント」はツイッターユーザーのわずか1パーセントだったことが研究で分かっており、「非常に熱心な共和党員は非共和党員の9倍の投稿に触れていた」、政治家とメディアのコンテンツに比べたらロシアが生み出したコンテンツは「影をひそめてしまう」、そして「ロシアのアカウントと投稿による『政治的態度、分極化、投票の傾向や態度』への測定可能な影響はなかった」と。

最新の報道は、トランプの歴史的な勝利におけるロシアの影響を報じていたワシントン・ポストの過去の報道とは全く対照的だ。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

ウォールストリート・ジャーナル、中国の「コウモリ女」に関する重大情報を報道で除外

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.21> ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は21日の報道で、武漢の研究所がコロナウイルス発生との関連性はないとしている中国のコウモリ感染ウイルス研究の …

回想:バイデンはメディアをいじめないと言っていた

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.24> ジョー・バイデン大統領は2020年に、報道機関に対する「攻撃」は「独裁主義者の戦略の1つ」だと述べた。 バイデンは、世界報道自由デーに「報道の自由」 …

トランプが2018年ロシアゲートの賞を固持したピューリッツァー賞理事会を叱責:「最大の報道ミス」

<引用元:FOXニュース 2022.7.18> 「全ての選択肢がテーブル上にある」とトランプの法的戦略に詳しい消息筋 トランプ前大統領は、トランプ陣営とロシアの間の「大部分が虚偽だと暴露された」共謀疑 …

悪評生んだトランプのジョージア州高官との電話報道でメディア引用の間違いが判明

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.3.14> ドナルド・トランプ前大統領とジョージア州調査責任者との電話についての当初の報道には間違った引用が含まれており、少なくとも2つの報道機関が訂正や …

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

アーカイブ

@JpWelovetrump