記事翻訳

回想:バイデンはトランプによるコロナ渡航制限を「外国人嫌悪」と示唆した

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.11.26

ジョー・バイデン大統領は、コロナウイルスの懸念から米国への渡航制限を実施した。以前、トランプ前大統領が2020年に同じことを実施した際は外国人嫌悪だとして非難したにもかかわらず、だ。

昨年トランプが、コロナウイルスの拡大に対応して中国から米国への渡航制限を実施した翌日、大統領候補だったバイデンはこうツイートした。「我々はコロナウイルスの危機の真っただ中にある。我々は科学によって道を開く必要がある―ドナルド・トランプが行ったこれまでのヒステリー、外国人嫌悪、恐怖の煽りによってではない。彼は世界的保健の緊急事態の中で国を主導するには考えられる最悪の人物だ」

その前日、中国からの渡航制限に加え、トランプはエリトリア、キルギスタン、ミャンマー、ナイジェリア、スーダン、そしてタンザニアといった6カ国への「渡航禁止」を延長するという宣言を出した。

トランプの当初の渡航制限は、2017年に出され、6つのイスラム教徒が多数を占める国から来る人々が厳密に審査できていないという懸念から、そうした国からのビザ申請と難民のための新基準を定めた。

バイデンはその後、外国人嫌悪のコメントを撤回しようとし、外国人嫌悪について一般論を述べたのであって渡航制限のことに直接言及したのではなかったと討論中に主張した。

「壁はコロナウイルスを止められない。ヨーロッパ―または世界の他の地域―からすべての渡航を禁止しても止められないだろう。この病気は地球上のすべての国とすべての人に影響を及ぼす恐れがある―そして我々はそれと戦う計画が必要だ」とバイデンは、2020年3月にツイートした。

バイデンは、アフリカの特定の国からの一時的入国禁止を「恥」とも呼んだ。

カマラ・ハリス副大統領も、その件については「非アメリカ的」な動きだとしてトランプを批判した。

26日、オミクロン変異として知られる新型のコロナウイルス変異型への対応として、バイデン政権はアフリカの複数の国から米国への渡航を制限すると発表した。

渡航制限は、南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、そしてマラウィに適用される。

欧州連合、イギリス、そしてイスラエルは新変異種に対応して南アフリカへの渡航を停止している。

-記事翻訳
-

関連記事

アンドリュー・クオモ知事がトランプを「驚くほど連絡が取りやすい」と絶賛:「ニューヨークのために職務遂行」

<引用元:ワシントン・タイムズ 2020.4.13> ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、州でのコロナウイルス・パンデミックに対するトランプ大統領の対応を高く称賛した。 「ニューヨークをまっと …

トランプ、新動画メッセージでCOVID-19感染は「神の恵み」と語る

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.7> A MESSAGE FROM THE PRESIDENT! pic.twitter.com/uhLIcknAjT — Donald J. Trum …

コロナウイルスは日光と湿気で弱まるとトランプ、当局者が示唆

<引用元:FOXニュース 2020.4.23> トランプ大統領と保健当局者は23日、コロナウイルスは直射日光への暴露に加えて高い気温と湿度ですぐに死ぬと主張し、伝染の脅威が夏期に大幅に弱まる希望が出て …

米下院で中国からのサプライチェーン回帰支持が高まる

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.4.18> 医療用品製造の中国から米国への回帰に対する支持が下院で高まりつつあり、議員は新型コロナウイルスを世界に与えた国からの撤退を目指している。 こ …

トランプがコロナウイルス対策ウェブサイトに関する誤報についてフェイクニュース・メディアを非難

<引用元:タウンホール 2020.3.15> トランプ大統領は15日、グーグルが連邦政府と共同で作成中の全国的な武漢コロナウイルス対策ウェブサイトに関する間違った報道をしたフェイクニュース報道機関を非 …

アーカイブ

@JpWelovetrump