記事翻訳

回想:バイデンはトランプによるコロナ渡航制限を「外国人嫌悪」と示唆した

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.11.26

ジョー・バイデン大統領は、コロナウイルスの懸念から米国への渡航制限を実施した。以前、トランプ前大統領が2020年に同じことを実施した際は外国人嫌悪だとして非難したにもかかわらず、だ。

昨年トランプが、コロナウイルスの拡大に対応して中国から米国への渡航制限を実施した翌日、大統領候補だったバイデンはこうツイートした。「我々はコロナウイルスの危機の真っただ中にある。我々は科学によって道を開く必要がある―ドナルド・トランプが行ったこれまでのヒステリー、外国人嫌悪、恐怖の煽りによってではない。彼は世界的保健の緊急事態の中で国を主導するには考えられる最悪の人物だ」

その前日、中国からの渡航制限に加え、トランプはエリトリア、キルギスタン、ミャンマー、ナイジェリア、スーダン、そしてタンザニアといった6カ国への「渡航禁止」を延長するという宣言を出した。

トランプの当初の渡航制限は、2017年に出され、6つのイスラム教徒が多数を占める国から来る人々が厳密に審査できていないという懸念から、そうした国からのビザ申請と難民のための新基準を定めた。

バイデンはその後、外国人嫌悪のコメントを撤回しようとし、外国人嫌悪について一般論を述べたのであって渡航制限のことに直接言及したのではなかったと討論中に主張した。

「壁はコロナウイルスを止められない。ヨーロッパ―または世界の他の地域―からすべての渡航を禁止しても止められないだろう。この病気は地球上のすべての国とすべての人に影響を及ぼす恐れがある―そして我々はそれと戦う計画が必要だ」とバイデンは、2020年3月にツイートした。

バイデンは、アフリカの特定の国からの一時的入国禁止を「恥」とも呼んだ。

カマラ・ハリス副大統領も、その件については「非アメリカ的」な動きだとしてトランプを批判した。

26日、オミクロン変異として知られる新型のコロナウイルス変異型への対応として、バイデン政権はアフリカの複数の国から米国への渡航を制限すると発表した。

渡航制限は、南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、そしてマラウィに適用される。

欧州連合、イギリス、そしてイスラエルは新変異種に対応して南アフリカへの渡航を停止している。

-記事翻訳
-

関連記事

「賢明な人たちには明白」:研究所流出説をずっと確信とトランプ

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.25> ドナルド・トランプ前大統領は25日に声明を発表し、武漢ウイルス研究所がCOVID-19の起源だとする自身の長期にわたる主張に「誰もが同意している」と …

トランプ、COVID-19隠蔽に関する独自報道後に中国を非難

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.9.21> トランプ大統領は、中国の習近平主席と北京がコロナウイルス・パンデミックを抑制できず、世界への拡散を許して、20万人近い米国人が死亡したことに関して …

コロナウイルスのパンデミックの影響を受けたアメリカ人全員と、国家的対応の取り組みのための国家的祈りの日の宣言

<引用元:ホワイトハウス 2020.3.14> 本当にまさかという時に、アメリカ人は常に試練と不安の時期を切り抜けられるよう祈りに救いを求めてきました。コロナウイルスのパンデミックによって生じた類のな …

タッカー・カールソン:誰もが何カ月も知っていたことをファウチが認める――学校を閉鎖してはならない

<引用元:FOXニュース 2020.11.30-12.1>オピニオン:タッカー・カールソン氏 感謝祭の休日に見逃した場合に備えてお話ししますが、米国の公衆衛生機関は、はっきりとした理由なしに子供たちを …

WHOは中国当局に武漢調査への参加科学者に対する拒否権を与えた(報道)

<引用元:デイリー・コーラー 2021.3.18> ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、中国政府は武漢でのコロナウイルスの起源に対する世界保健機関の調査に厳格な管理を維持していた。どの科学者 …

アーカイブ

@JpWelovetrump