記事翻訳

共和党の82%が外交・制裁失敗時の北朝鮮に対する軍事攻撃を支持(ギャラップ調査)

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.19>

北朝鮮に対する米国民の態度は変わりつつあるようだ。その変化は必ずしも従順な方にではない。ならず者国家に対する軍事的な対応を支持する米国民の数は、ギャラップの最新の世論調査によると「著しく増えて」いる。

ギャラップのアナリスト、リディア・サード氏は次のように報告している。「北朝鮮がミサイルの発射テストを続け、米国と地域の同盟国を挑発的に脅迫する中、米国民の過半数は、少なくとも最後の切り札として同国に軍事行動を行うことを支持しようとしているようだ。具体的には、経済的、外交的取り組みで米国の目標を達成できない場合に北朝鮮に軍事行動を起こすことを、58パーセントが支持していると答えている。この数字は、2003年にギャラップが調査したときの47パーセントという数字を著しく上回っている」

サード氏は「米国の北朝鮮に対する態度は、2003年同様、党によって偏りがある」と述べており、最新の調査では共和党の82パーセントが平和的手段が失敗した場合の軍事行動を支持しているが、それに対して民主党では37パーセントとなっている。

「民主党で軍事行動を支持する率は、2003年以来ほとんど変わっておらず、現在が37パーセント、当時が41パーセントだ。大きな変化があったのは共和党であり、軍事行動に対する支持は23パーセント上昇している」とサード氏は述べた。

無党派の中では、2003年の調査で41パーセントが北朝鮮に対する軍事行動を支持していた。その数字は今回56パーセントに上昇した。

外交や経済制裁による事態の平和的解決についての楽観傾向も減少傾向にある。2003年の調査では、米国人の四分の三が問題は平和的に解決できると確信していた。その数字は現在50パーセントに下がっている。

しかしながら、北朝鮮は「はったりをかけている」と考えている米国人も多い。

「北朝鮮の指導者、金正恩がここ数カ月激しい口調で米国本土を壊滅させると言っているにもかかわらず、今後6カ月以内に北朝鮮が米国に軍事行動を起こすのではないかと考えているのは、米国人の半数をはるかに下回る38パーセントだ。前回の28パーセントという数字より上がっているが、少数派の見方であることは明らかだ」とアナリストは述べている。

調査は1,022名の米国の成人に対して9月6日から10日に実施された。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが北朝鮮との貿易関係について中国を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.5> ドナルド・トランプは水曜日、ならず者国家の核の脅威に対する「中国の協力はやはりだめだった」とツイートして、中国が北朝鮮との経済関係を継続して …

団結失敗にバイデン支持基盤の崩壊が進行

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.9.26>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 就任演説ではそれを8回繰り返し、「民主主義で最も達成しがたいこと」とさえ呼んでいた。 だが …

ゴルカ補佐官:北朝鮮の「状況は根本的に変わった」、なぜなら「アメリカが帰ってきた」から

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.19> 元ブライトバート・ニュース国家安全保障編集委員で、現在はホワイトハウス国家安全保障補佐官であるゴルカ博士は、水曜日のブライトバート・ニュース・ …

FOXニュース世論調査:バイデンに対する否定的な見方が過去最高に

<引用元:FOXニュース 2022.6.16> バイデン大統領に対する否定的見方が最新FOXニュース世論調査で過去最高に 57パーセントはバイデンに否定的な見方をしており、42パーセントが肯定的な見方 …

バイデンが民主党で支持失う、2024勝利にバイデンが最善と回答したのはわずか36%

<引用元:FOXニュース 2021.11.1> 最新世論調査によると、民主党の大多数は、バイデン大統領以外の人物なら2024年大統領選で民主党が勝利する最善のチャンスが与えられると考えている。

アーカイブ

@JpWelovetrump