記事翻訳

タリバンは「米国人を捜索」しており、逃げようとする自分に発砲、とアフガンに足止めされた妊娠中の米国市民

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.5

アフガニスタンに閉じ込められた妊娠中のカリフォルニア出身者であるナスリアは、その国で自分が死ぬことを恐れており、タリバンは「米国人を探し出そうとしている」と述べた、とボイス・オブ・アメリカ(VOA)は報じた。

3日に公開されたVOAによるナスリアのインタビューによると、タリバンのメンバーは、米国市民を見つけ出そうと「戸別訪問して・・・青色のパスポートを持っていないか確認しようとしている」。

「『家にたどり着けるだろうか?ここで暮らすことになるのだろうか?ここで死ぬことになるのだろうか?どうなるのだろうか?』と私は心の中で思っています」とナスリア(25歳)はVOA国防総省特派員のカーラ・バブに話した。

ナスリアとアフガン人の夫は最初に、カブール空港から飛行機で避難しようとしていた。彼女は混乱した経過を説明し、「飛行機に乗るのは非常に困難でした。私たちは数日野宿しなければなりませんでした。人々は文字通り人々をまたいでいました。それほど悪い状況でした」とVOAに伝えた。

最終的に、ナスリアのアフガニスタン出国のフライトはキャンセルされ、基本的に国内に足止めされることになった。国務省はそれから、特定の場所にたどり着くことができたら「迎えに行く」ことができるとナスリアに伝えた。だがナスリアは、その地域に入ろうとした時タリバンに銃を突き付けられて阻止されたと述べた。

「味方の兵士は文字通りゲートにいて私たちが歩いていくのを待っていましたが、彼らが阻止したのです」と彼女は述べた。ある時にナスリアは急いでタリバンを通り過ぎようとしたが、タリバンに発砲され戻るよう命じられたと述べた。

ナスリアはアフガニスタンに足止めされており、国務省は彼女に動かないでいるように伝えたと述べた。本紙が以前報じたように、8月23日、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、米国人がアフガニスタンに足止めされていることを否定し、そうした表現を「無責任」と呼んだ。

共和党のダレル・アイサ下院議員は、アフガニスタンに残された米国人救出に取り組んでいるが、先週FOXニュースに対して「足止めされている人がいないという人は間違っている」と述べた。

-記事翻訳
-

関連記事

カブール米ドローン攻撃で殺害されたのは無実のアフガン人・ISIS-Kはいなかった、国防総省捜査が裏付け

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.17> 米中央軍幹部のケニス・マッケンジー将軍は17日、捜査の結果、米国のカブールでのドローン攻撃で死亡したのは子供を含む複数の市民であり、ISIS-Kメン …

アフガン崩壊をトランプのせいにするな、オバマの責任だ

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.8.13>ジェームズ・カラファノ氏による論説 アフガニスタンから唐突に撤退するというジョー・バイデン大統領の決断は、目に見える出口戦略なしに同国を残忍で …

私がトランプ政権のアフガン撤退を担当―バイデンが我々のせいにしようとするのは全く遺憾だ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.8.19>カッシュ・パテル氏による論説 ジョー・バイデン大統領は、アフガニスタンの衝撃的な結末をトランプ政権から「受け継いだ」状況のせいにしようとしている。全 …

トランプがバイデンのアフガン撤退を非難、自分なら中国の核テスト監視のためにバグラム空軍基地は保持していたと発言

<引用元:FOXニュース 2022.4.22> ドナルド・トランプ前大統領は21日の演説で、バイデン大統領は米軍がアフガニスタンのバグラム空軍基地から撤退したことなどによって、米国を敵に対してより脆弱 …

アフガニスタン訪問はトランプが決して孤立主義者でないことを明らかにした

<引用元:デイリー・シグナル 2019.12.2>ジェームズ・カラファノ氏による解説 ドナルド・トランプ大統領の批判者にとっては楽しい感謝祭ではなかった。大統領がアフガニスタンへのサプライズ訪問によっ …

アーカイブ

@JpWelovetrump