記事翻訳

タリバンは「米国人を捜索」しており、逃げようとする自分に発砲、とアフガンに足止めされた妊娠中の米国市民

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.5

アフガニスタンに閉じ込められた妊娠中のカリフォルニア出身者であるナスリアは、その国で自分が死ぬことを恐れており、タリバンは「米国人を探し出そうとしている」と述べた、とボイス・オブ・アメリカ(VOA)は報じた。

3日に公開されたVOAによるナスリアのインタビューによると、タリバンのメンバーは、米国市民を見つけ出そうと「戸別訪問して・・・青色のパスポートを持っていないか確認しようとしている」。

「『家にたどり着けるだろうか?ここで暮らすことになるのだろうか?ここで死ぬことになるのだろうか?どうなるのだろうか?』と私は心の中で思っています」とナスリア(25歳)はVOA国防総省特派員のカーラ・バブに話した。

ナスリアとアフガン人の夫は最初に、カブール空港から飛行機で避難しようとしていた。彼女は混乱した経過を説明し、「飛行機に乗るのは非常に困難でした。私たちは数日野宿しなければなりませんでした。人々は文字通り人々をまたいでいました。それほど悪い状況でした」とVOAに伝えた。

最終的に、ナスリアのアフガニスタン出国のフライトはキャンセルされ、基本的に国内に足止めされることになった。国務省はそれから、特定の場所にたどり着くことができたら「迎えに行く」ことができるとナスリアに伝えた。だがナスリアは、その地域に入ろうとした時タリバンに銃を突き付けられて阻止されたと述べた。

「味方の兵士は文字通りゲートにいて私たちが歩いていくのを待っていましたが、彼らが阻止したのです」と彼女は述べた。ある時にナスリアは急いでタリバンを通り過ぎようとしたが、タリバンに発砲され戻るよう命じられたと述べた。

ナスリアはアフガニスタンに足止めされており、国務省は彼女に動かないでいるように伝えたと述べた。本紙が以前報じたように、8月23日、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、米国人がアフガニスタンに足止めされていることを否定し、そうした表現を「無責任」と呼んだ。

共和党のダレル・アイサ下院議員は、アフガニスタンに残された米国人救出に取り組んでいるが、先週FOXニュースに対して「足止めされている人がいないという人は間違っている」と述べた。

-記事翻訳
-

関連記事

「プーチンは注視していた」:プーチン、習は「もう我々の国を尊敬していない」とトランプ

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.10> ドナルド・トランプ前大統領は10日の「ハニティ」で、アフガニスタン撤退後、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は米国に対する尊敬の念を失ったと述べた …

トランプ、タリバンが米国の兵器を返還しなければ「明白な軍事力」を行使するよう要求

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.30> ドナルド・トランプ前大統領は8月30日、米軍撤退中に残された武器分の何百億ドルもの費用返還をタリバンが拒否するなら、米国はテログループに対して「明白 …

トランプがバイデンのアフガン撤退を非難、自分なら中国の核テスト監視のためにバグラム空軍基地は保持していたと発言

<引用元:FOXニュース 2022.4.22> ドナルド・トランプ前大統領は21日の演説で、バイデン大統領は米軍がアフガニスタンのバグラム空軍基地から撤退したことなどによって、米国を敵に対してより脆弱 …

世論調査:米国人の70%、バイデンのアフガニスタン軍事作戦対応を不支持

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.16> 16日発表の世論調査によると、米国人の圧倒的多数はジョー・バイデン大統領のアフガニスタンでの軍事作戦対応に不満を示している。

極度の警備の中、トランプのアフガニスタン感謝祭訪問はこうして秘密裏に実行された

<引用元:FOXニュース 2019.11.29> トランプ大統領は感謝祭の朝、アフガニスタンを訪れて部隊の労をねぎらって七面鳥の夕食を振る舞い、部隊と報道機関を驚かせた――が、そうするためには、安全性 …

アーカイブ

@JpWelovetrump