記事翻訳

タリバンは「米国人を捜索」しており、逃げようとする自分に発砲、とアフガンに足止めされた妊娠中の米国市民

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.5

アフガニスタンに閉じ込められた妊娠中のカリフォルニア出身者であるナスリアは、その国で自分が死ぬことを恐れており、タリバンは「米国人を探し出そうとしている」と述べた、とボイス・オブ・アメリカ(VOA)は報じた。

3日に公開されたVOAによるナスリアのインタビューによると、タリバンのメンバーは、米国市民を見つけ出そうと「戸別訪問して・・・青色のパスポートを持っていないか確認しようとしている」。

「『家にたどり着けるだろうか?ここで暮らすことになるのだろうか?ここで死ぬことになるのだろうか?どうなるのだろうか?』と私は心の中で思っています」とナスリア(25歳)はVOA国防総省特派員のカーラ・バブに話した。

ナスリアとアフガン人の夫は最初に、カブール空港から飛行機で避難しようとしていた。彼女は混乱した経過を説明し、「飛行機に乗るのは非常に困難でした。私たちは数日野宿しなければなりませんでした。人々は文字通り人々をまたいでいました。それほど悪い状況でした」とVOAに伝えた。

最終的に、ナスリアのアフガニスタン出国のフライトはキャンセルされ、基本的に国内に足止めされることになった。国務省はそれから、特定の場所にたどり着くことができたら「迎えに行く」ことができるとナスリアに伝えた。だがナスリアは、その地域に入ろうとした時タリバンに銃を突き付けられて阻止されたと述べた。

「味方の兵士は文字通りゲートにいて私たちが歩いていくのを待っていましたが、彼らが阻止したのです」と彼女は述べた。ある時にナスリアは急いでタリバンを通り過ぎようとしたが、タリバンに発砲され戻るよう命じられたと述べた。

ナスリアはアフガニスタンに足止めされており、国務省は彼女に動かないでいるように伝えたと述べた。本紙が以前報じたように、8月23日、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、米国人がアフガニスタンに足止めされていることを否定し、そうした表現を「無責任」と呼んだ。

共和党のダレル・アイサ下院議員は、アフガニスタンに残された米国人救出に取り組んでいるが、先週FOXニュースに対して「足止めされている人がいないという人は間違っている」と述べた。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプが「大急ぎの」アフガン撤退を非難、「無能な」バイデンの責任と主張

<引用元:FOXニュース 2021.9.10> (独自)トランプ前大統領は、バイデン政権がアフガニスタンから「大急ぎで」軍を撤退したことほど、米国にとって「大きな恥はこれまでになかった」と述べ、米国は …

バイデンのアフガン危機は「米国の歴史上で最もばかな行動」とトランプ

<引用元:FOXニュース 2021.8.27> ドナルド・トランプ前大統領は26日の「ハニティ」の独占インタビューで、ジョー・バイデン大統領がアフガニスタンの危機を増大させたのは、「おそらく米国の歴史 …

タリバン和平合意は歴史的であり、単なる「世論向け」ではない――アフガン帰還兵が言うのだから間違いない:コーリー・ミルズ

<引用元:FOXニュース 2020.2.29>コーリー・ミルズ氏による寄稿 米国、タリバン、そしてアフガニスタン政府がタリバンとの暴力削減の合意を固める共同宣言に署名したことで、ドナルド・トランプ大統 …

トランプがバイデンのアフガン出口戦略を「弱さ、無能力」によるものと非難

<引用元:JustTheNews 2021.8.14> ドナルド・トランプ前大統領は14日夜、バイデン大統領のアフガニスタン出口戦略を非難し、「弱さ、無能力、完全に支離滅裂な戦略」によって動かされたも …

アフガンの終わりのない戦争を終わらせる約束をトランプが成就する絶好の時期

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.11>ブラッド・ポランボ氏による論説 トランプ大統領がアフガニスタンの戦争に反対を唱えてきた記録は10年ほど前に遡る。2013年に、当時一般市民だっ …

アーカイブ

@JpWelovetrump