記事翻訳

トランプがフェイスブック、ツイッター、グーグルを不法検閲で提訴

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.7

ドナルド・トランプ前大統領は、自身のアカウントをプラットフォーム上で不当に検閲したとしてフェイスブック、ツイッター、グーグルに訴訟を起こす計画であると7日に発表した。

集団訴訟はAP通信社が最初に報じたが、トランプが原告代表となり、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、ツイッターのジャック・ドーシーCEO、グーグルのサンダー・ピチャイCEOに、各プラットフォーム上の自身のアカウントと特権を回復することを要求する。ソーシャルメディア・プラットフォームは、アカウント停止はトランプ支持者が1月6日に米国国会議事堂に乱入したことによるものだとしており、トランプがそれを扇動したとしている。トランプは今も、2020年選挙が不正だった、または不正に操作されたものだったと不当に主張している。

「今日、アメリカファースト政策と併せて、私は―集団訴訟の代表者として―フェイスブック、グーグル、ツイッターを始めとするビッグテック企業に対し、またそのCEOであるサンダー・ピチャイ、マーク・ザッカーバーグ、ジャック・ドーシーに対しても大規模集団訴訟を起こします。我々は米国南部地区地方裁判所に、ソーシャルメディア企業の米国人に対する不法で恥ずべき検閲を即座に停止するよう命じることを求めていきますが、それがまさに彼らのやっていることです」とトランプは述べた。

トランプの発表の数日前、上級顧問のジェイソン・ミラーは新たなソーシャルメディア・プラットフォームのGETTRを立ち上げていた。ミラーは、同サイトを保守派が検閲を受けることのない「意見を討論する場」だと説明した。

フェイスブックは6月初めに同サイトでのトランプの停止処分を再検討し、停止は2023年1月7日まで2年間継続すると発表した。ツイッターはトランプのアカウント停止期間を明確にしていないが、無期限だと推定されている。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ、民主党とビッグテックが1月6日の件で隠蔽画策と新声明で主張

<引用元:JustTheNews 2023.2.14> 前大統領で2024年大統領候補であるドナルド・トランプは14日、ビッグテックの検閲と2021年1月6日を取り巻く出来事に関して、新たな声明を発表 …

イーロン・マスクがトランプのツイッター利用停止の解除発表後、ACLUはトランプの復帰支持

<引用元:FOXニュース 2022.5.10> テスラCEOが、前大統領のツイッターアカウントを回復させると発言 アメリカ自由人権協会(ACLU)は、イーロン・マスクがツイッターの買収を完了したらトラ …

イーロン・マスクのツイッター買収でもトランプは復帰せず、自身のTRUTH Social使用開始へ

<引用元:FOXニュース 2022.4.25> トランプ、マスクのツイッター買収は前向きな動きだが、自身のプラットフォームに留まると述べる 独自:トランプ前大統領は、イーロン・マスクがツイッターを買収 …

世論調査:約半数の有権者はフェイスブックのトランプ禁止に反対

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.8> ラスムセン・レポートが5月7日に発表した世論調査によると、米国人有権者の約半数はドナルド・トランプ前大統領のフェイスブックアカウント永久凍結に反対して …

トランプのTRUTH SocialがついにApp Storeで公開

<引用元:デイリー・コーラー 2022.2.21> ドナルド・トランプ前大統領のソーシャル・メディア・プラットフォームが21日に稼働し、アップルの App Storeでダウンロード可能になった。

アーカイブ

@JpWelovetrump