記事翻訳

ミシガン州郵政公社の内部告発者、上司が不正投票に関与と主張

投稿日:2020年11月5日

<引用元:タウンホール 2020.11.4

ジェームズ・オキーフによると、米国郵政公社(USPS)の監察官事務所は捜査中であるという。

(上、本人の投稿)

(投稿の日本語訳=更新:@Project_Veritasは、@USPSの監察官事務所内部の特別捜査官の連絡を受けた。彼は我々の動画のことを知っており、不正行為疑惑が彼らの法的権限の対象となると考えており、捜査が適切であるかどうか評価中だ。ージェームズ・オキーフ(@JamesOKeefeIII))

米国郵政公社のある従業員は、ミシガン州―今回の選挙での大激戦州の1つ―トラバースシティのジョナサン・クラークという上司が不正投票に従事した可能性がある、とプロジェクト・ベリタスに話した。

内部告発者はこう述べた。「我々は今朝、郵便ポスト、回収ボックスにある全ての投票を、総じて発送郵便物のみ収集し、前日の日付の消印を押すことができるように、その日の終わりまでに分類するよう指示を受けた。明確にするために、今日は11月4日だ」

ミシガン州裁判所は、投票日の投票が終わる前に選挙事務員が票を受け取らなければならないと裁定していた。つまり、東部時間で11月3日の午後8時までという意味だ。

内部告発者によると、投票はUSPS配送センターに送られるように「速達便」に入っている。

「かごに関しては、全ての手紙が入る標準のかごがあり、隣に容器があって、そこに今日収集された全ての投票を入れることになっていた」と配達人は述べた。

郵便局の職員は、状況が「怪しく」なり、腐敗を望まないので、報復の可能性を恐れたものの情報提供することに決めたのだと述べた。その人物は、同様のことを目撃している他の職員も申し出て欲しいと述べた。

「スケールの問題に基づいて事態を悪化させたままにするなら、どうやってこの国で品位を保てるというのだろうか?」と、内部告発者は訴えかけた。

プロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフは、管理職のジョナサン・クラークに連絡したが、電話を切られてしまった。

-記事翻訳
-,

関連記事

騙されてはいけない、トランプは「これまで同様に強力」と有力世論調査員

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.12.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 本コラムや他の場所で、ドナルド・トランプ前大統領に挑むロン・デサンティス知事などの浮上を …

FBIが「複数の州」で投票した人々の資料を要求

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.29>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 FBIは、ついに不正投票の主張に目を向けたとみられ、複数の州で投票したとされる人々に対する独自 …

元ホワイトハウス担当医のジャクソン氏、バイデンが大統領にふさわしくないと「確信」

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.13> 元ホワイトハウス担当医のロニー・ジャクソンは13日、民主党大統領候補のジョー・バイデン(77歳)には最高司令官となるための認知能力がないと「確信 …

リンチ(前司法長官)はクリントン陣営の「不正確な」論点を使用してコミーに世間を欺かせることに成功した

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.8> バラク・オバマ時代の前司法長官、ロレッタ・リンチが、ジェームズ・コミーFBI前長官に圧力を加えてクリントンの電子メールサーバー捜査を軽視させ、その件を …

トランプが民主党を討論会前に反社会主義広告で嘲る

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.9.12> (ヒューストン)トランプ大統領は、民主党の2020年大統領選挙ライバルたちの頭上に巨大なバナーを飛ばし、今夜の討論会の空を確保するようだ。 トラン …

アーカイブ

@JpWelovetrump