記事翻訳

ミシガン州郵政公社の内部告発者、上司が不正投票に関与と主張

投稿日:2020年11月5日

<引用元:タウンホール 2020.11.4

ジェームズ・オキーフによると、米国郵政公社(USPS)の監察官事務所は捜査中であるという。

(上、本人の投稿)

(投稿の日本語訳=更新:@Project_Veritasは、@USPSの監察官事務所内部の特別捜査官の連絡を受けた。彼は我々の動画のことを知っており、不正行為疑惑が彼らの法的権限の対象となると考えており、捜査が適切であるかどうか評価中だ。ージェームズ・オキーフ(@JamesOKeefeIII))

米国郵政公社のある従業員は、ミシガン州―今回の選挙での大激戦州の1つ―トラバースシティのジョナサン・クラークという上司が不正投票に従事した可能性がある、とプロジェクト・ベリタスに話した。

内部告発者はこう述べた。「我々は今朝、郵便ポスト、回収ボックスにある全ての投票を、総じて発送郵便物のみ収集し、前日の日付の消印を押すことができるように、その日の終わりまでに分類するよう指示を受けた。明確にするために、今日は11月4日だ」

ミシガン州裁判所は、投票日の投票が終わる前に選挙事務員が票を受け取らなければならないと裁定していた。つまり、東部時間で11月3日の午後8時までという意味だ。

内部告発者によると、投票はUSPS配送センターに送られるように「速達便」に入っている。

「かごに関しては、全ての手紙が入る標準のかごがあり、隣に容器があって、そこに今日収集された全ての投票を入れることになっていた」と配達人は述べた。

郵便局の職員は、状況が「怪しく」なり、腐敗を望まないので、報復の可能性を恐れたものの情報提供することに決めたのだと述べた。その人物は、同様のことを目撃している他の職員も申し出て欲しいと述べた。

「スケールの問題に基づいて事態を悪化させたままにするなら、どうやってこの国で品位を保てるというのだろうか?」と、内部告発者は訴えかけた。

プロジェクト・ベリタスのジェームズ・オキーフは、管理職のジョナサン・クラークに連絡したが、電話を切られてしまった。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国、イラン、北朝鮮による2020年大統領選挙干渉の可能性を政権高官が警告

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.27> トランプ政権高官は、イラン、中国、北朝鮮からの干渉に備えているとしており、ロシアだけが2020年に向けた選挙の安全性に対する脅威ではない。 「ロシア …

テキサス州パクストン司法長官、最高裁への土壇場の選挙異議申し立て訴訟を説明、「信頼できない結果」主張

<引用元:FOXニュース 2020.12.8> 「我々の職務は憲法が順守されていて全ての票が数えられていることを確認すること」とパクストン 選挙の整合性問題は最終的に憲法の順守にまで達し、テキサス州の …

新研究で米政治でのロシアのソーシャルメディア関与について専門家の間違いが明らかに

<引用元:The Nation 2018.12.28> 洗練されたプロパガンダ活動とは程遠く、小規模で、素人くさく、2016年大統領選挙とはほとんど無関係だった アーロン・マテ著 上院が委託した2つの …

トランプがフロリダ滞在初日に民主党を共産主義者と呼び、風車を批判

<引用元:マイアミ・ヘラルド 2019.12.21> ドナルド・トランプ大統領は21日、1時間にわたるスピーチでフロリダ南部での冬期休暇の幕を開けた。それは新北米貿易協定に署名し、政府閉鎖を回避し、弾 …

ホワイトハウスのケイリー・マケナニー報道官、トランプの「地滑り的勝利」を予測

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.11.3> ホワイトハウスのケイリー・マケナニー報道官は3日、トランプ大統領が「地滑り的」にジョー・バイデンに勝利すると予測した。 マケナニーはFOXニュース …

アーカイブ

@JpWelovetrump