記事翻訳

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24

元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。

ハーシェル・ウォーカーはトランプとの37年間の友情関係について懐かしむように語り、左派が大統領を人種差別主義者だと批判する度に個人的に侮辱を受けたと述べた。

「そう考える人たちは自分達が何の話をしているか分かっていません。南部の保守的な地域で育った私は、人種差別主義を間近で見てきました。私はそれがどういうものか知っています―そしてそれはドナルド・トランプのことではありません」と彼は語った。

ウォーカーは、トランプが自分の家族に深く献身し、ビジネスでは全ての人に丁寧に対応したと述べた。

「私は彼がビルの管理人、警備員、そしてウェイターをVIPと同じように扱ったのを見ました。彼らは彼らが特別だと分かっていたのでそう感じさせたのです」

ウォーカーは、トランプが国歌斉唱と国旗を尊重することを擁護し、極左がひざまずいて抗議することに反対した。

「私はそうしたこと全てを気にかけていますが、ドナルド・トランプも同じです。彼は社会正義と黒人社会についてとても気にかけていることを行動によって示しています。そして彼の行動はジャージのどのようなステッカーやスローガンよりも説得力があります」と彼は語った。

ウォーカーは、トランプが特に政治的ライバルに対して公に攻撃的な態度を取ることについて述べ、それをフットボールの試合になぞらえた。

「彼のやり方を好まない人もいます・・・彼が目標の妨げになる障害を倒すやり方を。私が敵チームを倒す時も彼らはそれを好みません。しかしそれがやるべき仕事を果たす方法なのです」と彼は話した。

ウォーカーの演説は多くの左翼の怒りを買った。アリッサ・ミラノもその一人だった。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプは再び安全に「メリークリスマス」といえるようにした

<引用元:リアルクリアポリティックス 2019.12.24>リチャード・ベネデット氏による寄稿 2016年2月初めの激しく雪の降る日曜の午後、共和党大統領候補のドナルド・トランプは、ニューハンプシャー …

トランプ、CPAC演説で自身が「2024指名確実候補者」であり共和党リーダーだと主張の予定という報道

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.2.22> 22日の報道によると、ドナルド・トランプ前大統領は今度の週末にオークランドでの保守派会議に出席する際に、自身が共和党を今も任されており共和党の「2 …

マイク・フリン前国家安全保障担当補佐官が刑事免責を条件に証言を申出

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.30> (抄訳) 報道によると、ドナルド・トランプ大統領の前国家安全保障担当補佐官で元中将のマイク・フリンは刑事免責と引き換えに大統領とロシアのつながり …

フェイスブックとツイッター:ロシア関係者は選挙後トランプを弱体化させようとした

<引用元:ポリティコ 2017/10/31>(抜粋) フェイスブックとツイッターの弁護士は10月31日火曜日、大統領選挙後にSNS上に出されたロシアとつながりのある投稿と広告がドナルド・トランプ大統領 …

内部告発者は2020年米大統領選民主党候補者と「仕事上」のつながりがあった

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.10>バイロン・ヨーク氏 インテリジェンス・コミュニティ監察官(ICIG)のマイケル・アトキンソンは、8月26日の書簡で、トランプのウクライナ問題に …

アーカイブ

@JpWelovetrump