記事翻訳

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24

元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。

ハーシェル・ウォーカーはトランプとの37年間の友情関係について懐かしむように語り、左派が大統領を人種差別主義者だと批判する度に個人的に侮辱を受けたと述べた。

「そう考える人たちは自分達が何の話をしているか分かっていません。南部の保守的な地域で育った私は、人種差別主義を間近で見てきました。私はそれがどういうものか知っています―そしてそれはドナルド・トランプのことではありません」と彼は語った。

ウォーカーは、トランプが自分の家族に深く献身し、ビジネスでは全ての人に丁寧に対応したと述べた。

「私は彼がビルの管理人、警備員、そしてウェイターをVIPと同じように扱ったのを見ました。彼らは彼らが特別だと分かっていたのでそう感じさせたのです」

ウォーカーは、トランプが国歌斉唱と国旗を尊重することを擁護し、極左がひざまずいて抗議することに反対した。

「私はそうしたこと全てを気にかけていますが、ドナルド・トランプも同じです。彼は社会正義と黒人社会についてとても気にかけていることを行動によって示しています。そして彼の行動はジャージのどのようなステッカーやスローガンよりも説得力があります」と彼は語った。

ウォーカーは、トランプが特に政治的ライバルに対して公に攻撃的な態度を取ることについて述べ、それをフットボールの試合になぞらえた。

「彼のやり方を好まない人もいます・・・彼が目標の妨げになる障害を倒すやり方を。私が敵チームを倒す時も彼らはそれを好みません。しかしそれがやるべき仕事を果たす方法なのです」と彼は話した。

ウォーカーの演説は多くの左翼の怒りを買った。アリッサ・ミラノもその一人だった。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、2024年に出馬するかどうかについては決心していると回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.6.30> ドナルド・トランプ前大統領は30日、2024年に大統領の座を取り戻そうとするかどうかについては決心していると述べたが、また新たに大統領選挙陣営を立 …

トランプがバイデン司法省によるキリスト教徒「迫害」を非難、「二度と」政府の標的にさせないと約束

<引用元:デイリー・シグナル 2024.2.23> ドナルド・トランプ前大統領は22日夜、国際的なキリスト教コミュニケーター団体であるNRBの大会での演説で、自身が受けている刑事告訴をバイデン政権がキ …

トランプが重要な激戦州で黒人男性有権者の支持獲得強化へ、バイデンは支持減少(報道)

<引用元:デイリー・コーラー 2024.3.8> ドナルド・トランプ前大統領の再選を目指す選挙陣営は、重要な激戦州の黒人男性有権者をターゲットとした取り組みを強化しつつある、とワシントン・ポストが報じ …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

今回もトランプ支持者に影響はない=シャーロッツビル後

<引用元:ニューヨークタイムズ 2017.8.19> ボストン生まれで35歳のパーソン・ヒックスは、これまでずっと共和党支持者でありトランプ大統領の支持者だ。ヒックスは、昨年10月にトランプのみだらな …

アーカイブ

@JpWelovetrump