記事翻訳

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24

元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。

ハーシェル・ウォーカーはトランプとの37年間の友情関係について懐かしむように語り、左派が大統領を人種差別主義者だと批判する度に個人的に侮辱を受けたと述べた。

「そう考える人たちは自分達が何の話をしているか分かっていません。南部の保守的な地域で育った私は、人種差別主義を間近で見てきました。私はそれがどういうものか知っています―そしてそれはドナルド・トランプのことではありません」と彼は語った。

ウォーカーは、トランプが自分の家族に深く献身し、ビジネスでは全ての人に丁寧に対応したと述べた。

「私は彼がビルの管理人、警備員、そしてウェイターをVIPと同じように扱ったのを見ました。彼らは彼らが特別だと分かっていたのでそう感じさせたのです」

ウォーカーは、トランプが国歌斉唱と国旗を尊重することを擁護し、極左がひざまずいて抗議することに反対した。

「私はそうしたこと全てを気にかけていますが、ドナルド・トランプも同じです。彼は社会正義と黒人社会についてとても気にかけていることを行動によって示しています。そして彼の行動はジャージのどのようなステッカーやスローガンよりも説得力があります」と彼は語った。

ウォーカーは、トランプが特に政治的ライバルに対して公に攻撃的な態度を取ることについて述べ、それをフットボールの試合になぞらえた。

「彼のやり方を好まない人もいます・・・彼が目標の妨げになる障害を倒すやり方を。私が敵チームを倒す時も彼らはそれを好みません。しかしそれがやるべき仕事を果たす方法なのです」と彼は話した。

ウォーカーの演説は多くの左翼の怒りを買った。アリッサ・ミラノもその一人だった。

-記事翻訳
-,

関連記事

リンチ(前司法長官)はクリントン陣営の「不正確な」論点を使用してコミーに世間を欺かせることに成功した

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.8> バラク・オバマ時代の前司法長官、ロレッタ・リンチが、ジェームズ・コミーFBI前長官に圧力を加えてクリントンの電子メールサーバー捜査を軽視させ、その件を …

内部告発者は2020年米大統領選民主党候補者と「仕事上」のつながりがあった

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.10>バイロン・ヨーク氏 インテリジェンス・コミュニティ監察官(ICIG)のマイケル・アトキンソンは、8月26日の書簡で、トランプのウクライナ問題に …

トランプ下の平均失業率は記録された中で史上最低

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.10>フィリップ・クレイン編集長による論説 トランプ大統領は2020年の始まりを、歴史上記録にある中でどの大統領の同時期より低い平均失業率を取り仕切っ …

米国はトランプに関する左翼の嘘に飲み込まれている

<引用元:タウンホール 2019.8.6>デニス・プレガー氏による寄稿 合衆国大統領、ドナルド・トランプは、「立派な」ナチやクー・クラックス・クラン団員がいたとは決していわなかった。 これは我々の時代 …

トランプは警察改革と人種的正義に向けて国を動かしている

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.6.22>アルベダ・キング博士による寄稿 1963年8月の「私には夢がある」という演説の中で、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士は合衆国での人種差 …

アーカイブ

@JpWelovetrump