記事翻訳

「絶対にさせない」―トランプ、キリスト像を左翼暴徒から守ると誓う

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.6.24

ドナルド・トランプ大統領は24日ホワイトハウスで、イエス・キリストと合衆国建国の父の像をその破壊を目論む左翼暴徒から守ると約束した。

「彼らはイエス・キリストに目を付けている。ジョージ・ワシントンに目を付けている。アブラハム・リンカーン、トーマス・ジェファーソンに目を向けている。絶対にさせない。私がここにいる限り絶対にない」とトランプは語った。

活動家のショーン・キングは22日、イエスと聖母マリアの像を「ある種の白人優越主義」だという理由で取り壊すことを要求した。

トランプが像と記念碑について語ったのは、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領との共同記者会見中のことだった。

ドゥダ大統領も議論に加わり、ポーランド・米国の英雄であるタデウシュ・コシチュシュコのラファイエット広場の像も左翼暴徒に破壊されたと述べた。

「あれは多くのポーランド国民にとって言語道断のことだった」とトランプは述べた。

大統領は、週末記念碑を守るための既存の法律を整備して強化することになる大統領令を事前確認した。

「1夜の楽しみに10年は長い期間だ」とトランプは語った。

トランプはまた、暴徒はなぜ像を破壊したいのかについて何も分かっていないと述べた。

「こうした像を倒している人々の多くは、その像が何なのか、どういう意味を持つのか、誰なのかすら見当もつかないのだと思う」とトランプは語った。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ大統領は黒人の大学に対する支援でオバマを上回ろうとしている

<引用元:ホワイトハウス 2017.2.27> マクラーチー紙より トランプ大統領は、黒人の大学に対して歴史的に待望の支援を提供する予定だが、驚くべきことに(最初のアフリカ系アメリカ人大統領を含めて) …

「目覚め」の呼びかけ:暴力的デモに対して沸き上がる反発、トランプに有利になる可能性

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.24>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 都市での暴力的な抗議、そして国と建国者に対する執拗な攻撃を受動的に見てきた米国の多くの人々 …

トランプ、ニューヨーク市など「無政府主義」都市の予算削減のため審査を命令

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.9.2> (ワシントン)トランプ大統領が、「無法」の抗議を許し暴力犯罪増加の中で警察予算を削減した、ニューヨーク市と他の3つの市に対する財政支援削減プロセスを …

トランプの給与税大統領令は労働者1人当たり1,200ドル相当となる可能性:クドロー氏

<引用元:FOXビジネス 2020.8.9> トランプ大統領が9日に大統領令によって成立させた給与税猶予は、平均的な人で9月初めからの4カ月で約1,200ドルの負担軽減になる、とホワイトハウス経済補佐 …

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

アーカイブ

@JpWelovetrump