記事翻訳

トランプが米国先住民行方不明者・殺人事件被害者のためのタスクフォース設立の大統領令に署名

投稿日:

<引用元:CBSニュース 2019.11.26

トランプ大統領は、米国先住民とアラスカ先住民の行方不明者と殺人事件被害者に対する多発する暴力に取り組むための、タスクフォースを設立する大統領令に署名した。政権がこの数カ月焦点を当ててきた課題だ。大統領令の前、22日にはウィリアム・バー司法長官が全国的な計画を発表していた。

トランプ氏が大統領令に署名する時、バー長官と複数の政権高官と多数の米国先住民部族指導者も参加した。トランプ氏は、その課題に対する行政の行動は「ずっと以前に行うべきものだった」と記者団に語った。

モヒカン族ストックブリッジ・マンシー・コミュニティ団のシャノン・ホルシー団長は大統領令が署名された後の声明の中で、「重要な最初の1歩」だと述べた。

「先住民の女性と少女に対して働かれる暴力を止めるために非常に多くのことを行う必要がある中、政権がタスクフォースを設立する上で重要な最初の1歩を踏み出したことに感謝する」とホルシーは述べた。

命令により各機関共同のタスクフォースが作られ、司法省と内務省が主導することになる。

バーはモンタナ州のフラットヘッド族保留地の部族長と法執行機関幹部を訪問した際、先住民行方不明者・殺人事件被害者イニシアティブを発表した。イニシアティブでは150万ドルを投資して専門のコーディネーターを採用し、各事務所では11名の連邦検事が、先住民に対する暴力に対してより組織的な対応を取るための手順を準備することに責任を持つ。

(中略)

先住民の女性は国内で家庭内暴力と殺人の率が最も高いうちに入っている。犯罪情報センターによると、2016年には5,700人以上の米国先住民とアラスカ先住民の女性と少女が行方不明になっていると報告されたが、それらの事件のうち116件しか司法省で記録されていなかった。国立司法研究所によると、米国先住民女性の84パーセントは生涯で暴力を経験している。2008年の調査では、いくつかの部族コミュニティの女性は、全国平均より10倍殺害される率が高いということがわかった。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

判事がトランプ政権を支持、入国禁止大統領令の差止を却下

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.24> 金曜日、バージニア州の連邦地裁判事は、イスラム教が多数を占める6カ国の人と難民全体の入国を一時的に停止することを求めるトランプ大統領の大統領令の差し …

トランプ大統領は黒人の大学に対する支援でオバマを上回ろうとしている

<引用元:ホワイトハウス 2017.2.27> マクラーチー紙より トランプ大統領は、黒人の大学に対して歴史的に待望の支援を提供する予定だが、驚くべきことに(最初のアフリカ系アメリカ人大統領を含めて) …

トランプの入国制限の新大統領令に反対するハワイは難民に冷たい州だった

<引用元:NEWSLINE 2017.3.8> ハワイは、ドナルド・トランプ大統領の新しい大統領令に反対して連邦地裁で訴訟を起こした最初の州となった。しかしながら、ハワイは中東のテロに苦しむ国の難民の …

トランプの新大統領令が行政国家から国民を守る

<引用元:デイリー・シグナル 2019.10.15>アンソニー・キャンパウ氏、ポール・J・ラーキン・ジュニア氏による解説 ワシントンは弾劾の話で燃えているかもしれないが、ドナルド・トランプ大統領は無為 …

トランプの聖域都市大統領令を差し止めた判事はオバマに20万ドルを献金していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.26> 「聖域都市」に連邦政府の補助金を支給しないことを求める、トランプ大統領の大統領令を差し止めたカリフォルニアの判事は、バラク・オバマ元大統領に数 …

アーカイブ

@JpWelovetrump