記事翻訳

民主党のトランプ弾劾圧力が国務省を引き裂く

投稿日:

<引用元:タウンホール 2019.11.1>マット・ベスパ編集主任による論説

このトランプ弾劾という失態全体を通して包囲網の中にある省庁があるとすれば、国務省だ。その職員、特に幹部は、2016年大統領選挙の結果を取り消そうというこの民主党の試みの性質に関して、国外のカウンターパートから攻めたてられている。

おそらく、行政府がこうした人々にとてもひどい扱いをし、結果として多数の職員が、最近までこの弾劾道化芝居を完全に秘密にプロデュースしてきた下院民主党の前で証言するために、トランプ政権に逆らうことになったのだろう。

幸いにもポリティコが詳細を肉付けしており、この政権の敵の名前を挙げている。その間ずっと匿名消息筋によれば反トランプ・ディープ・ステートなど存在しないのだと言い続けているが。 元国務省職員の話を引用したが、結局ワシントン・ポストの論説で激しく非難される結果となり、存在するとしても存在したとしても、それは失敗に終わった。ポリティコが述べたように、このトランプ・ウクライナ弾劾の道化芝居は昨日の下院の決議で公式なものとなり、完全に有効となって――国務省は「復讐」を果たしつつある。

彼らは「ディープ・ステート」と嘲られ、「オバマ残留者」と非難され、過酷な予算削減を脅され、トランプ大統領に必要とされてもいないのだといわれてきた。

[…]

ここ最近、現職・元職の外交官は、トランプ政権の命令に反して重い足取りで議会に赴き、大統領弾劾捜査を実施する下院委員会で証言している。国務省内の同僚とより広範な外交政策コミュニティの仲間たちは、ひそかに彼らを英雄として称えている。特に、今も政府に雇われているにもかかわらず証言する人たちは称賛されている。

[…]

「マーシャ」という呼び名を持つマリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使は、調査中の下院委員会の召喚を受け、国務省からの反発にもかかわらず10月11日に議員たちに宣誓供述を行った。ヨバノビッチは冒頭声明で、ウクライナに関するトランプの陰謀を非難し、国務省職員に一層の支持を求た。

ヨバノビッチは、彼女が大統領に偏見を抱いているという噂をトランプ支持者が広めてから、任期満了の数カ月前の5月にウクライナから呼び戻された。弾劾調査の中心となっているウクライナ首脳との7月25日の電話で、トランプは彼女を「悪い知らせ」と呼び、「ある事を完了させようとしている」と述べた。

ヨバノビッチは、外交官として30年以上常に、党派に偏らない必須の精神を守ってきたと議員に述べた。彼女は自身が「不当な主張」から解任されるのは「信じがたい」と述べた。ヨバノビッチは国務省が「内側から攻撃され空洞化されて」いると警告し、その余波は国務省の範囲を超えると強調した。

[…]

ヨバノビッチは2人のキャリア国務省職員の後に続いた。ウクライナも担当に含まれるジョージ・ケント次官補代理と、わずか数日前にポンペオの上級顧問を辞任したマイケル・マッキンリーだ。他に3人の国務省職員――現在キエフの外交官トップであるビル・テイラー、ヨーロッパ・ユーラシア問題担当次官補代行のフィリップ・リーカー、在キエフ外交官のスリヤ・ジャヤンティ――も証言のために召喚されており、他にも続く可能性がある。

[…]

ヨバノビッチ同様、ケントはホワイトハウスとポンペオの指示を無視して証言した。両者は国務省の現職だ。

議会スタッフは外交官が協力できるように援護して召喚したと示唆した。マッキンリーは国務省を辞職し、自主的に証言した。

[…]

国務省職員は、国務省の内外で公務員と外交官は職務を行っており、ストライキや目に見えた抗議の表明はないとしている。

[…]

8月、2人の外交官がトランプに対する深い失望を厳しい言葉で表現された論説で示し、辞職を発表した。

1人は、トランプの意図を妨害しよういう固い決意を持つ「ディープ・ステート」が連邦政府官僚の中に存在するという、トランプ支持者の間で広まっている考えを退けた。「レジスタンスが存在するなら、それが失敗したことはこの時点までで明白なはずだ」と辞職した外交官のチャック・パークは書いた。

ああ、どうか――つまりこうした人たちの中には、外交官として党派に偏らないという方針を忠実に守るが、ドナルド・トランプが7月にウクライナに電話したことを理由に弾劾して辞任させることを最終目標とする、秘密主義的で明らかに党派的な公聴会で証言する者がいるのだ。

ああ、すまないが――民主党の弾劾ゲームに協力する者はみな徹底的な調査を受けるべきであり、良き公僕としての信用は取り消されて当然だ。彼らは今やクーデターと呼んでも良いものに加わっている。またいうまでもなく、こうした人たちはディープ・ステートを決して認めない。存在を裏付ける十分な証拠があるというのに。

サリー・イェーツ元司法長官代理は、トランプ・ホワイトハウスからの移民に関する大統領令の執行を拒否し、サムター要塞さながらの内乱の火蓋を切った。ある人物はニューヨーク・タイムズの論説でそれを認め、そこから出版契約を結んだ。「A Warning」と呼ばれる本だ。

ジェームズ・コミー、ジョン・ブレナン、また他のオバマ政権インテリジェンス・司法省高官の行為もまた同様の例だ。特に、元MI6スパイがまとめた裏付けのない政治的に偏向した政敵調査文書を、2016年のトランプ選挙陣営関係者に対するFISA令状確保のために利用した。その対象となったのがカーター・ページで、クレムリンのスパイだと疑われたが事実無根だと証明され、人生が狂わされてしまった。

当時の国家安全保障担当補佐官、マイケル・フリンとセルゲイ・キスリャク元ロシア大使との会話を誰がリークしたのか?まだわからないが、司法省高官がフリンを罠にかけるために共謀していた可能性があるだろう。そのためフリンは偽証罪を叩きつけられた。

不祥事を起こした元FBI捜査官のピーター・ストラックと愛人のリサ・ページの間のメッセージは、高官らがトランプ政権を機能不全に陥れようと共謀していたことを示している。ストラックはまさしく、彼らが「止める」といっていた。

ジェームズ・コミーはトランプとの会話の個人的メモを友人に渡した。マスコミにリークして特別検察官にロシア共謀の捜査を行わせるためだ。

ワシントンDCには大統領の敵が多い。これはニュースではないが、政府高官が公然と政権に反抗し、政府機関の品位を損なうほどに行動している状況は前例のないほど広範にわたっている。

こうしたピエロたちは、トランプが政府機関をめちゃくちゃにしているとわめきながら、自分たちを救うために自分たちを焼き尽くす戦略を取っている。FBIは今立ち直ろうとしているが、評判に大打撃を受けてからのことだ。そしてすまないが、国務省を辞めた2人が、政府機関内に反トランプ・レジスタンスはないといったからといって、その通りだということにはならない。

-記事翻訳
-,

関連記事

ホワイトハウスはクリスマスまでに刷新される=セバスチャン・ゴルカ(インタビュー)

<引用元:Circa 2017.10.12> セバスチャン・ゴルカ氏は、スティーブ・バノン元首席戦略官と共に7カ月間トランプ大統領の副補佐官を務めた。Ciraとのインタビューではホワイトハウス時代につ …

FOXニュース調査会社の弾劾世論調査の結果は不正確:分析

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.12> 先週FOXニュースは、大部分の米国人がトランプ大統領の弾劾を支持しているとする調査結果を発表したが、共和党と無党派の有権者を過小に示していたこと …

シフは弾劾証人が共和党の質問に答えるのを阻止、と共和党下院議員

<引用元:FOXニュース 2019.10.29> 下院共和党幹部は29日の激しい記者会見で、下院情報委員会のアダム・シフ委員長(民主党、カリフォルニア)が最新の弾劾公聴会中に共和党メンバーからの特定の …

アダム・シフは弾劾公聴会で国民の時間を無駄にしている

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.11.13>編集委員による社説 弾劾公聴会の初日、民主党は論拠の弱さを明確に示しただけだった。 つまらないというレベルを超えた証言の中で、ジョージ・ケント国務 …

ウッドワード氏が「うぬぼれた」メディアに警告:トランプは任期を全うするだろうし2期もあり得る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.24> 水曜日のAxiosとのインタビューの中で、ウォーターゲート事件で名声を馳せたワシントン・ポストの記者であるボブ・ウッドワードは、マスコミがドナ …

アーカイブ

@JpWelovetrump