記事翻訳

ペンス=NBAは中国の「完全に所有された子会社のように振る舞っている」

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.10.24

マイク・ペンス副大統領は24日、NBAは香港デモを受けた中国政府の人権侵害に関して圧力に屈したと述べた。ペンスは、中国が米国に「検閲を輸出」しようとしていると述べ、バスケットボールリーグとその企業スポンサーが屈していることを恥ずべきことだとし、「単に間違っているだけでなく、アメリカ的でない」と述べた。

「NBAの大物プレーヤーとオーナーの中には、いつもこの国を批判するために自由を行使しているのに、中国の人々の自由と権利のことになると声が出なくなる人たちがいる」とペンスは、ワシントンDCのウィルソンセンターでの演説で述べた。

「中国共産党の味方をして自由な言論を封じることで、NBAはあの独裁政権に完全に所有された子会社のように振る舞っている。故意に人権を無視する進歩的な企業文化は、進歩的ではなく抑圧的だ」とペンスは話した。

副大統領はNBAの関連企業も非難した。「ナイキは自身を『社会的正義の擁護者』として売り込んでいる。香港に関しては、むしろ社会的良心を入り口で確認するのを好んでいる。中国のナイキの店は実際、ヒューストン・ロケッツの商品を棚から撤去して、中国政府と一緒にロケッツのゼネラルマネージャーの7語のツイートに抗議している。『自由のために戦い、香港を支持しよう』という内容だ」とペンスは話した。

ペンスは、ホワイトハウスが継続中の貿易交渉を、香港について中国政府を軟化させることに結び付けていることを評価した。「トランプ大統領は、当局が香港のデモに対して暴力に訴えるなら貿易交渉ははるかに難しくなると繰り返し明言してきた。それ以来、香港当局が、そもそもデモの火付け役となった容疑者引き渡し法案を撤回し、中国政府がある程度自制を示したのを見てうれしく思う」

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ政権が土壇場でイラン、中国、キューバに制裁

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.15> トランプ政権は15日、イラン、中国、キューバという敵対政権に新たな制裁を適用するための土壇場の取り組みを継続し、こうした国が引き起こす進行中 …

ニューヨーク証券取引所がトランプの標的となった中国通信企業を排除

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.4> ニューヨーク証券取引所は、中国軍につながりのある企業に対するドナルド・トランプ大統領による取り締まりを受け、中国通信大手企業3社を上場廃止にし …

米大学が外国献金への連邦捜査中止に向けてバイデンにロビー活動展開

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.19> 一流大学はすでに、次期バイデン政権が大学に外国の寄付を完全に公開することを義務付けるトランプ政権の方針を覆し、捜査を中止して違反とするように …

国連支配のための中国の策略と戦うチーム・トランプ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.21>ケリー・クラフト国連大使による論説 国連が世界の最も大きな課題の多くに取り組む中、国連の完全性と有効性にとっての最大の脅威は内部からの―中国からの …

米国に対する中国の麻薬戦争

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.8.26>ベッツィー・マッコーイ氏による寄稿 トランプ大統領は、23日に突然中国との経済戦争をエスカレートさせたことで各方面から非難を浴びた。だが街角で簡単に …

アーカイブ

@JpWelovetrump