記事翻訳

専門家はモラー召喚は裏目に出ると警告、トランプは「果てしなく続く」と反発

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2019.6.26

ロバート・モラーが召喚され、来月ロシア共謀疑惑に関する自身の報告書について証言することを勝ち誇って発表した民主党の幹部議員は、共和党の思うつぼにはまった、と複数の法律と政治の専門家がFOXニュースに語った。

またトランプ大統領の方では、証言がロシア疑惑物語のさらにもう1つの章となることに失望を示した。

「果てしなく続く」とトランプは26日、FOXビジネス・ネットワークの「Mornings with Maria」の独占インタビューで語った。

大統領は、捜査自体で共謀は見つからなかったことを繰り返し述べ、モラーとそのチームは自身に対して偏見を抱いていたと主張した。

「彼らは何かにとらわれて、走り回り、熱狂して、できることなら何でもやろうとした。だが私の陣営をスパイしていたのだ。それだけのことだ」と、トランプはFBIでの捜査の発端について言及して話した。「全く違法だ。おそらく歴史上最大の政治スキャンダルであり、彼らはそうすることにとらわれていた」

特別検察官が7月17日に、いずれも民主党の支配する下院司法委員会と下院情報委員会に対して証言することが決まり、トランプの不満は、連邦議会共和党の彼の仲間も追随し、増強されることが十分考えられる。

トランプ大統領を最も批判する人々は、伝説的な法執行者に、弾劾の動きに火を点けるような文句で最高司令官の悪事を詳しく説明してもらうことを期待している。だが、モラーが最終的に、トランプ陣営がロシアと共謀したという証拠を何も発見しなかったことと、4月に公表された448ページの報告書から逸脱することはないと彼が誓ったことを踏まえると、聴聞会は裏目に出る恐れがある。

「肝心な点は、調査して時間を費やし、お金を費やした挙句、トランプはロシア人と共謀したのか?ノー、 あなたは自分の報告書を支持するのか?イエス、ということだ」と24日夜、FOXニュース・チャンネルのショーン・ハニティに対してリンゼー・グラム上院議員(共和党、サウス・カロライナ)は語った。「それは、私にとっては『解決済み』だ。彼らは下院でやりたいことを何でもできるが、突然台無しになるだろうと思う」

モラーは自身の報告書の中で、現職大統領は起訴できないという司法省の長年の方針を引き合いにし、捜査中にトランプが司法妨害を行ったかどうかについて結論に達することを拒んだ。ウィリアム・バー司法長官は、当時の司法副長官のロッド・ローゼンスタインと共に、トランプは司法妨害していないと結論付けたが、トランプ批判者たちは、報告書には弾劾や大統領任期後の起訴も推進できる妨害の例が十分にあると考えている。

2つの委員会の共和党はモラーに質問する機会を得ることになる。トランプ関係者をスパイするのに利用された連邦政府の監視令状に対する疑わしい偏向について、またモラーの捜査に先行したFBIの捜査を最初に引き起こしたのが何かについて、だ。そしておそらく中でも最大の疑問は、約2年の捜査のどの時点で、モラーはトランプがロシア人と共謀していないと結論付けたのか、ということだ。

「彼はFISA申請に関する質問への回答を拒否できない」とハーバード大学の法学教授、アラン・ダーショウィッツは、FOXニュース・チャンネルのローラ・イングラムに語り、FBIが外国情報監視法(FISA)の下で、2016年のトランプ陣営メンバー監視を要求したことに言及した。

ダーショウィッツはこう続けた。「それらは共和党がとても十分に準備して行うであろう質問だ。それらは現在、監察長官が捜査中の内容についての質問であり、我々はその報告書を待っているところだ。だがそれらは何ら除外されていない。だから彼らは彼を呼んだことを後悔すると思う」

(略)

「ボブ・モラーは覚悟した方がいい」とイングラムに語ったのは、保守派下院フリーダム党員集会のリーダーであるマーク・メドウズ下院議員(共和党、ノースカロライナ)だ。「というのも、実に彼は初めて厳しく追及され、アメリカ人は彼の報告書の欠陥が分かるようになるからだ」

シフはMSNBCのレイチェル・マドーに、モラーは「証言を望んでいなかった」ため、召喚が必要だったと述べた。

シフはこう話した。「それでも彼らは召喚を尊重するだろう。彼は出席する。彼は公開審議で我々の委員会の前で証言するだろう。メンバー全員が特別検察官に質問する機会がある。そしてアメリカ人は、直接彼の話を聞き自分たちの疑問に回答がもたらされる機会を得る」

FOXニュース寄稿者のジェラルド・リベラは、シフとナドラーはモラーに質問に答えさせたことを後悔することになる恐れがあると述べた。

「この証言が民主党に払わせる代価は、彼らにとって重大なものとなると思う。ナドラーとシフが自分たちの野心を常識に先立たせ、この男をアメリカ国民の注目の的に引きずり戻したことを彼らは後悔するだろう」とリベラは話した。

-記事翻訳
-

関連記事

不完全な正義(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.23>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 モラーはどんな不正も探り出すつも …

ロシア新興財閥の話がチーム・モラーにとって面倒となる恐れ

<引用元:ザ・ヒル 2019.7.2>ジョン・ソロモン氏による寄稿 静かで捉えどころのない者が戻ってきて悩ませることがある。元特別検察官のロバート・モラーにとって、その1人はオレグ・デリパスカという名 …

ロバート・モラーを止めることは私たち全てを守ることにつながる(論説)

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.20>ビル・クリントン元大統領の元アドバイザー、マーク・ペン氏による論説 「ディープステート」はディープに自暴自棄の状態だ。司法省監察官のレポートが公開されるまであと …

マナフォート起訴:取るに足らない内容、トランプにとっては恩恵

<引用元:National  Review 2017/10/30> (By アンドリュー・C・マッカーシー) 「米国に対する謀略」という見出しに騙されてはいけない ポール・マナフォートの起訴は空騒ぎだ …

ミュラー特別検察官はトランプがコミーに糾弾されたことと同じことをやっていた:書籍より

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.10> ジェームズ・コミーFBI前長官は上院の議会証言で、当時の国家安全保障担当補佐官、マイケル・フリンを捜査から放免させるよう「指示」を与えていたと訴えた …

アーカイブ

@JpWelovetrump