記事翻訳

フランクリン・グラハム師がトランプのための「特別祈祷の日」を呼びかけ

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2019.5.27

フランクリン・グラハム師は、トランプ大統領を米国史上最も迫害を受けた大統領と呼び、米国は大惨事に瀕していると警告し、来週日曜日を大統領のための「特別祈祷の日」とするよう呼び掛けた。

同伝道師は、トランプ氏の敵が彼を破滅させようと非常に必死であるため、救えるのは神だけだと述べた。

グラハム氏はフェイスブックにこう書いた。「トランプ大統領の敵は、彼とその家族、また大統領の地位を破壊しようとあらゆることを企て続けている。我が国の歴史で、彼ほど攻撃された大統領はいなかった。彼にとってまたこの国にとっての唯一の希望は神だと確信する」

ツイッターに投稿したビデオでそのイベントを発表すると、グラハム氏はトランプ氏の成功のために祈るようクリスチャンに呼びかけた。

「彼は我々の大統領であり、彼が成功すれば我々全員のためになる。だが彼の敵が彼を倒し、大統領の座から下ろすことを許すなら、国全体の損失になる」と同氏は話した。

27日午後6時の時点でグラハム氏のフェイスブック投稿は、17万個以上の「いいね」や「超いいね」の反応を獲得しており、約12万回シェアされた。

「6月2日には牧師たちが大統領のために祈るよう自分たちの信者を指導し、日曜学校や他のグループも一緒に参加して祈り、また全国の個人や家庭もその日に大統領のための祈りに特に集中するよう願います」と彼は書いた。

有名な伝道師であるビリー・グラハム師の息子であるグラハム氏は、投稿の中で黙示録の言葉を用い、米国が底なしの淵に立っていると示唆した。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプの宗教的助言者、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統領に反対していると祈祷

<引用元:ザ・ヒル 2019.6.18> トランプ大統領の宗教的助言者であるポーラ・ホワイトは18日、フロリダ州オーランドの選挙運動出発集会での開幕の祈りの中で、「悪魔のような放送局」が手を結んで大統 …

ミシェル・バックマンが熱弁:トランプ大統領は「熱心に祈る人」

<引用元:TheBlaze 2017.7.31> ミシェル・バックマンはミネソタ州出身の元国会議員であり、これまでも自身の信仰するキリスト教について声を大にしてきた。彼女は、週末にかけて放送されたジャ …

トランプが祈祷晩餐会で「宗教の自由を守るための歴史的行動」を称賛

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.7> ドナルド・トランプ大統領は7日、全米祈祷朝食会で命の大切さと宗教の自由を明確に主張した。一般教書演説で同様の内容を訴えた2日後のことだ。 ワシントン・ …

クリスチャンを黙らせようという左翼の脅し(オピニオン)

<引用元:デイリー・シグナル 2019.1.23>カトリーナ・トリンコ氏による論説 クリスチャンは黙っていろ。 それが、我々の現在の文化がこの数週間で表した紛れもないメッセージだ。 カレン・ペンスは、 …

米国の宗教の自由を守るドナルド・トランプ大統領

<引用元:ホワイトハウス 2018.5.3> 2018年5月3日 「アメリカは信仰を持つ人の国であり、私たちは互いに、祈りの力によって強められる」ドナルド・J・トランプ大統領 ホワイトハウス発表:本日 …

アーカイブ

@JpWelovetrump