記事翻訳

フランクリン・グラハム師がトランプのための「特別祈祷の日」を呼びかけ

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2019.5.27

フランクリン・グラハム師は、トランプ大統領を米国史上最も迫害を受けた大統領と呼び、米国は大惨事に瀕していると警告し、来週日曜日を大統領のための「特別祈祷の日」とするよう呼び掛けた。

同伝道師は、トランプ氏の敵が彼を破滅させようと非常に必死であるため、救えるのは神だけだと述べた。

グラハム氏はフェイスブックにこう書いた。「トランプ大統領の敵は、彼とその家族、また大統領の地位を破壊しようとあらゆることを企て続けている。我が国の歴史で、彼ほど攻撃された大統領はいなかった。彼にとってまたこの国にとっての唯一の希望は神だと確信する」

ツイッターに投稿したビデオでそのイベントを発表すると、グラハム氏はトランプ氏の成功のために祈るようクリスチャンに呼びかけた。

「彼は我々の大統領であり、彼が成功すれば我々全員のためになる。だが彼の敵が彼を倒し、大統領の座から下ろすことを許すなら、国全体の損失になる」と同氏は話した。

27日午後6時の時点でグラハム氏のフェイスブック投稿は、17万個以上の「いいね」や「超いいね」の反応を獲得しており、約12万回シェアされた。

「6月2日には牧師たちが大統領のために祈るよう自分たちの信者を指導し、日曜学校や他のグループも一緒に参加して祈り、また全国の個人や家庭もその日に大統領のための祈りに特に集中するよう願います」と彼は書いた。

有名な伝道師であるビリー・グラハム師の息子であるグラハム氏は、投稿の中で黙示録の言葉を用い、米国が底なしの淵に立っていると示唆した。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプがバージニア乱射事件犠牲者のために祈るため、福音教会訪問

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.2> トランプ大統領は、バージニアビーチ市で31日に起きた銃乱射事件の被害者のために祈りをささげるため、バージニア州ビエナの福音派のメガチャーチを予定 …

コロナウイルスのパンデミックの影響を受けたアメリカ人全員と、国家的対応の取り組みのための国家的祈りの日の宣言

<引用元:ホワイトハウス 2020.3.14> 本当にまさかという時に、アメリカ人は常に試練と不安の時期を切り抜けられるよう祈りに救いを求めてきました。コロナウイルスのパンデミックによって生じた類のな …

トランプ集会でMAGAマスクを着けた修道女が話題に

<引用元:デイリー・コーラー 2020.10.24> 24日夜、ドナルド・トランプ大統領の集会で「アメリカを再び偉大にしよう」のマスクを着けた信仰の篤い修道女が、ツイッターユーザーの注目を集めた。

トランプの福音派支持基盤は拡大し、「神の御手」はトランプの上にあると福音派指導者

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.10>ワシントン・シークレット論説 福音派のキリスト教指導者はトランプ大統領が11月に再選を勝ち取ると予期している――その理由はそれを示す預言や聖書の …

トランプは巨大教会建設を望んでいた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.1> 不動産王ドナルド・トランプが建設を望んだ全てのプロジェクトの中で、誰も目にすることのなかったものが1つある。 トランプの長年の個人的牧師である …

アーカイブ

@JpWelovetrump