記事翻訳

景気拡大が続く中、アメリカ人はトランプ大統領の功績を認める

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2019.3.5

トランプ大統領の経済政策に対する国民の好意的な意見は、右肩上がりの経済が引き続きアメリカの労働者を引き上げる中、最高に達した。


<ザ・ヒル>経済に関するトランプ支持率が最高記録更新:ギャラップ

「ギャラップが火曜日に発表した世論調査によると、経済に関するトランプ大統領の支持率が最高記録を更新した。調査によれば、米国の56パーセントの成人がトランプの経済に対する対応を支持していることが判明した。トランプが大統領となってからの最高記録であり、14の調査内容の中ではトランプにとって最高の支持率だった」

 

<ワシントン・エグザミナー>好景気:16年で最高の経済楽観、トランプの下で50パーセントが「上向いた」

「最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良くなると答え、ビル・クリントン元大統領の下でITバブルが過熱した時の、71パーセントという記録をわずかに下回った。その上、同調査会社によると、50パーセントの人は、現在の景気拡大が始動し、ホワイトハウスが「マガノミクス(MAGAnomics)」という造語を作ったほんの1年前よりも、暮らし向きが良くなっていると考えているという」

 

<FOXニュース>トランプ批判者の予測に反し、年間経済成長率3パーセントを達成

「経済分析局によると、2017年第4四半期から2018年第4四半期の経済成長率は、3.1パーセントとなった。年間の成長率を示す1つの指標だ。3パーセントを超えたのは13年間では初めてのことだと、ホワイトハウスは指摘している。政権は、上昇を減税、規制緩和、またその他の成長志向政策によるものとしている」

 

<ウォールストリート・ジャーナル>半世紀で最も好調な労働市場の内側

「労働市場はこれほど良くなることはない。米国経済は100カ月連続で雇用が拡大している。失業率は最近、49年で最低に達した。労働者が非常に不足しているため、全国の多くの場所では、高い技術を必要としない仕事がまさに希望する人なら誰にでも配分され、――高度熟練労働者はかなりの供給不足になっている。以前仕事に就くのに苦労していたあらゆる種類の人たちは今、仕事を見つけている。教育水準が比較的低い人種的なマイノリティーや、最低の賃金の仕事をしている人たちは賃金が上昇し、多くの場合、彼らの属するグループでは、これまで記録されてから最低の失業率となっている」

 

<CNBC>10年以上で初めて、賃金上昇が3%を突破

「木曜日の労働省のレポートによると、アメリカの労働者の賃金は、過去1年で3パーセント以上上昇し、そのしきい値が破られたのは10年以上で初めてのことだ。労働統計局が四半期ごとに公開している労働コスト指数は、2018年の第4四半期に賃金が3.1パーセント上昇したことを示した。第3四半期の2.9パーセントからの向上であり、金融危機が起きて最悪となった2008年第3四半期以来での最高の上昇率に並んだ」

 

<ブルームバーグ>転職者の賃金上昇が2007年来で最高に

「好調な労働市場は、記録的欠員の中で、転職者にとっては、より大きな賃金上昇を手に入れることができ、恩恵となっていることが判明している。アトランタ連邦準備銀行の賃金上昇調査局によると、新しい地位に就いた人たちの賃金上昇率の平均が、1月に1年前から4.6パーセントに引き上がったという」

 

<ウォールストリート・ジャーナル>物作りの仕事に戻るアメリカ人が増加

「アメリカの工場は再び雇用している。何年も続いた雇用減少の後、アメリカの製造業の雇用者数は、製造に携わる人や非管理職で18カ月連続上昇しており、1990年代半ば以来で最長の伸びとなっている。雇用主は2017年7月以来、27万4,000の非管理職の製造業雇用者を追加していることが、労働省の数字からわかる」

 

<ワシントン・エグザミナー>大手製造業の9割がトランプ経済に楽観、成長目標4.4パーセントに

「全米の大手製造業者は、景気に対する記録的な楽観を示すとともに、オバマ政権下では見られなかったようなプラス成長を見込んでおり、9四半期連続でトランプ経済にOKサインを出した。全米製造業者協会(NAM)は、大企業も中小企業も将来の成長について圧倒的に楽観的であると発表した。事実、これまでの9四半期で記録的な楽観が認められており、製造業者の91.8パーセントが自分たちの事業に楽観的であった。これに対して、オバマ政権最後の2年では、平均68.6パーセントが楽観的だった」

 

<ウォールストリート・ジャーナルのフィル・グラムとマイケル・ソロン>税制改革が米国経済を解放した

「商務省は木曜日に、実質国内総生産が2017年第4四半期から2018年第4四半期までに、3.1パーセント上昇したと報告した。――13年来で最大の上昇率だ。また先週、連邦議会予算事務局は、たとえ現在の経済成長が持続しなくても、現在の好調な成長率から残る歳入は、2017年の税制改革で予測されるコストの約80パーセントを賄えると報告した。こうした報告は、減税と規制緩和の取り組みの初期の影響のみを反映したものだが、客観的にどのように評価しても、政権の経済政策は高い中間評価を得られるだろう」

-記事翻訳
-

関連記事

ナヴァロ=トランプ大統領は鉄鋼アルミ産業を守るという公約を守っている

<引用元:USAトゥデイ 2018.3.12>ピーター・ナヴァロ氏による論説 同盟国と貿易パートナーが向かうべき合理的な方向性は、激化ではない。米国の2つの不可欠な産業を守る主権的権利を認めるというこ …

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳 2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録で …

国内へ回帰する米国の資金

<引用元:FOXビジネス 2018.6.26> トランプ大統領の貿易に関する辛辣で報復的な言葉とは裏腹に、米国のCEOは大統領の税制改革計画の活用において何も無駄にしてはいない。米経済分析局(BEA) …

トランプ景気の到来(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.10> By Stephen Moore ロシア、コミー、シャーロッツビル、そして二つの巨大ハリケーンといった問題の中にあって、米国の経済がクリントン政権 …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

アーカイブ

@JpWelovetrump