ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

ナヴァロ=トランプ大統領は鉄鋼アルミ産業を守るという公約を守っている

投稿日:

<引用元:USAトゥデイ 2018.3.12>ピーター・ナヴァロ氏による論説

同盟国と貿易パートナーが向かうべき合理的な方向性は、激化ではない。米国の2つの不可欠な産業を守る主権的権利を認めるということだ。

「私たちの国がアルミと鉄鋼を作ることができないような時が訪れるなら・・・国があるとはほとんど言えなくなってしまう」トランプ大統領がこのように警告した言葉が、鉄鋼とアルミに関税を課すことの国家安全保障上の根拠を完全に要約している。鉄鋼とアルミは米国の製造業と防衛産業の健全性と安定性にとって、最も重要な産業の中の2つだ。

かつては栄えた我が国の主要なアルミ産業の窮地を考えてみると、現在はほとんど死を目前にしているような状態だ。M2ブラッドレー戦闘車やF-35統合打撃戦闘機から沿海域戦闘艦やトマホーク・ミサイルにいたるまで、あらゆるものを作るのにアルミが必要だ。また、電力供給網や輸送計画から上下水道施設にいたるまで、重要なインフラ計画にもアルミを必要とする。主要アルミ産業は劇的に縮小し、高度な技術を要する仕事と税収を失ってしまった。2016年のアルミ製品単独での貿易赤字は全体で72億ドルだった。

2000年には、米国は世界最大のアルミ生産国だったが、今日そのシェアは世界市場の1.4パーセントにまで低下し、中国のシェアは2000年の11パーセントから54パーセントにまで増加している。

米国での2013年の生産量は、およそ450万トン(訳注:メトリックトン・以下も同様)の消費量に対して約200万トンであった。商務省によると、「2012年以来、合計3,500人の労働者を抱える6つの製錬所が永久に閉鎖され、年間合計113万トンの生産能力が失われている」。現在わずか5つの製錬所しか残っておらず、フル操業しているのは2カ所しかない。また防衛で必要とされる高純度アルミを生産しているのは1つだけだ。

その高純度アルミの生産能力を失えば、軍のニーズを満たすために他に依存しなければならなくなる。トランプが命じたアルミに対する10パーセントの関税がなければ、残ったアルミ産業をすべて失う可能性が十分ある。

アルミに関税をかけるという大統領に反対して、アルミと鉄鋼に依存する下流の産業への影響について懸念を示す意見も出ている。

アルミに10パーセントの関税をかけた場合、ビールや炭酸飲料の6本入りパックのコストは約2セント上昇する。その対極として、ボーイング777ジェットには十数トンのアルミが必要とされ、3億2千万ドルのコストが掛かるが、アルミ関税による追加コストは2万ドルに過ぎない。これは1パーセントの100分の1以下だ。このような比較的小さなコストは、国家の安全保障を守るために必要なものだ。

問題のプラス面として、トランプの関税は米国労働者にとっては役に立つ。1月に政権はソーラーパネルと洗濯機にそれぞれ最大30パーセントと50パーセントまでの関税をかけた。関税に批判的な多くの人々は、大統領のこの措置に批判を浴びせた。だがこの国ではすでに、米国人の手で米国の材料を使って、米国のソーラーパネル洗濯機を製造する工場を建設するために、新たに投資を行うという発表が押し寄せている。

また、トランプの関税に対する批判者は貿易戦争について警告を発している。米国は自由貿易の国であり、関税の組み合わせとしては最低の部類であり、主要な貿易パートナーには非関税障壁を設けている。公平で互恵的な貿易と安全な国家が我々の求める全てだ。同盟国と貿易パートナーが向かうべき合理的な方向性は、危機的な岐路において米国経済の2つの中心的産業を守る主権的権利を認めるということだ。激化させれば逆効果となるだろう。

その日の終わりに、大統領のこの貿易に関する措置を批判しに来た人の多くは、選挙期間中にその経済政策を批判していた人たちだ。貿易に関するこの行動計画は、アルミと鉄鋼に対する関税の約束を含めて、大統領がオハイオ、ペンシルベニア、そしてノースカロライナで人々に約束したのと同じ計画だ。その人々というのは、自分の手で物を作り、誠実にそれを行い、また不公平な競争と輸入の急増によって数十年間叩きのめされてきた人たちなのだ。

何年もの間、ワシントンの政治家は不公平な貿易協定を支持し、大統領が8日に取ったような措置に反対してきた。だが今、選挙公約を守る勇気ある大統領によって、その時代は終わりを告げた。そして米国の安全保障はますます強固になるだろう。

(ピーター・ナヴァロ氏は大統領補佐官であり、ホワイトハウス国家通商会議ディレクターである。)

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

中小企業の楽観指数が史上2番目の高さに上昇、減税引き合いに

<引用元:CNBC 2018.6.12> 中小企業の楽観指数が、一部の主要な指標構成要素が過去最高となったことも手伝って、5月に過去30年で最高の水準に上昇したと、全米独立企業連盟(NFIB)は12日 …

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

ヒラリーメール捜査とロシア疑惑捜査はいかにして結びついたのか

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.5.23>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 「クルーズが選挙戦から脱落した。クリントン対トランプの選挙戦になる。信じられない」 2016年5月4日の …

トランプ大統領によるアリス・ジョンソンの減刑は正しかった

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.6.6>By Katherine Timpf そして他の多くの非暴力犯罪者も自由と第二のチャンスにふさわしい トランプ大統領は、暴力を伴わない初犯の麻薬 …

トランプの税制改革でGDP5%、賃金7%上昇の可能性(ボストン大学調査)

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.22> ボストン大学の経済学者が新たにまとめた報告書によると、ドナルド・トランプ大統領の税制改革の枠組みによりGDPと賃金がそれぞれ5パーセントと …