記事翻訳

3パーセントの経済成長をトランプに感謝する(論説)

投稿日:2017年9月4日

<引用元:ザ・ヒル 2017.8.30>

(ヘリテージ財団 スティーブン・ムーア氏による論説)

大幅な景気後退後のアメリカで、3パーセントの経済成長を達成できるとホワイトハウスが予測したことに対して、トランプ大統領を中傷する人たちが嘲笑っていたのがつい昨日のことのようだ。トランプが、就任後最初の四半期でGDP成長が3パーセントに上方修正されたことに笑みを浮かべるのももっともなことだろう。

確かにこれは、3カ月の結果だけに基づいた予備的な寸評に過ぎないので、この時点で有頂天になるつもりはない。しかし、更に良いニュースとして、2017年第3四半期のGDP予測は現在3.4パーセントと推定されており、経済は急加速している。オバマ政権最後の年では、わずか1.6パーセント成長という這って進むような調子だったことを考えれば、3パーセント以上の成長率というのは、とりわけ目覚ましいものだ。

つまり、これまで経済のエンジンが時速16マイルで進んでいたのが、今や時速30マイルというトップギアで前進しているということだ。もちろん、テキサスとルイジアナを襲ったハリケーン・ハービーによって、数カ月の間は成長が落ち込む。しかし、それでも前進が妨げられることはないだろう。選挙の日以来、企業と投資家が感じている楽観的見方は、株価の上昇からも見て取れる。アメリカの投資家の資産は、選挙以降4兆ドル増加している。

また、経済は適切な分野で成長している。前四半期の政府の支出は実際わずかに減少しているが、極めて重要な民間部門の経済は、3パーセント以上の速さで成長している。更に、最も活気ある成長の先行指標は企業の支出と投資だ。以前はコンピューター、工場、技術と設備に対する企業の支出は枯渇していたが、トランプの当選以来、急激に伸びている。

企業の成長と投資がなければ、雇用は停滞し賃金は横ばいになる。企業が胎児のような姿勢で丸まっている場合、賃金が上がることはほとんどない。これまでの約十年はそうだった。トランプ政権のエネルギー生産、規制緩和、そしてビジネス促進志向によって、今のところ高い成長が実現している。

共和党が今年減税法案を通過させ、オバマケアの撤廃を行えば、3パーセントの成長が4パーセントになってさぞかし良い気持ちになるだろう。そこまでの好景気というのは15年以上経験していないことだ。

アメリカ不信の人たちとネバー・トランパーたちは、全く間違っていたことが分かった。緩やかな2パーセント成長というのがアメリカ経済の発展ペースの上限ではない。アメリカの長期的な成長路線は、3.3パーセントに近づいており、この科学技術の時代ならそれ以上の成長も十分に可能だ。

トランプは、バズ・ライトイヤーのように空を指さして宣言してはどうか。「4パーセント成長の彼方へ さあ行くぞ! きっとできる」と。

 

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプ景気で勝ち続けるアジア系米国人

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.11>スーリャ・グナセカラ氏による寄稿 5月はアジア系米国人と太平洋諸島の住民の伝統月間であり、我が国を豊かにし、その歴史を形成してきたアジア系米国人 …

アメリカの雇用が大幅に拡大、3月に26万3千の民間雇用を創出

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.5> アメリカの企業は3月に予想を遥かに上回る雇用を創出した。 ADPの月次レポートとムーディーズのアナリストの話によると、3月中に民間企業で26万3 …

米失業保険申請件数が過去45年間で最低を記録

<引用元:The Blaze 2018.3.29> 労働省が29日に発表したレポートによると、米国人による失業保険申請件数は1973年1月以来で最低となった。 3月24日までの1週間での失業保険申請は …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

100社以上がトランプ減税でボーナス支給、人員削減は90年以来最低に

昨年のトランプ大統領の減税および税制改革法案の可決に応じて、ボーナス支給、401K拠出金の増額、また慈善活動への支出などを実施・発表する企業は100社を超える見通しだ。また2017年の人員削減発表数は …

アーカイブ

@JpWelovetrump