記事翻訳

ペロシ議長=トランプによる後期中絶禁止の要求は「実に全く残念なこと」

投稿日:2019年2月8日

<引用元:デイリー・コーラー 2019.2.6

(ワシントン)ナンシー・ペロシ下院議長は6日、ドナルド・トランプ大統領が後期人工妊娠中絶禁止の法制化を求めたことに答えて、「残念なことだ」と述べた。

デイリー・コーラーの質問に対してペロシはこう答えた。「健康と命――健康と女性が子供を持つ能力に適用される問題について話しをすることになる場合、それは実に全く残念なことです。大統領が自分の家庭で、そうした危機に直面せざるを得なくなることや、それに対して自分の態度を決めざるを得なくなることが、全くなければ良いのですが」

一般教書演説の中で、トランプ大統領は議員たちに対してこう表明した。「全ての人の尊厳を守るために、母親の子宮の中で痛みを感じることのできる子供に対する、後期人工妊娠中絶を禁止する法案を成立させるよう議会に求めます」

また大統領はこう続けた。「罪のない命を大切にする文化を共に築き上げましょう。次の根本的な真実を再確認しましょう。全ての子供たちは――生まれていても生まれる前でも――神に似せて神聖なものとして作られているのです」

上院少数党院内幹事のディック・ダービンは、「母親が命や健康の危機に瀕していない限り」、個人的には後期中絶を支持しないとしながらも、大統領は「中絶をめぐって争う覚悟ができているが、我々がしばらくやってこなかったことであり、だから彼は、自分の支持基盤を活性化させるのに役立つと確信したのだと思う」と述べた。

一方、ウェストバージニア州民主党のジョー・マンチン上院議員は大統領を支持し、「私にとっては、全く争いになるべきものではない。全く不道徳な行為だと私は思う」と話した。

マンチンはこう話した。「全く恐ろしいことだと思う。一体どうしたら、後期中絶のようなことに対する支持を探るようなことさえできるというのか、私には分からない」

※日本では、後期中絶は刑事犯罪となります。(2019.2.13追記)

-記事翻訳
-

関連記事

嫌悪すべき不必要な税金の用途である胎児組織研究の終わり

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.6.5>メアリー・ボート氏による寄稿 5日、保健福祉省は、人工妊娠中絶による人間の胎児細胞の医学研究のための利用を終了すると発表した。これもまた、人間の命 …

トランプが生命の神聖さを訴える、マーチ・フォー・ライフ演説全文

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.19> ドナルド・トランプ大統領は19日、ホワイトハウスのローズガーデンから、ビデオ中継で今年のマーチ・フォー・ライフのイベントに参加した。また大統領は …

トランプ政権、胎児組織研究に代わる「プロ・ライフ、プロ・サイエンス」代替策へ前進

<引用元:デイリー・シグナル 2018.12.10> トランプ政権は、今後2年間に2000万ドル(約22億7千万円)を投じて、人工妊娠中絶された胎児の組織を研究目的で利用することに対する効果的な代替策 …

この中絶サバイバーがトランプ大統領に感謝しなければならなかった理由

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.22> メリッサー・オーデンは14歳の時、生みの母親が食塩水による中絶を余儀なくされたことを知った。そこで彼女は、母胎内で推定31週であったにもかかわらず、 …

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

アーカイブ

@JpWelovetrump