記事翻訳

ドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領の電話会談

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.5.2>

アメリカ合衆国のドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領は、本日シリアに関して会談した。

トランプ大統領とプーチン大統領は、シリアの苦難があまりにも長く続いてきており、すべての当事者は暴力を終わらせるために全力を尽くさなければならないという点で同意した。

会談は非常に良好で、安全問題、緊張の段階的縮小、人道的な理由を含む多くの理由による継続的な平和を成就するための地域に関する議論も交わされた。

アメリカ合衆国は5月3日から4日にカザフスタンのアスタナでの停戦対話に代表者を送る。

また二人は中東全体のテロリズム撲滅のための協力について十分に話し合った。最後に二人は北朝鮮の非常に危険な状況を解決するための最善策について話し合った。

-記事翻訳
-, , , ,

関連記事

反トランプメールで外されたFBI捜査官はフリン氏の聴取も担当

ロシア疑惑に関連して、ワシントンポストとニューヨーク・タイムズは12月3日、モラー特別顧問がある有力捜査官を、トランプ大統領に批判的なメールを交わしていたことを理由に捜査チームから外していたと報道した …

新研究で米政治でのロシアのソーシャルメディア関与について専門家の間違いが明らかに

<引用元:The Nation 2018.12.28> 洗練されたプロパガンダ活動とは程遠く、小規模で、素人くさく、2016年大統領選挙とはほとんど無関係だった アーロン・マテ著 上院が委託した2つの …

フリン前大統領補佐官が罪を認めたことの意味とは

マイケル・フリン前大統領補佐官が偽証の罪を認めた。米ABCニュースをはじめとする主要マスコミは、「ロシア疑惑」の捜査が進展するかのような論調で報道しているが、果たしてそうだろうか。

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

クリントンのロシア・ウラン疑惑の証拠を握る人物が明らかに

ロイターは、ヒラリー・クリントン氏のロシアとのウラン取引をめぐる疑惑の証人がウィリアム・D・キャンベルという元ロビー活動家であることを独占情報として報道した。キャンベル氏はウラン疑惑に関する動かぬ証拠 …

アーカイブ

@JpWelovetrump