記事翻訳

ドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領の電話会談

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.5.2>

アメリカ合衆国のドナルド・J・トランプ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領は、本日シリアに関して会談した。

トランプ大統領とプーチン大統領は、シリアの苦難があまりにも長く続いてきており、すべての当事者は暴力を終わらせるために全力を尽くさなければならないという点で同意した。

会談は非常に良好で、安全問題、緊張の段階的縮小、人道的な理由を含む多くの理由による継続的な平和を成就するための地域に関する議論も交わされた。

アメリカ合衆国は5月3日から4日にカザフスタンのアスタナでの停戦対話に代表者を送る。

また二人は中東全体のテロリズム撲滅のための協力について十分に話し合った。最後に二人は北朝鮮の非常に危険な状況を解決するための最善策について話し合った。

-記事翻訳
-, , , ,

関連記事

分析:バイデンのエネルギー政策がいかにしてプーチンのウクライナ侵攻を可能にしたか

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.2> ジョー・バイデン大統領は就任以来、積極的に反化石燃料政策を推し進め、米国のエネルギー自給目標に悪影響を与え、ロシアによる侵略を可能にしたと専門家は述べ …

反トランプ資料の背後の会社はロシアのための仕事もしていたー上院証言

<引用元:FOXニュース 2017.7.27> (抄訳) 悪名高い反トランプ資料(ドシエ)を作成した会社は、モスクワのエリートを立腹させていたアメリカの制裁と戦うために「ロシア政府のため」の仕事もして …

ヒラリー選対本部長ジョン・ポデスタは「ロシア疑惑文書」発表後、ヒュージョンGPS幹部と面談していた

ニューヨーク・タイムズ(NYT)が2017年11月10日に報道した記事によると、ヒラリー・クリントン氏の選対本部長を務めたジョン・ポデスタ氏は、今年1月にトランプ大統領に関するロシア疑惑文書が公開され …

反トランプメールで外されたFBI捜査官はフリン氏の聴取も担当

ロシア疑惑に関連して、ワシントンポストとニューヨーク・タイムズは12月3日、モラー特別顧問がある有力捜査官を、トランプ大統領に批判的なメールを交わしていたことを理由に捜査チームから外していたと報道した …

トランプがハヌカのメッセージでピッツバーグ銃撃事件犠牲者を哀悼

トランプ大統領は2日、ユダヤ教の祝祭であるハヌカのメッセージを発表。10月にピッツバーグのユダヤ教シナゴーグで起きた銃撃事件の被害者に対して、再び哀悼の意を表明した。また被害者の家族に対する支援を再び …

アーカイブ

@JpWelovetrump