記事翻訳

マクロンの「ナショナリズム」批判後、トランプは高尚な態度を堅持し戦没者を哀悼

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.11.11

インスタグラムより

トランプ大統領は11月11日、戦死したアメリカの英雄と「戦いに封印された」フランスとの友好に敬意を表し、ベテランズ・デー(退役軍人の日)と第一次世界大戦終結100周年を称えた。

シュレーヌのアメリカ人戦没者墓地で、トランプ氏はフランスとアメリカの兵士が、第一次世界大戦に勝利的な終結をもたらすために「血を流した」ことを振り返った。

哀悼の意が込められたトランプ氏の演説は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領がパリで行った演説とは全く対照的だった。マクロン大統領はナショナリズムの危険性を非難し、トランプ氏を批判していた。

マクロン氏は、トランプ氏のナショナリスト的な「アメリカ・ファースト」方針に対する皮肉を込めてこう話していた。
「愛国主義はナショナリズムとは正反対だ。ナショナリズムは愛国主義に対する背信だ」

1500人のアメリカ軍戦没者が埋葬されている墓地で、トランプ氏はフランスのホスト役に対して非難を浴びせ返すことはしなかった。

トランプ氏はむしろ、両国が授かった友好関係と、フランスをドイツの占領から2度助けた同盟関係を称えた。

「我々は共に良く戦った。我々が共に戦った以上に良い戦いをすることはないだろう」

トランプ氏の言葉のほとんどは、祖国を遠く離れた戦場で自由を守って死んだ勇敢なアメリカ人に対する賛辞だった。

トランプ氏はこう話した。
「これらの大理石の十字架とダビデの星の全てが、アメリカ人の戦士の命を記念するものであり――彼らは偉大な、偉大な戦士だ。家族のため、国のため、神と自由のために全てを捧げた。雨、雹、雪、泥、毒ガス、銃弾、迫撃砲の中、彼らは退かずに勝利へと押し進んだ」

-記事翻訳
-

関連記事

高齢者のためのメディケアの保護と改善のための大統領令署名に際するトランプ大統領の言葉

<引用元:ホワイトハウス:2019.10.3>抜粋 (略) 大統領選挙運動の中で、私は高齢者のためのメディケアを強化し、保護し、守るという神聖な誓約をしました。ご覧のようにそれは脅かされていますが、そ …

トランプが自由の記念大会で退役軍人を称える

<引用元:FOXニュース 2017.7.1> ドナルド・トランプ大統領は、独立記念日の演説の中でアメリカの退役軍人の栄誉を称えた。ジョン・F・ケネディ・センターで開かれた「自由の記念大会」のためにワシ …

トランプ、障害を持つ退役軍人の学生ローン取り消しの大統領令に署名

<引用元:FOXニュース 2019.8.21> トランプ大統領は21日、回復不能の障害を負った米軍退役軍人に対して全ての学生ローンの負債を免除する大統領令に署名した。 ケンタッキー州ルーイビルの米国退 …

アーカイブ

@JpWelovetrump