記事翻訳

2014年に不法移民の子供について報道するよう「マスコミに懇願」も無視された=グレン・ベック

投稿日:2018年6月21日

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.6.20

グレン・ベック氏

「誰も真実を話そうとしない」

ラジオパーソナリティのグレン・ベック氏は20日、2014年に拘置されている不法移民の子供たちの状況について報道するようマスコミに「懇願」したが、完全に無視されたとファンに語った。

The Blazeの男(ベック氏)は今週同僚に、バラク・オバマ大統領が退任してからマスコミが180度方針転換するのを目撃し、彼らにもはや「知的誠実さ」はないと話した。

ベック氏は国境警備隊員に話を聞いてから、子供たちが「おり」の中にいることについて数え切れないほどの報道機関に訴えたが、拒否されたと述べた。

同氏はこう話した。「我々はマスコミに懇願した。『おい、いいか。我々のクレジットを出さなくてもいいんだ。我々のことを言わなくてもいい。こういうことが起きているんだ。』と全ての報道機関に呼びかけたじゃないか。それは国土安全保障省、そして国境警備隊も『いいか。君たちは何が起こっているか全く分かっていない。人がおりに入っている。おりに入っているんだ』と言っていたからだ。その時もおりに入っていたんだ」

ベック氏は子供たちが年齢によって分けられていたと話した。つまり、親が法的な手続きを受ける間、兄弟も引き離されるということだ。

「親から引き離すのは悪い事だと思う?」とベック氏は尋ねた。「9歳と6歳の兄と妹が『死の列車』で一緒にやってきたらどうだろうか。国境を越えて来ると国境警備隊がこう言う。『君は9歳だからそっち。君は6歳だからあの建物だ。』子供たちは完全に孤独だ。誰も世話してくれない。だからこの国に知的誠実さというものは存在していない。誰も真実を話したがらない。みんなこう確認するんだ。『立場はどうだろう?何と言うべきだろうか?自分たちの側を傷つけたくない』と」

ベック氏のコメントが出るのと時を同じくして、トランプ大統領は「確実にとても強力な、とても強い国境にすると同時に」、家族が分離されないようにするための大統領令に署名することを決めた。

トランプ氏は記者に、「今日やったことは、家族を一緒にいさせるようにするということだ。国境は依然として強固であり、強いままだ」と語った。

2014年に撮影された不法移民の子供の収容施設1

 

2014年に撮影された不法移民の子供の収容施設2

 

大統領令に署名するトランプ大統領

 

参考:

-記事翻訳
-

関連記事

ケイト法と犯罪者に対する聖域無効法の下院通過についてのドナルド・J・トランプ大統領の声明

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.6.29> 大統領選挙中に、私は多くの悲しみに暮れる家族に出会いましたが、彼らはみな同じことを懇願していました。つまり議員はアメリカ人の家族の安全を第一に置 …

「国境開放過激主義者」が移民税関執行局に反対している=トランプ

<引用元:デイリー・シグナル 2018.8.20> トランプ大統領は20日、政府の移民局職員の活動を称賛し、大統領によれば「犯罪を気にしない」とされる「国境開放(Open-Borders)過激主義者」 …

長引く政府閉鎖の中で、トランプを堅く支持する草の根共和党員

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.1.24> (ニューメキシコ州サンタ・アナ・プエブロ)移民をめぐる党派的な小競り合いの中で、歴史的な政府機関一部閉鎖が際限なく続いているが、草の根共和党は …

バイロン・ヨーク:トランプの国境取引は「グラスに4分の1」の状態

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.15>バイロン・ヨーク氏による論説 「グラスにまだ半分あると考えるタイプ」と言えば、例え現実は複雑でも、あらゆる状況のプラス面を見ようとする人物という …

子供たちのために壁は必要=性的人身取引と戦った元国土安全保障省捜査官が語る

<引用元:FOXニュース 2019.1.29>ティモシー・バラード 10年以上性的人身取引と戦ってきた、国土安全保障省(DHS)の元南部国境特別捜査官としてはっきり言えることは、国境の壁の問題を権力と …