記事翻訳

トランプ弁護士への強制捜査後、ダーショウィッツ氏:「弁護士と依頼人の関係が危険に」

投稿日:

引用元:FOXニュース・インサイダー 2018.4.9

アラン・ダーショウィッツ氏は、ドナルド・トランプ大統領の個人弁護士であるマイケル・コーヘン氏の事務所に連邦政府が強制捜査を行ったことについて反応を示した。

ダーショウィッツ氏は、「今日は、弁護士と依頼人の関係が危険に晒される日となった」と述べた。

同氏は、連邦捜査官が事務所から大量の物を押収しており、それには弁護士依頼者間の秘匿特権となる、トランプ氏との話し合いに関わる機密の文書とファイルが含まれていることが予測されると語った。

ダーショウィッツ氏は、トランプのチームはコーヘン氏も含めてこれまでのところ、ロバート・モラー氏の主導するロシア共謀疑惑への捜査に協力してきたと述べた。

同氏は次のように話した。「これがもし(事務所を強制捜査されたのが)ヒラリー・クリントン氏であったら、ACLU(アメリカ自由人権協会)がアメリカ中のテレビ局で大騒ぎするだろう」「ACLUと市民的自由の擁護者が水を打ったように静まり返っているというのは、全くひどい話だ」

モラー氏はあたかもロシア共謀疑惑の範囲内に留まっているように見せかけて、実はストーミー・ダニエルズのような無関係の問題や選挙資金違反疑惑のことを、ニューヨーク南地区連邦検察局に請け負わせている、とダーショウィッツ氏は述べた。

-記事翻訳
-

関連記事

ロバート・モラーを止めることは私たち全てを守ることにつながる(論説)

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.20>ビル・クリントン元大統領の元アドバイザー、マーク・ペン氏による論説 「ディープステート」はディープに自暴自棄の状態だ。司法省監察官のレポートが公開されるまであと …

米上院、第2の特別カウンセルを求める声高まる

特別カウンセル※、ロバート・モラー氏の「ロシア疑惑」捜査は、ついにトランプ・オーガニゼーションにまで及ぶことになった。一方、米上院からはFBIと司法省の捜査における職権乱用疑惑について第2の特別カウン …

異例の「政府に対する詐取の共謀」罪の適用でモラーにはめられていくターゲットたち

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.3.12> ロバート・モラー特別顧問と検察チームは、ロシアのサイバー・ネットワークを陥れるために異例の「政府に対する詐取の共謀」の罪を適用した。共謀が犯罪行為 …

民主党、ロシア、そしてFBI(オピニオン)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2017/10/25>(WSJ編集委員による社説) ロシアが米国の政治体制の中に疑惑を広めていたことが判明している。それに支援、加担したのは民主党であり、こと …

ジェフ・セッションズの新首席補佐官=モラーのロシア疑惑捜査は「魔女狩り」となる可能性がある

<引用元:HuffPost 2017.9.22> (ワシントン)ジェフ・セッションズ司法長官は元連邦検察官を新しい首席補佐官に任命したが、その人物は、トランプ政権に対する特別検察官による捜査は「魔女狩 …

アーカイブ

@JpWelovetrump